SAP SQL Anywhere 17 自己管理型RDBMS入門ガイド(SQL Anywhere解説書出版プロジェクトチーム)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. SAP SQL Anywhere 17 自己管理型RDBMS入門ガイド

SAP SQL Anywhere 17 自己管理型RDBMS入門ガイド


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798143699
定価:
本体3,800円+税
仕様:
B5変・408ページ
分類:
データベース

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAP社のエンタープライズ向けデータベース製品「SAP SQL Anywhere」は、自己管理型の高性能RDBMS「SAP SQL Anywhere」と、iPhoneなどのモバイル端末でも稼働する超小型RDB「Ultra Light」、異種のデータベースと何万ものSQL AnywhereまたはUltra Lightデータベースとの同期が可能なミドルウェア「Mobile Link」、そして多彩な管理ツールなどを同梱したスイート製品です。その中核をなすRDBMS SAP SQL Anywhereは、1ユーザーから数百万ユーザーレベルまで、そしてUNIXサーバーからLinux、Mac OS、Windows、さらにはARM Linuxベースのシングルボードコンピューティングまで対応する高性能、軽量RDBMSです。

Javaや.NETフレームワークのほかにもPerl、PHP、Python、Ruby、Diangoなど多数のプログラミング環境をサポートし、アプリケーションへのデータベースの埋め込みも容易です。

日本での約10年ぶりの解説本となった本書では、SAP SQL Anywhereのインストールからバックアップ/リカバリなどRDBMSとしての基本的な機能、進化したチューニング機能、高可用性、負荷分散などのエンタープライズ向け機能について解説するとともに、クラウド版や他社製データベースとのデータ同期、Ultra Lightを用いたモバイルアプリケーションの開発例など、SQL Anywhereスイートの全体像を解説します。IoT(モノのインターネット)が話題となるなか、大量のセンサーデータのさまざまな活用が注目されています。本書はIT環境の革新に合わせて進化するSQL Anywhereを知るための最適な1冊です。


第1章 SAP SQL Anywhereとは
第2章 SQL Anywhere の使い方
第3章 SQL Anywhereの内部動作
第4章 パフォーマンスチューニング
第5章 バックアップとリカバリ
第6章 高可用性構成とスケールアウト構成
第7章 Programming API
第8章 Mobile Link
第9章 Ultra Light
第10章 SAP SQL Anywhereのユースケースと事例
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。