マイクロソフトオフィス教科書 Excel 2007 エキスパート(Microsoft Office Specialist) 改訂版 電子書籍(エディフィストラーニング株式会社)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. マイクロソフトオフィス教科書 Excel 2007 エキスパート(Microsoft Office Specialist) 改訂版

マイクロソフトオフィス教科書 Excel 2007 エキスパート(Microsoft Office Specialist) 改訂版


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798135250
価格:
3,278(本体2,980円+税10%)
カテゴリ:
ベンダー資格
キーワード:
#IT関連資格,#情報処理技術者試験,#開発環境,#システム運用
電子書籍

MOS対策の定番書がパワーアップして再登場

マイクロソフトオフィスのスキルを認定するMOS(Microsoft Office Specialist)は学生からビジネスマンまで、幅広い層が受験する超人気の定番資格です。なかでも、ビジネスシーンで広く使用されているExcelのスキル認定資格は人気が高く、持っていると就活や転職に有利と言われています。

本書はMOS対策の定番書籍『マイクロソフトオフィス教科書』シリーズのExcel 2007 Expert試験に対応した最新書籍です。2012年7月に刊行した既刊の内容を細部まで全面的に見直し、試験対策書籍としてより相応しい形でお届けします。

はじめに
Microsoft Office Specialist とは
Microsoft Office Specialist 受験案内
本書について
本書の構成と効果的な学習の進め方

読者専用プログラムの使い方

読者専用プログラムの準備
読者専用プログラムの概要
サンプルファイルの使い方

Excel の画面構成とコマンド/本書の表記

Excel 2007 の構成要素
Excel 2007 の画面構成
Excel 2007 の操作

第1章 データの取り込み

Lesson 1 データの入力規則
 ドロップダウンリスト
 数式を利用して有効データを入力する
 無効データにマークをつける
Lesson 2 フォームコントロールのリンク
 ラベル
 スクロールバー
 チェックボックス
 コンボボックス
Lesson 3 外部ソースからのデータインポート
 テキストファイルのインポート
 Web クエリを使ったデータのインポート
 Microsoft Query ウィザードを利用した既存クエリの編集
 データベースのデータインポート
 XML データのインポート
 XML の対応付け
Lesson 4 外部データソースの接続
 別のブックのデータを参照する
 ブックのリンクを更新、編集する
 データ更新オプション
演習問題
演習問題解説

第2章 高度な数式を使用したデータ計算

Lesson 5 検索/行列関数
 VLOOKUP、CHOOSE、MATCH、INDEX、INDIRECT、  TRANSPOSE 関数
Lesson 6 さまざまな関数の適用
 日付と時刻の関数
 文字列操作の関数
 論理関数
 SUMIFS、COUNTIFS 関数
Lesson 7 名前の定義と管理
 名前付き範囲の作成
 名前付き範囲の数式への利用
 名前の管理と範囲の変更
 名前付き範囲を使用したワークシート操作
Lesson 8 数式の検証
 参照先のトレース
 参照元のトレース
 ウォッチウィンドウ
演習問題(1)
演習問題(2)
演習問題(1)解説
演習問題(2)解説

第3章 データ範囲の管理

Lesson 9 データの統合
 統合
 統合元データとリンクする
Lesson 10 セルやオブジェクトの選択
 ジャンプ
 書式による検索と置換
Lesson 11 高度なフィルタの適用
 同一列での複数条件の適用
 複数列でのOR 条件
 重複する行(レコード)を除外するためのフィルタ
Lesson 12 ワークシートの保護
 セルのロックと解除
 オブジェクトのロックと解除
 数式の非表示
演習問題(1)
演習問題(2)
演習問題(1)解説
演習問題(2)解説

第4章 データの集計と分析

Lesson 13 ピボットテーブルとピボットグラフの作成
 ピボットテーブルの作成
 ピボットグラフの作成
Lesson 14 ピボットテーブルの編集
 データのグループ化
 集計フィールドの挿入
 レポートフィルタページの表示
Lesson 15 データの分析
 シナリオ
 データテーブル
 ゴールシーク
 ソルバー
演習問題(1)
演習問題(2)
演習問題(1)解説
演習問題(2)解説

第5章 ワークシートやグラフの書式設定

Lesson 16 ユーザー定義の表示形式の作成
 ユーザー定義の書式設定
Lesson 17 条件付き書式の設定
 日付による条件付き書式の設定
 数値による条件付き書式の設定
 文字列による条件付き書式の設定
Lesson 18 グラフに視覚的要素を追加する
 奥行軸の追加
 第2軸の追加
 分析指標の追加
演習問題
演習問題解説

第6章 マクロとユーザー定義関数の管理

Lesson 19 マクロの記録と編集
 マクロの記録
 マクロの編集
Lesson20 マクロの管理
 ブック間のマクロの移動
 マクロにショートカットキーを登録する
 マクロをボタンに登録する
 マクロのセキュリティレベルの設定
Lesson 21 ユーザー定義関数の作成
 ユーザー定義関数の作成
 条件分岐のユーザー定義関数の作成
演習問題(1)
演習問題(2)
演習問題(1)解説
演習問題(2)解説

模擬試験の問題と解説

模擬試験プログラムの使い方
注意事項(必ずお読みください)
模擬試験1
模擬試験2
模擬試験3

付属データはこちら

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

  • MOS 2007試験終了に伴う、書籍の販売終了と学習ソフトの一部機能利用停止のお知らせ

    MOS 2007試験の終了に伴い、MOS 2007対策書10製品の販売と、製品付随の学習ソフトの一部機能利用を次の期日をもって終了いたしました。

    ・製品の販売終了:2016年9月末
    ・学習ソフトの利用停止機能:2016年9月末
     ・ボーナス模擬試験(Free Trial)
     ・オリジナル模擬試験(DX)
     ・ヘルプサイト
    ・学習ソフトの一部機能利用終了:2016年9月末

    閉鎖するサイト
    http://exampress.jp/it/mos/2007ex-r/excel
    http://exampress.jp/it/mos/2007ex-r/help

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2015年03月23日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 218
COLUMN 2行目
もとのデータはない集計フィールドを
もとのデータにはない集計フィールドを
2013.11.19
1刷 228
手順6 3行目、手順6 画像、手順8 画像、完成ファイル「Lesson15完成」
手順6 3行目・・・ セルB11を選択
手順6 3行目・・・ セルB4を選択 手順6 画像・・・ 以下の画像に差し替えます。 手順8 画像・・・ 以下の画像に差し替えます。 完成ファイル「Lesson15完成」・・・ 以下のファイルに差し替えます。 お使いのパソコンに Lesson15kansei.xlsx を保存してからご確認ください。
2013.10.03
1刷 229
設問 2行目
E列の販売価格と4行目の修繕積立一時金に
E列の販売価格と9行目の修繕積立一時金に
2013.11.19
1刷 261
設問 2行目
「2012年4月10日以前のの日付」
「2012年4月10日以前の日付」
2013.10.15
1刷 290
演習問題 Q4 2~3行目
「青、アクセント1、白+基本色80%」
「濃い青、テキスト2、白+基本色80%」
2015.03.23
1刷 292
演習問題解説 A4 手順10
「青、アクセント1、白+基本色80%」(上から2行目の左から4列目)を選択
「濃い青、テキスト2、白+基本色80%」(上から2行目の左から4列目)を選択
2015.03.23
1刷 360
模擬試験2 問19 セルL1
数量
単価

差し替えファイルはこちらからダウンロードしていただけます。
mogi2-19.xlsx
2013.10.15

感想・レビュー

くぼ さん

2013-12-28

とりあえずこれで合格はできた。2007エキスパートはこれしか出ていないので選択肢が無い。全体を一読→模試。わからないところをぱらぱらみたり。実際の試験ではこれだけでは対応できないところがあるかも(問題文の表現が違うので実際の問題で何をすれば正解になるのか、受験者にはわかりにくい)。