C言語によるリアルタイム組込みOS 自作講座(宇野俊夫)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. C言語によるリアルタイム組込みOS 自作講座

C言語によるリアルタイム組込みOS 自作講座


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798120010
価格:
本体3,200円+税
仕様:
B5変・384ページ
分類:
ハードウェア・自作

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルタイムOSを学び、プログラミングして、動かせる

根強く幅広いテーマの「OS自作」と、「リアルタイム組込みOS」を「C言語」によって実現した、隠れた画期的待望の一冊です。OS/リアルタイムOSの内部的仕組みを学びながら、実際にプログラミングを行い、実際に動く本格的リアルタイムOSとアプリケーションを作れる本書は、OS関連、C言語関連のみならず、電子関係書籍棚にもムーブメントを巻き起こせる一冊です。


第1章 組込みシステムとソフトウエア

1.1 組込みシステムとは
1.2 組込みシステムのソフトウエア開発
1.3 代表的なマイコンと開発環境

第2章 リアルタイムOSとは

2.1 OSに求められること
2.2 簡単なOSを作ってみよう ~タスクループからOSへ

第3章 リアルタイムOSが提供する機能の概要

3.1 RTOSの構造と機能
3.2 実際の処理の例によるOSの動作解説

第4章 リアルタイムOSの内部

4.1 システムの動作状態
4.2 スケジューラ
4.3 同期・通信機能
4.4 メモリ管理機能
4.5 割込み処理機能
4.6 時間管理機能
4.7 信頼性を高める仕組み

第5章 スケジューラ

5.1 マルチタスク処理の仕組みとスケジューラ
5.2 タスク管理の技法
5.3 スケジューリング方式
5.4 優先度逆転とデッドロック

第6章 同期・通信機能

6.1 タスク管理と同期・通信機能

第7章 メモリ管理機能

7.1 メモリ管理が必要になる場合
7.2 メモリ構造と処理性能

第8章 割込み処理機能

8.1 割込み処理とタイミング制御
8.2 割込み処理と非決定論的動作

第9章 時間管理機能

9.1 計時機能の実装
9.2 タスクの管理と計時機能

第10章 信頼性を高める機能

10.1 処理の正確さとデータの正確さ
10.2 エラー処理

第11章 リアルタイムOSの設計

11.1 対象規模の想定とリソースの検討
11.2 要求仕様書
11.3 開発環境と実行環境

第12章 リアルタイムOSの設計 2

12.1 システムの状態設計
12.2 システムコールの設計

第13章 タスク管理機能の実装

13.1 スケジューラの実装
13.2 タスク管理ブロックの処理
13.3 時分割タスクの管理
13.4 タスク管理システムコールの実装

第14章 タスク間通信機能の実装

14.1 セマフォの実装
14.2 イベントフラグの実装

第15章 割込み管理機能の実装

15.1 タスクスイッチを発生する割込み
15.2 タスクスイッチを発生しない割込み処理
15.3 多重割込み処理の管理機能の構想

第16章 時間管理機能の実装

16.1 時間関連のシステムコールの実装

第17章 その他のシステム機能の実装

17.1 初期化ルーチン
17.2 システム待機・復旧ルーチン
17.3 エラー処理ルーチン

第18章 アプリケーションの設計

18.1 RTOSとアプリケーション
18.2 サンプルアプリケーションの仕様(キッチンタイマ)
18.3 サンプルアプリケーションの仕様(MP3プレーヤー)

第19章 アプリケーションの実装

19.1 キッチンタイマの実装
19.2 MP3プレーヤーの実装

索引

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。