OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門(日本OpenStackユーザ会)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門

OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798139784
価格:
本体4,200円+税
仕様:
B5変・512ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenStackはOSS(Open Source Software)として提供されるクラウドサービスの基盤ソフトウェアです。さまざまな仮想マシンを柔軟に取り扱え、各種のプログラミングAPIを備えます。また、DockerやAnsibleなどOSSとの連携が可能であり、システムの基盤として新しいサービスや運用を実現します。

本書は、OpenStackユーザ会の主要メンバーによる書き下ろしの解説書です。OpenStackとは何かから、各環境への導入方法を説明するほか、さまざまな応用例を紹介して、実業務/本番システムで利用するOpenStackの活用方法を紹介していきます。たんなる導入のための解説書を超えた、OpenStackでのシステム構築/運用を成功させるにはどうすればよいのかという問いに答える、充実の一冊になっています。


第1章:OpenStackの概要
第2章:クイックスタート
第3章:OpenStackクライアント環境の整備
第4章:OpenStackの基本操作
第5章:ストーリーの解説と事前準備
第6章:シンプルな3階層構造アプリケーションのデプロイ
第7章:アプリケーションの負荷分散
第8章:新バージョンのアプリケーションリリース
第9章:ブロックボリュームを活用したデータ保護
第10章:アベイラビリティゾーンを活用した災害対策システム
第11章:Ansibleを利用した構成管理の自動化
第12章:Fogを使ったマルチクラウドへのシステム展開
第13章:Serf/Consulを用いた自律クラスタ構築
第14章:Dockerを利用したアプリケーション展開
第15章:動的に変化するシステムの自動テスト手法
第16章:OpenStack活用事例

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2016年04月20日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 004
表1-1-2の最下行 OpenStack Data Processingのコードネーム
2刷
Shara
Sahara
2015.06.09
1刷 016
HP Helion Public Cloudについて
【追加情報】第2章1節のHP Helion Public Cloudは、2016年2月現在においてサービスの終了が確認されております。そのため、掲載されている手順を試すことはできません。RDOやDevStack等の環境を使うようお願いいたします。
2016.04.20
1刷 066
4つ目と5つ目の囲みの1行目(2か所)
3刷
# cd ~/quickrdo
# cd $HOME/quickrdo
2016.04.20
1刷 071
1つ目の囲みの1行目
3刷
# cd ~/quickrdo
# cd $HOME/quickrdo
2016.04.20
1刷 097
4行目
2刷
--location=http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/6.5/os/x86_64/ ¥
--location=http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/6/os/x86_64/ ¥
2015.07.29
1刷 308
2つ目の囲みの3行目に1行追加
3刷
(venv)$ pip install python-novaclient==2.16.0 (venv)$ pip install python-neutronclient==2.3.4
(venv)$ pip install cliff==1.15.0
(venv)$ pip install python-novaclient==2.16.0 (venv)$ pip install python-neutronclient==2.3.4
2016.04.20
1刷 359
「13.2.1 Serfによるクラスター管理の概要」の7行目
2刷
バージョン(0.6.3)においては、
バージョン(0.6.4)においては、
2015.07.29
1刷 413
図14-4-2の中央の仮想マシンインスタンス
3刷
コンテナー:app  REST_PORT_5555_TCP_ADDR
コンテナー:app  REST_PORT_3306_TCP_ADDR
2016.04.20
1刷 414
最下行
3刷
OpenStack 管理作業の自動化」(→ p. 307)の手順で、踏み台サーバー上の
OpenStack 管理作業の自動化」(→ p. 307)の手順をすべて実行して、踏み台サーバー上の
2016.04.20
1刷 416
下から6行目~
2刷
- name: docker run "{{ target }}"
docker:
state: present
- name: docker run "{{ target }}"
docker:
docker_api_version: "1.15"
state: present
2015.07.29
1刷 416
このページの最後
3刷
  - name: install python client for docker
pip:
state: present
name: "{{ item }}"
with_items:
- docker-py
when: target in ["web","app","dbs"]

- name: docker run "{{ target }}"
docker:
docker_api_version: "1.15"
state: present

image: "{{ spec[target].image }}"
name: "{{ target }}"
  - name: install python client for docker
pip:
state: present
name: docker-py
version: 1.3.1
when: target in ["web","app","dbs"]

- name: docker run "{{ target }}"
docker:
docker_api_version: "1.19"
state: started

image: "{{ spec[target].image }}"
name: "{{ target }}"
2016.04.20
1刷 417
下から2行目
3刷
WEBサーバーにFloating IPを割り当てて外部のブラウザーからアクセスすると、
WEBサーバーに割り当てられたFloating IPに対して外部のブラウザーからアクセスすると、
2016.04.20