福祉教科書 介護福祉士 完全合格問題集 2014年版(国際医療福祉大学 医療福祉学部)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 福祉教科書 介護福祉士 完全合格問題集 2014年版

福祉教科書 介護福祉士 完全合格問題集 2014年版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798132259
定価:
2,420(本体2,200円+税10%)
仕様:
B5変・416ページ
分類:
福祉資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新カリキュラム試験に完全対応

新カリキュラム試験の出題形式(適切なもの、もしくは不適切なものを1つ選ぶ形式)問のみで構成しているからより解答力がつきます。本書は介護福祉試験の出題範囲をすべて網羅しています。

福祉教科書シリーズの「介護福祉完全合格テキスト 2014年版」と併用することで、より効果的に学習することができます。


第1領域 人間と社会

第1章 人間の尊厳と自立

1 人間の尊厳と自立

第2章 人間関係とコミュニケーション

1 人間関係の形成
2 コミュニケーションの基礎

第3章 社会の理解

1 社会と福祉
2 社会保険制度
3 介護保険制度
4 障害者自立支援制度
5 介護実践に関連する諸制度

第2領域 介護

第4章 介護の基本

1 介護福祉士を取り巻く状況
2 介護福祉士の役割と機能を支える仕組み
3 尊厳を支える介護
4 自立に向けた介護
5 介護を必要とする人の理解
6 介護サービス
7 介護実践における連携
8 介護従事者の倫理
9 介護における安全確保とリスクマネジメント
10 介護従事者の安全

第5章 コミュニケーション技術

1 介護におけるコミュニケーションの基本
2 介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
3 介護におけるチームのコミュニケーション

第6章 生活支援技術

1 生活支援
2 自立に向けた居住環境の整備
3 自立に向けた身じたくの介護
4 自立に向けた移動の介護
5 自立に向けた食事の介護
6 自立に向けた入浴・清潔保持の介護
7 自立に向けた排泄の介護
8 自立に向けた家事の介護
9 自立に向けた睡眠の介護
10 終末期の介護

第7章 介護過程

1 介護過程の意義・展開
2 介護過程の実践的展開・チームアプローチ

第3領域 こころとからだのしくみ

第8章 発達と老化の理解

1 人間の成長と発達の基本的理解/老年期の発達と成熟
2 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活/高齢者と健康

第9章 認知症の理解

1 認知症を取り巻く状況
2 医学的側面から見た認知症の基礎
3 認知賞に伴うこころとからだの変化と日常生活
4 連携と協働
5 家族への支援

第10章 傷害の理解

1 傷害の基礎的理解
2 障害の医学的側面の基礎的知識
3 連携と協働
4 家族への支援

第11章 こころとからだのしくみ

1 こころのしくみの理解
2 からだのしくみの理解
3 身じたくに関連したこころとからだのしくみ
4 移動に関連したこころとからだのしくみ
5 食事に関連したこころとからだのしくみ
6 入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ
7 排泄に関連したこころとからだのしくみ
8 睡眠に関連したこころとからだのしくみ
9 死にゆく人のこころとからだのしくみ

総合問題

模擬試験問題(予想) 介護福祉士国家試験(新カリキュラム試験)
  問題
  正答・解説
本試験問題 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度)(新カリキュラム試験)
 問題
 正答・解説

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2014年01月21日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 215
問題26の選択肢1と5の解説と正解
1 ○ 就労移行支援は企業等への就労を希望する者,または技術を習得し,在宅等での就労・起業を希望する者のうち,個人の適性に応じた就労等が見込まれる身体・知的・精神の障害がある者で65歳未満の者を対象としている。よってFさんに就労移行支援の利用を勧めるのは適切である。 5 × 地域自立支援協議会はその地域での困難事例を種々の機関や施設の担当者やサービス事業者が検討する場であるので,個別支援計画の検討の場ではなく適切ではない。 問題26・・・・・・1
1 × 就労移行支援は企業等への就労を希望する者,または技術を習得し,在宅等での就労・起業を希望する者のうち,個人の適性に応じた就労等が見込まれる身体・知的・精神の障害がある者で65歳未満の者を対象としている。事例ではFさんは「仕事はできない」と述べており,就労移行支援は適切ではない。

5  地域自立支援協議会は関係機関等の従事者により構成され,これらの委員が相互の連絡を図ることにより,地域における障害者等への支援体制に関する課題について情報を共有し,関係機関等の連携の緊密化を図るとともに,地域の実情に応じた体制の整備について協議するものである。

問題26・・・・・・5
2013.08.22
1刷 270
総合問題 問題16 設問3の1行目・3行目
急麻痺
球麻痺
2014.01.21
1刷 282
問題34の選択肢4の解説
○ 衣類の着脱は座った状態であれば一人でできることから、この設問は退院時の要望を実現するために適した支援であるとは考えにくい。
○ 自室にこもり、入浴しなくなった。また、ストマの自己管理もおぼつかなくなってきており、ストマ周辺の皮膚にびらんが見られるようになったので主治医に連絡をした
2013.11.07
1刷 303
問題75 問題文
下記は慢性腎不全について述べたものである。正しいものを一つ選びなさい。
下記は慢性腎不全について述べたものである。正しいものを二つ選びなさい。
2014.01.21
1刷 308
問題97~108の領域名
認知症の理解
こころとからだのしくみ
2014.01.21
1刷 308
問題95の選択肢2
リハビリテーションセンターで言語聴覚士の指導の下、歩行訓練を行う。
リハビリテーションセンターで理学療法士の指導の下、歩行訓練を行う。
2013.12.16
1刷 308
問題97の選択肢5
5 成年期後期の発達課題は、「統合」対「絶望」である。
5 老年期の発達課題は、「統合性」対「絶望」である。

成年期後期の発達課題は、「生殖性」対「停滞」です。
2013.12.24
1刷 316
問題75
1
1, 5
2014.01.21
1刷 337
問題97~108の領域名
認知症の理解
こころとからだのしくみ
2014.01.21
1刷 337
問題97の選択肢5
5 ○ 成年期後期の発達課題は、「統合」対「絶望」である。
5 ○ 老年期の発達課題は、「統合性」対「絶望」である。

成年期後期の発達課題は、「生殖性」対「停滞」です。
2013.12.24
1刷 400
問題116
1 × 2 〇
1 〇 2 ×
2013.11.08