CentOS徹底入門 第3版(中島 能和 飛田 伸一郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. CentOS徹底入門 第3版

CentOS徹底入門 第3版



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798121772
定価:
本体4,280円+税
仕様:
B5・560ページ
分類:
LINUX・UNIX
シリーズ:
徹底入門

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Red Hat互換のディストリビューション 最新機能を解説

CentOSは、オープンソースのLinuxディストリビューションで、誰でも自由にダウンロードして利用可能です。最大の特徴はサーバーOSとして作られていること、そしてRed Hat Enterprise Linuxとの互換性を有することです。これらの特徴によりCentOSは、企業システムの現場やクラウドサービス用のOSとして広く利用されています。

本書では、CentOSの解説書の改訂版として、最新バージョン6.2を対象に各種の機能を解説します。インストールの方法や基本的な利用方法を詳しく解説するほか、豊富なパッケージを利用したソフトウェアの導入方法、サーバーとして利用するための各種の設定などについて説明します。Linuxを利用する際の入門書として、ぜひお手許においていただきたい1冊です。


1 CentOSとは

1.1 CentOSの概要
  1.1.1 CentOSとRed Hat Enterprise Linux
  1.1.2 CentOSの特徴

2 CentOSのインストール

2.1 CentOSの入手
  2.1.1 ISOイメージファイルのダウンロード
2.2 インストール作業
  2.2.1 インストール後の設定
2.3 ネットワークインストール
  2.3.1 ネットワークインストールの手順
2.4 Scientific Linuxの入手とインストール
  2.4.1 ISOイメージファイルのダウンロード
2.5 インストール作業

3 基本操作

3.1 システムの利用
  3.1.1 GUIとCUI
  3.1.2 ログインとログアウト
  3.1.3 仮想コンソール
3.2 シェルの基本操作
  3.2.1 bashの基本操作
  3.2.2 パイプとリダイレクト
  3.2.3 プロセス管理
3.3 基本的な操作
  3.3.1 ファイルとディレクトリ
  3.3.2 ファイルのパーミッション
  3.3.3 ACL
3.4 エディタ
  3.4.1 viの基本
  3.4.2 viの設定
3.5 ドキュメント
  3.5.1 マニュアルの参照
  3.5.2 インターネット上の情報源

4 ファイル管理

4.1 ファイルシステムの管理
  4.1.1 ファイルシステムの階層構造
  4.1.2 基本的なコマンド
  4.1.3 ディレクトリ構成
  4.1.4 パスの表記
  4.1.5 ハードリンクとシンボリックリンク
  4.1.6 ハードウェア上のファイルシステム
  4.1.7 ファイルシステムの作成
  4.1.8 マウント、アンマウントとfstab
  4.1.9 ネットワークファイルシステム
  4.1.10 ファイルの検索
  4.1.11 ディスククォータ―ディスク使用量の制限
4.2 バックアップ
  4.2.1 ファイルシステム単位のバックアップ
  4.2.2 ディレクトリ単位のバックアップ
  4.2.3 ネットワーク経由でのバックアップ

5 ネットワークの設定

5.1 ネットワークの基本設定
  5.1.1 ネットワーク設定ファイル
5.2 ネットワークの基本コマンド
  5.2.1 networkサービスの制御
  5.2.2 ネットワーク管理コマンド
  5.2.3 IPエイリアシング
5.3 ファイアウォール
  5.3.1 パケットフィルタリングの仕組み
  5.3.2 iptablesコマンド
  5.3.3 ip6tablesコマンド

6 ユーザー管理

6.1 ユーザーとグループの管理
  6.1.1 ユーザーとグループの概要
  6.1.2 ユーザー管理コマンド
  6.1.3 グループ管理コマンド
  6.1.4 ユーザー/グループの登録時の方針と制限事項
6.2 ユーザー環境
  6.2.1 シェル変数と環境変数
  6.2.2 日本語に関する設定
6.3 ユーザーの切り替え
  6.3.1 CUI環境でのユーザーの切り替え

7 パッケージの管理とアップデート

7.1 RPMパッケージ
  7.1.1 RPMの基礎
  7.1.2 rpmコマンドを使ったパッケージ管理
7.2 Yumによる自動アップデート
  7.2.1 Yumを利用するための準備
  7.2.2 Yumの利用
7.3 ソースからのインストール
  7.3.1 tarballとは
  7.3.2 インストールの手順

8 起動と終了

8.1 起動プロセス
  8.1.1 システム起動の流れ
  8.1.2 Upstart
  8.1.3 ランレベル
  8.1.4 制御スクリプト
  8.1.5 サービスの起動設定
  8.1.6 xinetd
8.2 ブートローダGRUB
  8.2.1 GRUBの構成
8.3 システムの起動と終了
  8.3.1 起動パラメータ
  8.3.2 システムの停止と再起動

9 デバイス管理

9.1 カーネルとカーネルモジュール
  9.1.1 カーネルモジュールの概要
  9.1.2 カーネルモジュールの管理
9.2 デバイスファイル
  9.2.1 デバイスファイルとudev
  9.2.2 デバイス情報の確認

10 システム管理

10.1 LVM
  10.1.1 LVM利用の手順
  10.1.2 論理ボリュームとファイルシステムの拡張
10.2 RAID
  10.2.1 RAIDレベル
  10.2.2 RAIDの利用手順
10.3 システムログ
  10.3.1 ログの仕組み
  10.3.2 ログのローテーション
  10.3.3 logwatch
10.4 システム管理
  10.4.1 ジョブスケジューリング
  10.4.2 時刻の修正

11 セキュリティ

11.1 セキュリティの向上
  11.1.1 不要なサービスの停止
  11.1.2 ユーザーアカウントの管理
  11.1.3 パスワードの管理
  11.1.4 ソフトウェアのアップデート
11.2 セキュリティを高めるソフトウェア
  11.2.1 Tripwire
  11.2.2 rootkit対策
  11.2.3 clam antivirus
  11.2.4 ウィルスのスキャン

12 システムリソースの監視とパフォーマンス管理

12.1 システムリソースの監視
  12.1.1 システム状態の監視
  12.1.2 メモリの監視
  12.1.3 プロセスの監視
  12.1.4 ディスクの監視
  12.1.5 CPUの監視
  12.1.6 継続的なシステム状況の監視
12.2 システムのパフォーマンスチューニング
  12.2.1 不要なサービスやプロセスの停止
  12.2.2 ディスクとファイルシステムのパフォーマンスチューニング
  12.2.3 カーネルパラメータによるパフォーマンスチューニング

13 KVMによる仮想化

13.1 KVMの概要
  13.1.1 仮想化とは
13.2 KVMを使った仮想マシンの構築
  13.2.1 KVMのインストール
  13.2.2 ゲストインストール

14 DNSサーバ

14.1 DNSの仕組み
  14.1.1 DNSの歴史とBIND
  14.1.2 名前解決
  14.1.3 DNSの仕組み
14.2 BINDの設定
  14.2.1 BINDを動かすための準備
  14.2.2 named.confの設定
  14.2.3 逆引きの設定
  14.2.4 rndcコマンド
  14.2.5 BINDの動作確認と名前解決ツール
14.3 BINDの運用
  14.3.1 データの更新
  14.3.2 BINDのログ管理
  14.3.3 DNSアクセスの制御

15 メールサーバ

15.1 メール配送の仕組み
15.2 Postfixの設定と運用
  15.2.1 Postfixの設定
  15.2.2 SMTP認証
  15.2.3 TLSの設定
  15.2.4 Postfixのログの管理
15.3 POP/IMAPサーバの設定
  15.3.1 dovecotの設定
  15.3.2 dovecotの起動

16 Webサーバ

16.1 Apache Webサーバの概要
  16.1.1 Webサーバの仕組み
  16.1.2 Apache Webサーバ
16.2 Apacheの設定
  16.2.1 基本的な設定
  16.2.2 日本語マニュアルの導入
  16.2.3 基本認証
  16.2.4 CGIを利用する
  16.2.5 PHPを利用する
  16.2.6 バーチャルホスト
  16.2.7 SSLの利用
16.3 Apacheの運用
  16.3.1 Apacheのログ管理
  16.3.2 Webalizer

17 SSH

17.1 OpenSSHの設定
  17.1.1 ホスト認証とユーザー認証
  17.1.2 SSHサーバの設定
  17.1.3 libwrapによるアクセス制限
17.2 OpenSSHの利用
  17.2.1 SSHクライアントの利用
  17.2.2 公開鍵認証の利用
  17.2.3 ポートフォワーディング

18 FTPサーバ

18.1 vsftpdの設定
  18.1.1 vsftpdの基本設定
  18.1.2 vsftpdの起動
  18.1.3 vsftpdの活用

19 Samba

19.1 Sambaの概要
  19.1.1 Microsoftネットワークの仕組み
  19.1.2 Sambaの機能
19.2 Sambaの設定と運用
  19.2.1 Sambaサーバの設定
  19.2.2 Sambaサーバの起動と終了
  19.2.3 ユーザーアカウントの管理
  19.2.4 CentOSからWindowsへの接続

20 NFS

20.1 NFSの概要
20.2 NFSの設定と運用
  20.2.1 rpcbindのアクセス制御
  20.2.2 NFSとファイアウォール
  20.2.3 showmountコマンドの利用
  20.2.4 NFSサーバの設定
  20.2.5 NFSクライアント
  20.2.6 NFSを利用する際の注意点
  20.2.7 オートマウント
20.3 NFSとKerberos認証
  20.3.1 Kerberos 5認証システム
  20.3.2 Kerberosの基礎知識
  20.3.3 Kerberosの設定

21 キャッシュサーバ Squid

21.1 Squidの設定と運用
  21.1.1 Squidの設定
  21.1.2 キャッシュサーバの設定
  21.1.3 Squidのログの管理
  21.1.4 cachemgr.cgiの利用

22 LDAPサーバ

22.1 LDAPの概要
  22.1.1 LDAPとディレクトリサービス
  22.1.2 エントリとDIT
  22.1.3 LDIF
22.2 LDAPサーバの設定と運用
  22.2.1 OpenLDAPサーバの設定
  22.2.2 LDAPクライアントコマンド
  22.2.3 LDAPでのユーザー認証
  22.2.4 マイグレーションツール
22.3 LDAPによる認証統合
  22.3.1 Apache Webサーバとの連携
  22.3.2 Sambaサーバとの連携

参考文献
索引

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2013年04月19日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 286
表12.4 「memory」の3行目
2刷
buffr
buff
2013.04.19
1刷 485
本文下から5行目
2刷
管理を行う方法としは、
管理を行う方法としは、
2012.03.23