PMP教科書 Project Management Professional 第5版(株式会社トップスタジオ Kim Heldman)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. PMP教科書 Project Management Professional 第5版

PMP教科書 Project Management Professional 第5版



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798137292
価格:
本体4,800円+税
仕様:
A5・840ページ
分類:
ベンダー資格

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者からの高い支持率を誇る試験対策書PMBOK(R)ガイド第5版に完全対応

本書は、PMI(Project Managemant Institute)が実施する、PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)試験に合格するための対策書籍です。PMP試験のベースとなるPMBOK(R)ガイドに準拠し、高い実用性を備えています。また、版を重ねたその完成度の高さから、世界中の読者からの支持を集めています。

本書は、プロジェクトマネジメントの流れに従った、理解しやすい章構成を採用しています。豊富な解説と共に試験に出題されやすいポイントを明示し、章末には練習問題を掲載しています。最新のPMBOK(R)ガイド第5版の日本語版に対応していますので、PMP試験を日本語で受験される方に最適です。


序 章 イントロダクション

試験概要
アセスメント問題
アセスメント問題の解答

第1章 プロジェクトとは何か

これはプロジェクトなのか
 プロジェクトと定常業務
 ステークホルダー
 プロジェクトの特性
プロジェクトマネジメントとは何か
 プログラム
 ポートフォリオ
 プロジェクトマネジメント・オフィス
優れたプロジェクト・マネジャーに必要なスキル
 コミュニケーション・スキル
 組織化スキルと計画スキル
 コンフリクト・マネジメント・スキル
 交渉力スキルと影響力スキル
 リーダーシップのスキル
 チーム形成スキルと動機付けスキル
 プロジェクト・マネジャーの役割
組織構造を理解する
 機能型組織
 プロジェクト型組織
 マトリックス型組織
 プロジェクトベースの組織
プロジェクト・ライフサイクルとプロジェクトマネジメント・ プロセスの理解
 プロジェクト・フェーズとプロジェクト・ライフサイクル
 プロジェクトマネジメント・プロセス群
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第2 章 プロジェクト憲章の作成

プロジェクトマネジメント知識エリアの理解
 プロジェクト統合マネジメント
 プロジェクト・スコープ・マネジメント
 プロジェクト・タイム・マネジメント
 プロジェクト・コスト・マネジメント
 プロジェクト品質マネジメント
 プロジェクト人的資源マネジメント
 プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
 プロジェクト・リスク・マネジメント
 プロジェクト調達マネジメント
 プロジェクト・ステークホルダー・マネジメント
プロジェクトはどうやって生まれるか
 ニーズと要求
 フィージビリティ・スタディ
 プロジェクトの選定と評価
 プロジェクト選定手法の使用
プロジェクト憲章の作成開始
 プロジェクト作業範囲記述書
 ビジネス・ケース
 合意書
 組織体の環境要因
 組織のプロセス資産
 ツールと技法
プロジェクト憲章の公式化と発行
 プロジェクト憲章をまとめる
 主要なステークホルダー
 プロジェクト憲章への署名
ステークホルダー特定
 ステークホルダー特定のインプット
 ステークホルダー分析
 ステークホルダー登録簿とステークホルダー戦略
キッチン・ヘブン社プロジェクトのケーススタディ
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第3章 プロジェクト・スコープ記述書の作成

プロジェクトマネジメント計画書の作成
 インプットの収集
 プロジェクトマネジメント計画書の文書化
スコープ・マネジメント計画
 スコープ・マネジメント計画へのインプットを理解する
 スコープ・マネジメント計画で使われるツールと技法
 スコープ・マネジメント計画書の文書化
 要求事項マネジメント計画書の文書化
要求事項の収集
 要求事項収集で使われるツールと技法
 要求事項の文書化
スコープの定義
 プロダクト分析
 代替案生成
プロジェクト・スコープ記述書の作成
 プロジェクト・スコープ記述書の構成要素
 プロジェクト・スコープ記述書の承認と発行
 プロジェクト文書更新版
ワーク・ブレークダウン・ストラクチャーの作成
 WBSのインプットの収集
 成果物の要素分解
 WBSの構築
 WBS作成のアウトプット
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第4章 プロジェクト・スケジュールの作成

スケジュール・マネジメント計画書の作成
アクティビティの定義
 アクティビティ定義のインプット
 アクティビティ定義のツールと技法
 アクティビティ定義のアウトプット
アクティビティ順序設定プロセスの理解
 アクティビティ順序設定のツールと技法
 アクティビティ順序設定のアウトプット
アクティビティ資源見積り
 アクティビティ資源見積りのインプット
 アクティビティ資源見積りのツールと技法
 アクティビティ資源見積りのアウトプット
アクティビティ所要期間見積り
 アクティビティ所要期間見積りのインプット
 アクティビティ所要期間見積りのツールと技法
スケジュール作成
 スケジュール作成のインプット
 スケジュール作成のツールと技法
 スケジュール作成のアウトプット
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第5章 プロジェクト予算の作成と計画の伝達

コスト・マネジメント計画書の作成
 コスト・マネジメント計画プロセスの実行
 コスト・マネジメント計画書の作成
コスト見積り
 コスト見積りのインプット
 コスト見積りのツールと技法
 コスト見積りのアウトプット
コスト・ベースラインの決定
 予算設定のインプット
 予算設定のツールと技法
 予算設定のアウトプット
ステークホルダーを理解する
 ステークホルダーの分析
 ステークホルダー・マネジメント計画書
計画を伝える
 コミュニケーション・マネジメント計画のインプット
 コミュニケーション・マネジメント計画のツールと技法
 コミュニケーション・マネジメント計画のアウトプット
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第6章 リスク計画

リスクに対する計画
リスク・マネジメント計画
 リスク・マネジメント計画のインプット
 リスク・マネジメント計画のツールと技法
 リスク・マネジメント計画書の作成
潜在リスクの特定
 リスク特定のインプット
 リスク特定のツールと技法
定性的技法によるリスク分析
 定性的リスク分析のインプット
 定性的リスク分析のツールと技法
 リスク登録簿に記載されたリスクのランク付け
リスクの定量化
 定量的リスク分析のツールと技法
 定量的リスク分析のアウトプット
リスク対応計画の作成
 リスク対応計画のツールと技法
 リスク対応計画のアウトプット
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第7章 プロジェクト資源の計画

調達マネジメント計画
 調達マネジメント計画のインプット
 調達マネジメント計画のツールと技法
 調達マネジメント計画のアウトプット
人的資源マネジメント計画書の作成
 人的資源マネジメント計画のインプット
 人的資源マネジメント計画のツールと技法
 人的資源マネジメント計画のアウトプット
品質マネジメント計画
 品質マネジメント計画のインプット
 品質マネジメント計画のツールと技法
 品質マネジメント計画のアウトプット
すべての集約
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第8章 プロジェクト・チーム育成

プロジェクト作業の指揮・マネジメント
 実行時のインプット
 プロジェクト作業の指揮・マネジメントのツールと技法
 プロジェクト作業の指揮・マネジメントのアウトプット
プロジェクト・チーム編成
 プロジェクト・チーム編成のツールと技法
 プロジェクト・チーム編成のアウトプット
プロジェクト・チーム育成
 プロジェクト・チーム育成のツールと技法
 プロジェクト・チーム育成のアウトプット
プロジェクト・チーム・マネジメント
 プロジェクト・チーム・マネジメントのツールと技法
 プロジェクト・チーム・マネジメントのアウトプット
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第9章 調達の実行と情報の共有

調達実行
 調達実行のツールと技法
 調達実行のアウトプット
品質保証の手順
 品質保証のインプット
 品質保証のツールと技法
 品質保証のアウトプット
プロジェクト情報のマネジメント
 コミュニケーション・マネジメントのツールと技法
 コミュニケーション・マネジメントのアウトプット
ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント..6   ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメントのインプット
 ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメントのツールと技法..6   ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメントのアウトプット..6  この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第10章 プロジェクト・パフォーマンスの測定とコントロール

プロジェクト作業の監視・コントロール
 プロジェクト作業の監視・コントロールのインプット
 プロジェクト作業の監視・コントロールのアウトプット
調達コントロール
 調達コントロールのインプット
 調達コントロールのツールと技法
 調達コントロールのアウトプット
コミュニケーション・コントロール
 コミュニケーション・コントロールのインプット
 コミュニケーション・コントロールのツールと技法
 コミュニケーション・コントロールのアウトプット
統合変更管理のマネジメント
 変更はどのように発生するか
 変更管理の考慮事項
 コンフィギュレーション・コントロール
 変更管理システム
 統合変更管理のインプット、ツールと技法、およびアウトプット
ステークホルダー・エンゲージメント・コントロール..6 この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第11章 作業結果のコントロール

リスク・コントロール
 リスク・コントロールのインプット
 リスク・コントロールのツールと技法
 リスク・コントロールのアウトプット
コスト変更のマネジメント
 コスト・コントロールのインプット
 コスト・コントロールのツールと技法
 コスト・コントロールのアウトプット
スケジュール変更の監視・コントロール
 スケジュール・コントロールのインプット
 スケジュール・コントロールのツールと技法
 スケジュール・コントロールのアウトプット
品質コントロール技法の利用
 品質コントロールのインプット
 品質コントロールのツールと技法
 品質コントロールのアウトプット
プロジェクト・スコープの妥当性確認
スコープ・コントロール
 スコープ・コントロールのインプット
 スコープ・コントロールのツールと技法
 スコープ・コントロールのアウトプット
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

第12章 プロジェクトの終結とプロフェッショナルとしての責任

プロジェクトの公式な終結
 終結の特性
 プロジェクトの終了
プロジェクトの終結
 事務終了アクティビティ
 プロジェクトやフェーズの終結のインプット
 プロジェクトやフェーズの終結のツールと技法
 プロジェクトやフェーズの終結のアウトプット
調達の終結
 調達終結のインプット
 調達終結のツールと技法
 調達終結のアウトプット
 労をねぎらう
 プロジェクト・チーム・メンバーの解散
プロジェクト終結時におけるステークホルダーの利害関係の調整
 ニーズの競合
 課題と問題への対応
 制約条件とのバランス
プロフェッショナルとしての責任
 責任
 尊重
 公正
 誠実
 役割の調査研究
専門知識の適用
 プロジェクトマネジメントの知識
 教育プロバイダー
 業界の知識
この章のまとめ
試験のポイント
練習問題
練習問題の解答

付 録 プロセスのインプットとアウトプット

立上げプロセス群
計画プロセス群
実行プロセス群
監視・コントロール・プロセス群
終結プロセス群

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2016年12月28日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 020
「問題40」の問題文と選択肢C
●P.20「問題40」の問題文 プロジェクト・マネージャーの特定と任命が行われるのは次のどのプロセスか。 ●P.20「問題40」の選択肢C 計画プロセスの開始前
●P.20「問題40」の問題文 プロジェクト・マネージャーの特定と任命はいつ行うのが望ましいか。 ●P.20「問題40」の選択肢C 計画プロセスの開始時
2015.08.11
1刷 099
問題20の選択肢A
支援型、コントロール型、指揮型という3つのタイプがある。
コンサルティング型、コントロール型、指揮型という3つのタイプがある。
2014.06.20
1刷 503
1行目
この状況に当てはまらない説明はどれか。
この状況に当てはまる説明はどれか。
2014.08.28
1刷 506
下から3行目(問題20の回答選択肢「D」)
質尺度は、品質マネジメント計画プロセスのアウトプットである。品質尺度は、品質マネジメント計画プロセスのアウトプットである。
品質尺度は、品質マネジメント計画プロセスのアウトプットである。

同様の表現が2度繰り返されていました
2016.12.28
1刷 527
「プロジェクト・チーム育成」の1行目
生み出すために存在しますプロジェクトの実行は
生み出すために存在します。プロジェクトの実行は
2014.09.03
1刷 732,737
問題15の問題文と解説
732ページの問題15の問題文の1行目: BAC=375、… 737ページの問題15の解説: この問題でETCを求める計算式として正しいのは、EAC-EVです。したがって、ETCは375-250=125となります。
732ページの問題15の問題文の1行目: EAC=375、… 737ページの問題15の解説: この問題でETCを求める計算式として正しいのは、EAC-ACです。したがって、ETCは375-200=175となります。
2014.07.18