IT Service Management教科書 JP1認定エンジニア 第2版(株式会社日立システムアンドサービス)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. IT Service Management教科書 JP1認定エンジニア 第2版

IT Service Management教科書 JP1認定エンジニア 第2版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798119991
定価:
3,080(本体2,800円+税10%)
仕様:
A5・352ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新バージョン試験に対応!11年連続でNo.1*のシェアを占める運用管理ソフトの認定技術者試験

本書は、システム運用管理者の間で注目度が高まっているJP1認定資格制度の初級レベル資格「JP1認定エンジニア」の学習書です。試験では、JP1全般の知識と運用に必要なテクニカルスキルが問われます。JP1は日立製作所のシステム運用管理ソフトです。11年連続で国内No.1*のシェアを占めており、デファクトスタンダードといえる製品です。IT投資のコスト削減が迫られている昨今、仮想化技術によるサーバ統合や運用の自動化など、低コストで効率の良いシステム運用管理の必要性が急速に高まっています。最新版であるJP1 Version 9は、仮想化環境への対応、自動化のためのジョブ管理機能などの強化が図られており、今の運用管理者のニーズに応えているため、今後ますます普及が見込まれる製品です。本書は、運用管理教育に実績と定評のある著者が執筆し、経験の浅い技術者にも学習しやすい紙面を目指しました。また、JP1の開発元である日立製作所の監修により、着実に体系だった学習が行える内容となっています。(*富士キメラ総研の調査による)


序章 JP1認定資格制度の概要

0.1 JP1認定資格制度とは
  認定資格者の特典
0.2 受験申し込みから認定までの流れ

第1章 JP1の概要

1.1 システム運用とは
  システム運用の必要性
  ITILの出現
1.2 統合システム運用管理「JP1」とは
1.3 JP1のコンセプト
  普遍的な理念
  JP1 Version 9のコンセプト
1.4 JP1の製品体系
  練習問題

第2章 モニタリング

2.1 概要
2.2 統合管理
2.3 統合コンソール(マネージャとビュー)
  システムで発生した事象の一元管理
  システムの監視
  イベントのハンドリング
  エラー検知と自動アクション
  対処支援
2.4 メッセージ変換オプション
  メッセージフォーマット変換機能
  メッセージテキスト変換機能
  重大度変換機能
2.5 ルール管理オプション
  なぜ、ルール管理が重要か?
  ルール管理の処理フロー
  ルール管理の機能
2.6 通報管理
  通報手段
  運用支援機能
2.7 ITプロセス管理
  ITILサービスサポート
  ITサービス管理機能
  ITILに基づいた案件処理の流れ
2.8 アベイラビリティ管理
  エージェント監視とエージェントレス監視
2.9 サーバ稼動管理
  代表的な監視対象と主な監視項目
  プラットフォーム監視エージェントによるOSの稼動監視
  サービスレスポンス監視エージェントによる応答時間の計測
  JP1/AJS3監視エージェント
2.10 サーバ稼動情報分析
  サーバ稼動情報分析のシステム構成
  サーバ稼動情報分析の機能
  練習問題

第3章 オートメーション

3.1 概要
  オートメーションによるPDCAの実現
  ジョブ管理
3.2 ジョブスケジューラ
  ジョブスケジューラのプログラム構成
  ジョブの定義
  ジョブ実行
  実行状況の監視
3.3 運用情報印刷オプション
3.4 Webブラウザ運用操作オプション
3.5 ジョブ一括定義オプション
3.6 連携オプション
  ERP連携オプション
  SOA連携オプション
3.7 ファイル転送
3.8 ジョブ制御言語
3.9 電源管理
  練習問題

第4章 ITコンプライアンス

4.1 概要
4.2 資産・配布管理
4.3 統合資産管理
  IT資産の一元管理
  資産運用管理
  クライアントソフトウェア管理
4.4 ソフトウェア配布・資産管理
  ソフトウェア配布(リモートインストール)
  インベントリ情報の管理
  ファイル収集(リモートコレクト)
  ソフトウェア稼動状況の監視
  クライアントの管理
  クライアントのリモート操作
4.5 スタートアップキット
4.6 リモート操作
  エージェント画面操作
  ファイル転送
  エージェント管理
  画面の記録と再生
  チャット
  エージェントから接続要求
4.7 監査証跡管理
4.8 クライアントセキュリティ管理
4.9 不正PC接続監視・強制排除
4.10 セキュリティ管理
  持ち出し制御
  共有ファイルへのアクセス制御
  ファイルの暗号化
  メール送信制御
  ログ管理
  練習問題

第5章 ファウンデーション

5.1 概要
5.2 ネットワーク管理
  ネットワーク管理基盤
5.3 ネットワーク管理オプション
  システムリソース/プロセスリソース管理オプション
  機器管理オプション/機器構成管理オプション
  インターネット対応オプション
5.4 ストレージ管理
  バックアップ管理
  マルチプラットフォーム環境統合バックアップ
  VMware VCB機能との連携
  小規模Windows環境バックアップ
5.5 サーバ管理
  サーバ運用管理
  デプロイメント管理
  練習問題

第6章 模擬試験

第1回 模擬試験
第2回 模擬試験
第3回 模擬試験

付録 参考資料

主なJP1製品一覧
参考リンク
JP1認定資格講座

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2011年01月31日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 130
問題5 解説【ウ】
2刷
サーバー稼動管理エージェントの説明である。
サーバー稼動管理のJP1/ASJ2監視エージェントについての説明である。
2011.01.31
1刷 226
1~2行目
2刷
面で監視する。標準提供されているパネル画像以外に、任意の機器のパネル画像も作成できる。コネクタが外れているなど、
面で監視する。コネクタが外れているなど、
2011.01.31
1刷 301
問題15 選択肢オ
2刷
ネットワーク設備の資産情報を容易に管理
共有ファイルへのアクセス制御
2011.01.31
1刷 305
問題20 問題文1行目
2刷
統合サーバ管理(JP1/ServerConductor)の構成製品として
サーバ管理(JP1/ServerConductor)の構成製品として
2010.03.03