C#の絵本 C#が楽しくなる9つの扉 電子書籍(株式会社アンク)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. C#の絵本 C#が楽しくなる9つの扉

C#の絵本 C#が楽しくなる9つの扉


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798140131
価格:
本体1,780円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やさしい解説でC#をマスター

C#言語は、オブジェクト指向など、ややとっかかりにくいトピックを含むこともあり、文章だけではなかなかイメージがつかみづらいものです。
本書は、イラストで解説しているので、直感的にイメージをとらえることができ、理解も進みます。
さあ、C#言語の扉を開き、プログラマへの道を進んでいきましょう!

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2014年07月01日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 046
2刷
Console.WriteLine("こんにちは"+i)
Console.WriteLine("こんにちは"+i);

;(セミコロン)が入ります。
2009.08.28
1刷 055
上から1行目
2刷
switch文の式には、char型、byte型、short型、int型の変数が使えます。
switch文の式には、整数型、enumなど整数型に準ずる型、char型、string型が使えます。
2008.02.28
1刷 055
switch文の用例(×と〇)
2刷
×
string a = "Hello"; switch(a){ case"Hello";   Console.WriteLine(a);     break;     ・     ・     ・ }

string a = "Hello"; if(a == ""){   Console.WriteLine(a); } else if(…     ・     ・     ・ }
×
double a = 1.0; switch(a){   case 1.0:     Console.WriteLine(a);     break     ・     ・     ・ }

double a = 1.0; if(a == 1.0){   Console.WriteLine(a); } else if( …     ・     ・     ・ }
2008.02.28
1刷 069
下から2行目
4刷
Console.WriteLine("Hellow");
Console.WriteLine("Hello");
2012.08.20
1刷 074
サンプルコード内の2つ目のクラス
3刷
class CalcSample{
class Math{
2010.01.20
1刷 075
「例」の下の吹き出し
4刷
Main( )メソッドと同じオブジェクト内のメソッドにはstaticをつけます
Main( )メソッドと同じクラス内のメソッドにはstaticをつけます
2012.08.20
1刷 076
「オーバーロードとは?」から2行目
4刷
複数定義することです。名前が同じで戻り値が異なるメソッドはエラーになります。
複数定義することです。戻り値だけが異なるメソッドはエラーになります。
2012.08.20
1刷 103
「例」の下から5~3行目
5刷
        store1.PrintMoney(1000, 100);
store2.PrintMoney(0, 250);
store1.PrintMoney(0, 800);
        store1.printMoney(1000, 100);
store2.printMoney(0, 250);
store1.printMoney(0, 800);
2014.03.07
1刷 107
イラスト内の2つ目(下部)のprintメソッド
3刷
(Aクラスのイラストからprintメソッドを取り除く)
2010.01.20
1刷 108
2番目のサンプルコード内1行目
3刷
class Aisatsu Greeting{
class Aisatsu : Greeting{

矢印が重なることで「:」が隠れてしまっていました。
2010.01.20
1刷 111
ページ半ば
4刷
public override char this[int i]{
public override char this[int i]{

2012.08.20
1刷 114
サンプルプログラム下から7行目
3刷
"。,"
"°,"

2箇所あります。
2010.01.20
1刷 132
「ボックス化」の図中の「=」の説明
4刷
int型はInt32構造体と同等です(P.112参照)
int型はInt32構造体と同等です(P.172参照)
2012.08.20
1刷 155
6行目および右の解説
6刷
int a = rnd.Next(1, 30); // 正解 範囲が1~30の乱数を発生させ
int a = rnd.Next(1, 31); // 正解 範囲が1以上31未満の乱数を発生させ
2014.07.01
1刷 156
ソースコードの16行目
4刷
w.Close(
w.Close();
2012.08.20
1刷 187
「null許容型における型キャスト」の1つ目の例
4刷
int? からint へ 暗黙的に型キャストが行われています
int からint? へ 暗黙的に型キャストが行われています

a = 5;」を指しています。
2012.08.20
1刷 190
「右シフト演算子」の図の左下
4刷
最上位には0が補充されます
最上位には0が補充されます (符号付きの型の変数にマイナスの値が代入されているときは1が補充されます)

補足しておきます。
2012.08.20