モデル/ビュー/コントローラの概要からルーティング/バインダ/テスト/実サイト構築まで、知りたいことのすべてに答える。 ASP.NET MVC 2 プログラミングリソース(新丈 径 新丈 径 新丈 径 Jeffrey Palermo Ben Scheirman Jimmy Bogard Eric Hexter Matt Hinze)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. モデル/ビュー/コントローラの概要からルーティング/バインダ/テスト/実サイト構築まで、知りたいことのすべてに答える。 ASP.NET MVC 2 プログラミングリソース

モデル/ビュー/コントローラの概要からルーティング/バインダ/テスト/実サイト構築まで、知りたいことのすべてに答える。 ASP.NET MVC 2 プログラミングリソース

監修
翻訳
原著





形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798121109
定価:
4,180(本体3,800円+税10%)
仕様:
B5変・480ページ
分類:
プログラミング・開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ASP.NET MVCを、スムーズに、深く理解し確実に習得するために

「ASP.NET MVC」とは、使いやすく安定性に優れテストしやすいMVC(モデル/ビュー/コントローラ)フレームワークを、ASP.NETによって培われてきたWebプログラミングテクノロジーに関連付けた、MicrosoftのWebアプリケーション構築技術です。本書を熟読し、実際にソースコードを検討することで、ASP.NETでの開発手法であるWebフォーム開発から、MVCパターンによるデザインベースの開発に、いかにして移行すればよいかを学べます。25を超えるトピックスをひと通り読破することで、初めてMVCフレームワークに触れる読者でも、すぐにこの開発手法を使ってWebアプリケーションを構築できるようになるでしょう。


第I部 ASP.NET MVC超入門

第1章 駆け足でひとめぐり

 ASP.NET MVCの世界にようこそ
 MVCパターン
 はじめてのASP.NET MVC2プロジェクトの作成
 コントローラーとアクションの作成
 ビューの作成
 アプリケーションの改良

第2章 プレゼンテーションモデル

 MVCの「M」
 プレゼンテーションモデルの供給
 ViewData.Model
 ユーザー入力の表現
 モデルの設計
 入力モデルをビューで表現する
 サブミットされた入力の処理
 表示と入力に対応したより複雑なモデル
 モデルの設計
 入力モデルの処理

第3章 ビューの基礎

 ビューとは
 ViewDataDictionary
 強く型付けされたビューとビューモデル
 ビューモデルのデータをビューに表示
 強く型付けされたテンプレートの使用
 EditorForテンプレートとDisplayForテンプレート
 組み込みのテンプレート
 テンプレートの選択
 テンプレートのカスタマイズ

第4章 コントローラの基本

 コントローラを分解してみる
 アプリケーションのストーリーボード作成
 モデルからビューモデルへの変換
 入力の受け取り
 成功した場合のストーリーボードパスをアクションで処理する
 Post-Redirect-Getパターンの使用
 アクションへの入力の処理が失敗した場合
 コントローラーのテスト
 RedirectControllerのテスト
 依存性の明確化
 単体テスト用のテストダブル
 コントローラーの単体テストを構成する要素

第5章 サードパーティのコンポーネント

 MvcContrib Gridコンポーネント
 SlickUploadコンポーネント

第6章 ASP.NET MVCアプリケーションのホスト

 配置シナリオ
 XCOPYデプロイメント
 IIS7への配置
 IIS6以前への配置

第7章 ASP.NETが持つ機能の活用

 ASP.NETサーバーコントロール
 ステート管理
 トレースとデバッグ
 パーソナライズとローカライズの実装
 ASP.NETのサイトマップの実装

第II部 匠の技

第8章 ドメインモデル

 ドメイン駆動設計入門
 サンプルのドメインモデル

第9章 コントローラーの拡張

 コントローラーの拡張性
 コントローラーのアクション
 アクションフィルタ、認証フィルタ、リザルトフィルタ
 アクションセレクタ
 アクションリザルトを使用して、複雑さを軽減する

第10章 ビューに関する高度なテクニック

 ビューでコードの重複の排除
 クエリ文字列のパラメータリストの作成
 Sparkビューエンジン

第11章 セキュリティ

 認証と承認
 クロスサイトスクリプティング(XSS)
 クロスサイトリクエストフォージェリ(XSRF)

第12章 ASP.NET MVCとAjax

 サンプルで見るAjaxの基礎
 ASP.NET WebフォームとAjax
 ASP.NET MVCとAjax

第13章 コントローラーファクトリ

 コントローラーファクトリとは?
 カスタムコントローラーファクトリの作成
 コントローラーで依存性注入を使えるようにする
 StructureMapのコントローラーファクトリ
 Ninjectのコントローラーファクトリ
 Castle Windsorのコントローラーファクトリ

第14章 モデルバインダと値プロバイダ

 カスタムモデルバインダの作成
 カスタム値プロバイダの使用

第15章 バリデーション

 データアノテーションを使用してのバリデーション
 ModelMetadataProviderの拡張
 ASP.NET Ajaxを使用したバリデーション

第III部 ASP.NET MVCをマスターする

第16章 ルーティング

 ルートとは
 URLスキーマの設計
 ASP.NET MVCでルートを実装する
 ルーティング機構を使用してURLを生成する
 ルートの振る舞いのテスト
 既存プロジェクトでのルーティング

第17章 配置テクニック

 継続統合の使用
 プッシュボタンXCOPYデプロイを可能にする
 環境構成の管理
 Web Deployを使用したリモートサーバー配置

第18章 AutoMapperを使用したマッピング

 AutoMapperとは
 AutoMapper以前
 AutoMapperの基礎

第19章 軽量なコントローラー

 なぜ、軽量なコントローラーなのか?
 共通のビューデータの管理
 アックションリザルトの派生クラス
 アプリケーションバスの使用

第20章 システム全体のテスト

 ユーザーインターフェイス層のテスト
 保守可能なナビゲーションの作成
 フォームとの対話
 結果のアサート

第21章 区分によるアプリケーションの構成

 基本的な区分の作成
 T4MVCを使用してのリンクとURLの管理

第22章 ポータブルな区分

 ポータブルな区分とは
 簡単なポータブルな区分
 ポータブルな区分の使用
 ポータブルな区分でRSSウィジェットを作成
 RssWidgetの配置
 ポータブルな区分のバスとの対話

第23章 NHibernateによるデータアクセス

 リファレンス実装の機能について
 アプリケーションのアーキテクチャ概要
 ドメインモデルーアプリケーションのコア
 NHibernateの構成:アプリケーションのインフラ
 UIはモデルを表現したもの
 すべてをひとつに

第IV部 落ち穂拾い

第24章 ルートのデバッグ

 ルーティング機構の機能拡張
 実行時にルートを調査

第25章 ASP.NET MVC用にVisual Studioをカスタマイズ

 カスタムT4テンプレート作成
 カスタムテンプレートを、新規プロジェクトに追加

第26章 テストのベストプラクティス

 ルートのテスト
 テストを複雑にしすぎないようにする
 コントローラーのテスト
 モデルバインダのテスト
 アクションフィルタのテスト

第27章 レシピ:自動保管テキストボックスの作成

 自動保管テキストボックスの基本機能を作成する
 処理結果に書式設定を施す

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。