入門 Objective-C 2.0(長尾 高弘 長尾 高弘 Mark Dalymple Scott Knaster)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 入門 Objective-C 2.0

入門 Objective-C 2.0

翻訳
原著


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798119984
定価:
本体3,200円+税
仕様:
B5変・352ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac OSⅩとiPhoneのアプリケーション開発に欠かせない基礎知識

Objective-Cは、どこにでもある高速なCとエレガントなオブジェクト指向環境をドッキングさせた豊かなプログラミング言語です。この言語は、CocoaツールキットやiPhone SDKなど、Appleが誇る多くの優れたテクノロジにアクセスするための大切な通路です。Objective-Cをマスターしたプログラマは、Appleプラットフォーム全体を征服するチャンスをつかんだも同然です。本書は、Appleの広大な世界で遊ぶ端緒をしっかりと理解するのに最適の1冊です。
【原題】Learn Objective-C on the Mac


第1章 ようこそ!

この本を読むための準備
かつて未来をつくった人々
各章の概要
まとめ

第2章 Cに対する拡張

もっとも単純なObjective-Cプログラム
Hello Objective-Cの細かい分析
論理型
まとめ

第3章 オブジェクト指向プログラミング入門

すべての根っこにある間接化
オブジェクト指向プログラミングにおける間接化
用語を覚えるためのタイムアウト
Objective-CにおけるOOP
まとめ

第4章 継承

継承を使う理由
継承の構文
継承の仕組み
メソッドのオーバーライド
まとめ

第5章 合成

合成とは何か
アクセッサメソッド
CarPartsの拡張
合成か継承か
まとめ

第6章 ソースファイルの整理

インターフェイスと実装の分割
車の分解
ファイル間の依存関係
まとめ

第7章 Xcode活用術

社名の変更
エディタウィンドウの使いこなし術
Xcodeにコード入力の一部を手伝わせる方法
情報収集の手段
デバック
まとめ
カンニングペーパー

第8章 駆け足でまわるFoundationキットツアー

いくつかの役に立つ型
文字列
ミュータブルかどうか
コレクション
原始型を内蔵するオブジェクト
ファイルの検索
まとめ

第9章 メモリ管理

オブジェクトのライフサイクル
自動開放プール
Cocoaのメモリ管理ルール
まとめ

第10章 オブジェクトの初期化

オブジェクトの確保
オブジェクトの初期化
コンビニエンスイニシャライザ
パーツについて再び
CarのGCスタイルのクリーンアップ
指定イニシャライザ
初期化のルール
まとめ

第11章 プロパティ

プロパティによるコードの圧縮
プロパティの対象
まとめ

第12章 カテゴリ

カテゴリの作成
カテゴリによる実装の分割
カテゴリを使った前方参照の作成
簡易プロトコルとデリゲーションカテゴリ
まとめ

第13章 プロトコル

正規プロトコル
コピーの作成
Objective-C 2.0の新機能
まとめ

第14章 AppKit入門

プロジェクトの開発
AppControllerの@interfaceの作成
インターフェイスビルダー
インターフェイスのレイアウト設計
接続の定義
AppControllerの実装
まとめ

第15章 ファイルのロードと保存

プロパティリスト
オブジェクトのエンコーディング
まとめ

第16章 キー値コーディング

プロジェクトの最初の状態
KVC入門
キーパス
集約的な操作
バッチ処理
nilの活用法
未処理キーの処理
まとめ

第17章 NSPredicate

述語の作り方
燃料フィルタ
書式指定子
述語で使える演算子
SELF
文字列演算
LIKE演算子
終わりに

付録A 他の言語から来た人のために

C言語
C++言語
Java言語
BASIC言語
スクリプト言語
まとめ

付録B Xcodeの入手とインストール

Xcodeのあるところ
インストール
Xcodeの起動
まとめ

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2010年07月15日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 016
下から2行目
3刷
「if文の中で関数のBOOL型の戻り値を直接使ってもよいところですが、~」
「NSLog()関数の中で関数のBOOL型の戻り値を直接使ってもよいところですが、~」
2010.02.15
1刷 082
リスト5-7内、15行目
3刷
NSLog (@"bad index (%d) in "tireAtIndex:", index);
NSLog (@"bad index (%d) in tireAtIndex:", index);
2010.07.15
1刷 135
上から1行目
3刷
第3に、Cocoa が提供している NCMakeRange() 関数を使えます。
第3に、Cocoa が提供している NSMakeRange() 関数を使えます。
2010.03.23
1刷 138
下から2行目
3刷
[@"aardvark" compare:@"zygot"]
[@"zygote" compare:@"aardvark"]
2010.06.23
1刷 157
上から19行目
3刷
stringByExpandingTildeInPathは、をカレントユーザーのホームディレクトリに置き換えます。
stringByExpandingTildeInPathは、~をカレントユーザーのホームディレクトリに置き換えます。
2010.01.12
1刷 221
「カテゴリによる実装の分割」から3行目
3刷
複数の .m ファイルに分割しなくなるような
複数の .m ファイルに分割したくなるような
2010.03.23