エスケープ・ベロシティ キャズムを埋める成長戦略 電子書籍(栗原 潔 栗原 潔 ジェフリー・ムーア)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. エスケープ・ベロシティ キャズムを埋める成長戦略

エスケープ・ベロシティ キャズムを埋める成長戦略

翻訳
原著

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798127767
価格:
本体2,000円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『キャズム』のムーア、5年ぶりの待望の新刊

『キャズム』のムーアがハイテク業界における20年以上にわたるコンサルティングの経験から戦略フレームワークをまとめた書籍。基本テーマは、グローバリゼーションがもたらす不連続な変化に対応するために、過去の繰り返しではなく、真に革新的な戦略をどのように立案すべきかという点である。著者の豊富なコンサルティング経験に基づき、著名IT企業の事例が盛り込まれる。また、過去のやり方を踏襲していてはいけないという提言は、まさに現在の日本企業にこそ当てはまるかもしれない。

原書タイトルにもなっている「エスケープ・ベロシティ」はロケットが地球の重力圏を離れて宇宙に飛び立つための「脱出速度」(第二宇宙速度ともいう)を指す。抵抗勢力に打ち勝ち、過去のやり方から離脱するための戦略立案にたとえている。

第1章 脱出速度と力の階層

第2章 カテゴリー力

ポートフォリオ管理を再構築する

事例◆カテゴリー・ポートフォリオの管理
 アカマイ社の2006年から2011年

第3章 企業力

メリハリのある投資を行なう

事例◆2001年から2010年BMCにおける企業力の創出
事例◆2000年から2010年のラックスペースにおける企業力の創出

第4章 市場力

転換期にある市場を活用する

事例◆2007年から2010年におけるサイベースのターゲット市場の取り組み

第5章 製品力

過去のしがらみを解き放つ

事例◆2003年から2006年のシンボル・テクノロジーズにおける製品力の創出
事例◆2008年から2011年のアドビにおける製品力の創出

第6章 実行力

脱出速度の達成

事例◆プロジェクトからプレイブックへ
 1998年から2010年のコグニザント
事例◆プロダクトからパートナーへ
 2001年から2011年のアップル

最終章 結論

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。