独習Git(リック・ウマリ 吉川邦夫)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 独習Git

独習Git



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798144610
価格:
本体3,280円+税
仕様:
B5変・440ページ
分類:
開発管理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分散型バージョン管理システム「Git」は、現代のプログラム開発では必須の技術となってきました。現在のソフトウェア開発は多人数のプロジェクトとなり、バグフィックス、バージョンアップ、異なるエディション(Windows版/Macintosh版など)への分岐が生じます。Gitは、プログラムの開発の履歴を管理し、以前のバージョンへ戻したり、改編箇所の衝突を回避したりといったソースコードの管理が可能です。

本書は、いままでGitを使っていなかった方でもしっかりとした知識が身に付くように執筆された入門書です。バージョン管理システムは以前からありましたが、Gitは分散開発への対応が充実しており、「決定版」として普及しています。また、インターネットのGit Hubと組み合わせたオープンなソフトウェア開発も実現可能です。

本書を読むことで、Gitの基礎が身につくのはもちろん、さまざまな使いこなし、プロジェクトへの適用方法、開発支援サービスの利用についての知識が得られます。たんなるGit解説書としてではなく、一から学べる入門書としてお読みいただけます。丁寧かつ充実した内容で、現場で応用可能な技術がしっかりと身に付く一冊です。


第1章 はじめに
第2章 Gitとバージョン管理の概要
第3章 Gitに馴染む
第4章 リポジトリの作り方と使い方
第5章 GUIでGitを使う
第6章 ファイルの追跡と更新
第7章 変更箇所をコミットする
第8章 Gitというタイムマシン
第9章 ブランチ(支線)を辿る
第10章 ブランチをマージ(統合)する
第11章 クローン(複製)を作る
第12章 リモートとの共同作業
第13章 変更をプッシュ(送出)する
第14章 同期を保つ(プル)
第15章 ソフトウェア考古学
第16章 {git rebase}を理解する
第17章 ワークフローとブランチの規約
第18章 GitHubを使う
第19章 サードパーティ製ツールとGit
第20章 Gitを研ぎすませる

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年12月26日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 006
1.4.3 Windows 2行目の冒頭
2刷
http://msysgit.github.io/
https://gitforwindows.org/
2018.04.16
1刷 015
リスト2.2のコマンド最終行
2刷
cp ?r RickUmaliVanityWebsite …
cp -r RickUmaliVanityWebsite ...

「?r」を「-r」に修正
2018.04.16
1刷 026
訳注*11
2刷
blameは、責任を追わせる
blameは、責任を負わせる
2018.04.16
1刷 048
4.1項の3行目
2刷
バージョン管理におけるレジストリの基礎
バージョン管理におけるリポジトリの基礎
2018.04.13
1刷 075
リスト5.1 単純なGUIプログラム
2刷
button .submit -text "git" -command catch { exec git --version results ; puts $results }
button .submit -text "git" -command { catch { exec git --version } results; puts $results }

「catch」の前に「{ 」(カッコ+スペース)を追加
2018.04.16
1刷 107
リスト7.8の1行下
3刷
この2つの変数に含まれる値を追加せよ、
この2つの変数に含まれる値を加算せよ、
2018.12.26
1刷 113
最後の行
2刷
これから、図7.19でマークした…
これから、図7.21でマークした…
2018.04.16
1刷 114
図7.21
2刷
2018.04.17
1刷 122
訳注3のディレクトリ削除コマンドのオプション
2刷
rm -rg bigger_file
rm -rf bigger_file
2018.04.17
1刷 136
図8.11のキャプション
3刷
最後のコメントを指している
最後のコミットを指している
2018.12.26
1刷 146
リスト8.11 2行目
2刷
git show master@3
git show master@{3}

「3」を{}で囲む
2018.04.17
1刷 168
リスト9.5
2刷
158b7ef HEAD@0 2bd20cb HEAD@1 158b7ef HEAD@2 158b7ef HEAD@3
158b7ef HEAD@{0} 2bd20cb HEAD@{1} 158b7ef HEAD@{2} 158b7ef HEAD@{3}

{}を追加(4か所)
2018.04.17
1刷 170
「9.4.2 スタッシュをポップする」の2行上
3刷
この状態なら、あなたはgit checkoutで
次の状態なら、あなたはgit checkoutで
2018.12.26
1刷 182
リスト10.4の次のコマンドの下
2刷
この長いコマンドをgit logという別名で…
この長いコマンドをgit lolという別名で…
2018.04.17
1刷 204
下から4行目
2刷
mathリポジトリには4本のブランチが…
mathリポジトリには3本のブランチが…
2018.04.17
1刷 214
下から2行目
2刷
このシナリオをあなたのPC上で作るのは研究課題にしよう。
このシナリオをあなたのPC上で作るのを必須課題にしたい。
2018.04.17
1刷 234
下から6行目
2刷
Clone Existing Repository(既存リポジトリを開く)
Clone Existing Repository(既存リポジトリを複製する)
2018.02.22
1刷 236
表12.1の最後
2刷
GIT_TRACE_PACKET git ls-remote REMOTE
GIT_TRACE_PACKET=1 git ls-remote REMOTE
2018.04.17
1刷 275
下から7行目
3刷
リモートmasterブランチは、既にあなたのリモートリポジトリに置かれている
リモートmasterブランチは、既にあなたのローカルリポジトリに置かれている
2018.12.26
1刷 325
演習の2段落目の2行目
2刷
図15.6に示すような…
図16.5に示すような…
2018.04.17
1刷 364
本文2行目の図番号
2刷
(図19.10の右側を…
(図18.10の右側を…
2018.04.17
1刷 414
課題3の2行目
2刷
git status
git statsu

間違ったつづりで入力することが求められている
2018.04.17