情報処理教科書 ITストラテジスト 2014年版(広田 航二)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 情報処理教科書 ITストラテジスト 2014年版

情報処理教科書 ITストラテジスト 2014年版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798134093
定価:
4,048(本体3,680円+税10%)
仕様:
A5・432ページ
分類:
情報処理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

"これならできる"解答法を詳しく解説

本書は情報処理技術者試験の中でも難関といわれるITストラテジストの午後試験に特化した対策書です。受験者の陥りやすい着眼点のブレ、誤った解答表現、ルールを無視した論文設計など、合格点に至らない解答のパターンを数多く見てきた著者が、合格への道筋が分からず悩んでいる受験者向けに、午後I・午後II試験に焦点を絞って書いています。



・- 業務経験が乏しくても午後試験に合格テクニックを具体的に解説します
・- 午後Iでは、問題文の読み方や、解答を導くキーポイントの見つけ方を詳細に説明します
・- 午後IIでは、問題文から論文の骨格を組み立て、論述するまでのプロセスを順を追って説明します

第1章 午後Ⅰ対策

1.1 午後Ⅰ試験の難しさとその対策
 1.1.1 午後Ⅰ試験はなぜ難しいか
 1.1.2 午後Ⅰ試験対策の基本方針
1.2 2つの方法論:ボトムアップアプローチとトップダウンアプローチ
 1.2.1 ボトムアップアプローチとは
 1.2.2 トップダウンアプローチとは
1.3 過去問をボトムアップアプローチで解いてみる
 1.3.1 表層読みをする(2分)
 1.3.2 設問を分解し,頭にインプットする(2分)
 1.3.3 本番読みをする(15分)
 1.3.4 「即答型設問」を解く(6分)
 1.3.5 グルーピング対応型設問を解く(10分)
 1.3.6 問題文の最終マーキングの例
 1.3.7 解答の見直し(2問で15分)
1.4 トップダウンアプローチ
 1.4.1 対策標語とは
 1.4.2 対策標語の見方
 1.4.3 対策標語集

第2章 午後Ⅰ演習

演習の前に
演習1 [平成25年 午後Ⅰ 問1]地方自治体による自転車シェアリング事業の展開
演習2 [平成25年 午後Ⅰ 問2]小売業における事業拡大計画の立案
演習3 [平成25年 午後Ⅰ 問3]警備会社のサービス拡大
演習4 [平成25年 午後Ⅰ 問4]健康管理ロボットの開発
演習5 [平成24年 午後Ⅰ 問1] 産業用エネルギー機器の製造・販売を行う企業におけるメンテナンスサービス事業
演習6 [平成24年 午後Ⅰ 問3]物流業務の改善
演習7[平成24年 午後Ⅰ 問4]自動販売機の企画
演習8 [平成23年 午後Ⅰ 問1]アパレル製造・販売企業におけるシステム化構想
演習9 [平成23年 午後Ⅰ 問4]ディジタルカメラの新製品企画

第3章 午後Ⅱ対策

3.1 なぜ論文が書けないのか
 3.1.1 午後Ⅱ試験は難しい試験?
 3.1.2 どうすれば論文が書けるようになるか
3.2 解答する問題を選択する
 3.2.1 選択する基準を事前に決めておく
 3.2.2 選択基準(1)に該当する場合 <準備モジュールで選ぶ>
 3.2.3 選択基準(2)に該当する場合 <背景で選ぶ>
 3.2.4 選択基準(3)(4)に該当する場合
 3.2.5 演習では何でも対応できるようにする
3.3 論文設計書の作成(章,節の設計)
 3.3.1 論文設計書の重要性
 3.3.2 設問を分解する
 3.3.3 設問に対応した章タイトルを決定する
 3.3.4 各章の節タイトルを決定する
 3.3.5 各節の項タイトルを決定する
3.4 論文を書く
 3.4.1 第2章(設問イ)から書き始める
 3.4.2 第3章(設問ウ)を書く
 3.4.3 第1章(設問ア)を書く
 3.4.4 最後の仕上げをする
 3.4.5 書き方の注意事項
3.5 キーポイントの探し方
 3.5.1 キーポイントの探し方の基本
3.6 準備モジュールの適用
 3.6.1 準備モジュールの体系
 3.6.2 準備モジュールの一般的な適用方法
 3.6.3 準備モジュールの第3章への適用方法
 3.6.4 準備モジュールの第1章への適用方法
 3.6.5 準備モジュールの用意のしかた
3.7 背景の準備
 3.7.1 背景の重要性
 3.7.2 どのような背景が良いか
 3.7.3 背景はコンポーネント単位で準備せよ!

第4章午後Ⅱ演習

演習の前に
演習1 [平成25年 午後Ⅱ 問1]経営戦略実現に向けた戦略的なデータ活用
演習2 [平成25年 午後Ⅱ 問2] 新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現するビジネスモデルの立案
演習3 [平成25年 午後Ⅱ 問3] 組込みシステムの製品戦略におけるプロモーションの支援
演習4 [平成24年 午後Ⅱ 問2]事業継続計画の策定
演習5 [平成24年 午後Ⅱ 問3]技術動向の分析に基づいた組込みシステムの企画
演習6 [平成22年 午後Ⅱ 問1]事業環境の変化を考慮した個別システム化構想

第5章受験の心得

5.1 本試験前の準備期にやるべきこと
 5.1.1 午後Ⅰ試験のために
 5.1.2 午後Ⅱ試験のために
5.2 試験本番でやるべきこと
 5.2.1 午後Ⅰ試験の場合
 5.2.2 午後Ⅱ試験の場合
5.3 本試験後にやるべきこと

ITストラテジストになるには

ITストラテジスト試験の概要
受験の手引き

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2014年09月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 057
「●大分類30」の2行目
保守要員の出動部品の手配・手順といった現場レベルまでと広い。
保守要員の出動部品の手配・手順といった現場レベルまでと広い。
2014.09.29
1刷 271
6~7行目、および記入例の冒頭
13:28
14:58
2014.09.29
1刷 272
記入例の冒頭
13:28
14:58
2014.09.29
1刷 278
4行目および記入例の冒頭
13:28~13:40
14:5815:10
2014.09.29
1刷 303
26行目
2460 XXをした。なぜならば、負荷価値を高め、…
2460 XXをした。なぜならば、付加価値を高め、…
2014.08.12