Webマーケティング基礎講座(野口 竜司 石井 陽子 渥美 英紀 村上 知紀 松田 昭穂 阪田 裕里子 北村 伊弘 高見 俊介)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Webマーケティング基礎講座

Webマーケティング基礎講座









形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798125688
定価:
2,090(本体1,900円+税10%)
仕様:
A5・232ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現場を知る、理論を知る一流講師陣による人気講座のエッセンス

定評あるマーケティング講座「MarkeZine Academy」のテキストを書籍化いたしました。理論と実践の両面に造詣の深い、7社8名の人気講師が執筆。 Webマーケティングの基礎的な知識を身につけたい新人・新任の方、SEOやWeb解析などの個別手法でなくWebマーケティングの全体像を把握したい方におすすめの一冊です。


Ch01 BtoCのWebマーケティング戦略

01 サービスとデバイスの変化
02 ユーザーの変化
03 企業の変化
04 3つの戦略視点① バードアイ
05 BtoCの戦略テーマ
06 3つの戦略視点② シナリオシンキング
07 ユーザーシナリオ
08 展開シナリオ
09 3つの戦略視点③ データドリブン
10 分析のポイント
コラム ブックガイド

Ch02 BtoBのWebマーケティング戦略

01 BtoB Webマーケティング戦略の変遷
02 ターゲットの捉え方
03 Webマーケティングの目的
04 法人の意思決定プロセス
05 戦略の立案
06 集客プランニング
07 コンテンツプランニング
08 問い合わせ窓口の設計
09 Webマーケティングと営業との連携
10 効果測定のポイント
コラム ブックガイド

Ch03 集客プランニング

01 集客の全体像① レイヤー
02 集客の全体像② コストと強み
03 集客におけるユーザーシナリオ
04 集客における展開シナリオ
05 集客数と効率を把握する
06 ネット広告の種類と特徴
07 媒体の選定と広告表現
08 検索エンジンマーケティング①
09 検索エンジンマーケティング②
10 検索エンジンマーケティング③
コラム ブックガイド

Ch04 Web分析とPDCA

01 分析の視点① 媒体の効果
02 分析の視点② ユーザーの訪問状況
03 分析の視点③ Webサイトでの体験
04 分析の視点④コンバージョン
05 その他の視点
06 PDCAサイクル① なぜ必要なのか?
07 PDCAサイクル② KPIの設定
08 PDCAサイクル③ 環境を整える
09 PDCAサイクル④ チーム運営
10 PDCAサイクル⑤ 実行
コラム ブックガイド

Ch05 リスクマネジメント

01 重大事故のケーススタディ
02 リスクの傾向
03 法務に関するリスク
04 個人情報保護に関するリスク
05 セキュリティに関するリスク
06 アクセシビリティに関するリスク
07 サーバー・ネットワークに関するリスク
08 検索エンジンに関するリスク
09 発注に関するリスク
10 RFPによる発注管理
コラム ブックガイド

Ch06 インターネット技術の基礎

01 Webサイトの仕組みの基礎
02 ブラウザの基礎
03 サーバーに関する基礎知識
04 ネットワークに関する基礎知識
05 セキュリティに関する基礎知識
06 暗号化技術に関する基礎知識
07 クラウドに関する基礎知識
08 困ったときのケーススタディ
09 ケーススタディから学ぶ原因の切り分け
10 Webマーケティング基盤の判断基準
コラム ブックガイド

Ch07 Webサイト構築の基礎

01 変化を求められるWebサイト構築技法
02 インフォメーションアーキテクチャの基本フロー
03 ユーザー行動シナリオ
04 ボトルネックを発見する
05 ユーザーテストによる検証
06 訪問回数の改善手法
07 回遊率の改善手法
08 コンバージョン率の改善手法
09 リピート率の改善手法①
10 リピート率の改善手法②
コラム ブックガイド

Ch08 モバイルマーケティング

01 数値から見るモバイル① ユーザー動向
02 数値から見るモバイル② ビジネス環境
03 ポイント① メディア特性をふまえる
04 ポイント② 目的を明確にする
05 ポイント③ ターゲットを把握する
06 モバイルの活用事例①
07 モバイルの活用事例②
08 モバイルユーザビリティの基本①
09 モバイルユーザビリティの基本②
10 モバイルサイトの課題発見と改善
コラム ブックガイド

Ch09 メールマーケティング

01 メールマーケティングの成り立ちと特性①
02 メールマーケティングの成り立ちと特性②
03 メールマーケティングの全体設計
04 配信対象の考え方
05 件名と本文の考え方
06 タイミングの考え方
07 分析と検証
08 メールマーケティングの諸規制
09 メールマーケティングの実現手段
10 これからのメールマーケティング
コラム ブックガイド

Ch10 ソーシャルメディア

01 ソーシャルメディアとは
02 ソーシャルメディアの利用動向
03 代表的なソーシャルメディア
04 ソーシャルメディアの活用例①
05 ソーシャルメディアの活用例②
06 ソーシャルメディアと企業の利益
07 顧客ロイヤリティ育成シナリオ①
08 顧客ロイヤリティ育成シナリオ②
09 顧客ロイヤリティ育成シナリオ③
10 担当者に求められる役割
コラム ブックガイド

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2012年10月12日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 020
15行目
3刷
平行して、またはその後、
並行して、またはその後、
2012.10.12
1刷 037
図2-4-1 下流工程段階の「営業の基本方針」4行目
3刷
時期意思決定プロセス
次期意思決定プロセス
2012.10.12
1刷 043
図2-7-2「実績」の「外部評価」
3刷
取材
取材
2012.10.12
1刷 044
下から11行目
3刷
さらに、問い合わせ後の対応についても社内での目配せを忘れては
さらに、問い合わせ後の対応についても社内での目配りを忘れては
2012.10.12
1刷 047
図2-9-1「ヒント情報がリッチになる」施策の例の一つ目
3刷
・問い合わせ時の設問への解答が増える
・問い合わせ時の設問への回答が増える
2012.10.12
1刷 084
「(2)データの入手容易性」3行目
3刷
その効果をはっきりとつかむことが難しいのと対称的
その効果をはっきりとつかむことが難しいのと対照的
2012.10.12
1刷 087
図4-7-1 [コンバージョン]の下
3刷
製品詳細ページへの遷数数
製品詳細ページへの遷移数
2012.10.12
1刷 092
2行目
3刷
やってみてみる
やってみる
2012.10.12
1刷 096
5行目
3刷
反響が拡大し、収集をつけるのが大変になる
反響が拡大し、収拾するのが大変になる
2012.10.12
1刷 103
下から2行目
3刷
「個人情報保護法に関するよくある質問と回答」では、
「個人情報保護法に関するよくある疑問と回答」では、
2012.10.12
1刷 105
5-5-1
2刷
3位★ 7位
3位 7位★

★2011年版で新しく登場した脅威
2012.05.11
1刷 113
図5-9-2「ワーディングガイドライン」の「広告表現や説明文に関する規定」
3刷
優良誤認や薬事法違反に抵触するおそれのある
優良誤認や薬事法違反おそれのある
2012.10.12
1刷 126
表組みの6行上
3刷
セキュリティは脅かされます(図6-5-2)。
セキュリティは脅かされます(図6-5-1)。
2012.10.12
1刷 160
『インフォメーションアーキテクトの教科書』の3行下
3刷
設計を行う上で抑えたいポイント
設計を行う上で押さえたいポイント
2012.10.12
1刷 166
5行目
3刷
マーケティングの観点からまとめたのが図8-1-1です。
マーケティングの観点からまとめたのが図8-3-1です。
2012.10.12
1刷 166
下から15~14行目
3刷
所有感や愛着が沸きやすい
所有感や愛着が湧きやすい
2012.10.12
1刷 169
図8-4-2のキャプション
3刷
8-4-2 ビジネス補完
8-4-2 ビジネス支援
2012.10.12
1刷 192
14行目
3刷
基本として抑えなければ
基本として押さえなければ
2012.10.12
1刷 196
6行目
3刷
これを定常的にレポートし、
これを定期的にレポートし、
2012.10.12
1刷 229
講座の満足度 ③講座のレベル
2刷
優しい、やや優しい
易しい、やや易しい
2012.05.11