Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unity4対応 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unity4対応

Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unity4対応



形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798139005
価格:
本体3,500円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Unity(ユニティ)の機能を活かして楽しい3Dゲームを作ろう!

Unityは、ゲーム業界を中心に幅広く利用されている3Dゲーム開発ツールです。2012年11月にバージョン4が登場。魅力的な新機能が追加され、より使いやすくなりました。

本書は、Unityを利用したスマートフォン向け3Dゲームの開発手法が学べる書籍です。Unityの操作方法から始まり、Unityの持つ強力なスクリプト機能やシェーダー機能、さらにはバージョン4から搭載されたMecanimという新機能も紹介。Unityの機能を活かしたスマートフォン向け3Dゲームの作成手法について、サンプルを作りながら楽しく学ぶことができます。これからUnityを使ったゲーム開発を考えている方にとって、最適な入門書です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

  • iOSとAndroidのライセンス(19~21ページ関連)

    2013年5月21日にUnity Technologies社は個人および小規模開発者向けのモバイル向け機能を完全無償化しました。新たにUnityをインストールして、Android向けにビルド、またはiOS向けにビルドできる状態になっている場合、19~21ページの手順1~3は不要です。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2013年07月02日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 063
「Vector3クラス」の1行下
2刷
リスト1の6行目で
リスト2の6行目で
2013.07.02
1刷 065
「RotationスクリプトのUpdate関数」の6行下
2刷
指していて、Rotation()はゲームオブジェクトを
指していて、Rotate()はゲームオブジェクトを
2013.07.02
1刷 078
手順4の本文 3行目
2刷
名前を[PlanePrefab]に変更します。
名前を[PanelPrefab]に変更します。
2013.07.02
1刷 116
手順10の本文 4行目
2刷
名前(DropZone)の横のチェックボックスを外して
名前(Floor)の横のチェックボックスを外して
2013.07.02
1刷 120
「まとめ」の2行上
2刷
10000000という値を
100000000という値を
2013.04.04
1刷 132
手順1の本文 1~2行目
2刷
名前は「LESSON15」とします。
名前は「LESSON16」とします。
2013.04.04
1刷 134
手順5の本文 4行目
2刷
Mesh Rendererにドラッグ&ドロップして
FlipperLにドラッグ&ドロップして
2013.07.02
1刷 139
図12の選択ファイル名
2刷
Flipper
Plunger
2013.04.04
1刷 191
手順2の本文 2行目
2刷
Wheelスクリプトを追加します(図8①)。
Wheelスクリプトを追加します(図3①)。
2013.07.02
1刷 192
図3のキャプション
2刷
図3:Plungerスクリプトの追加
図3:Wheelスクリプトの追加
2013.07.02
1刷 203
表1「Terrain Height」の内容
2刷
地形の最大の高さで、1単位は1m
地形の高さで、1単位は1m
2013.07.02
1刷 225
図10の2行上
2刷
TransformのPositionを「3, 3.6, -4」、
TransformのPositionを「4, 3.6, -4」、
2013.07.02
1刷 244
表の「機能」欄の1行目
2刷
Root Transform Position(XY)
Root Transform Position(XZ)
2013.07.02
1刷 245
表5
2刷

1行目(パラメーター|型)を削除し、2行目を見出し行に変更します。
2013.07.02
1刷 332
図8
2刷

「3←4」を「3→4」に、矢印の向きを逆に変更します。
2013.07.02