1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発 C#によるAndroid/iOS UI制御の基礎

Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発 C#によるAndroid/iOS UI制御の基礎


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798149813
価格:
本体3,480円+税
仕様:
B5変・392ページ
分類:
プログラミング(Web系)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AndroidもiOSも。
C#を使ったクロスプラットフォーム開発に挑戦!

これまで別々の言語や環境で開発していたAndroid/iOSアプリを
共通の言語(C#)や環境(.NET Framework)で作成する
注目の開発環境Xamarin。

マイクロソフトMVP受賞経験のある著者が、豊富なアプリケーション開発の
経験を活かし、すべてのモバイルアプリ開発者に向けてXamarinネイティブ
によるクロスプラットフォーム開発を徹底解説しました。

本書は「Xamarinとは何か」にはじまり、汎用ライブラリMVVMCrossを
使って、本格的なクロスプラットフォームを開発するノウハウまで、
ミニサンプルアプリを作りながらわかりやすく学ぶことができます。

また、特にAndroid/iOS開発経験のある読者のために、
JavaやObjective-C、Swiftと比較しながらの解説も行っています。

現場の開発者のための、Xamarinを使ったクロスプラットフォーム開発を
スムーズに学べる一冊です。

~~~本書の内容~~~

Part 1 Xamarinの基礎
-- Chapter 1 Xamarinについて学ぼう

Part 2 Xamarinでアプリを作る
-- Chapter 2 Visual StudioでAndroidキッチンタイマーを作ろう
-- Chapter 3 Visual StudioでiOSキッチンタイマーを作ろう
-- Chapter 4 同一プロジェクトでAndroid/iOSアプリを作ろう

Part 3 MVVMCrossを使う
-- Chapter 5 MVVMCrossについて学ぼう
-- Chapter 6 MVVMCrossでアプリを作ろう(準備編)
-- Chapter 7 MVVMCrossでアプリを作ろう(データバインディング編)
-- Chapter 8 MVVMCrossを使いこなそう


本書の内容

Part 1 Xamarinの基礎
-- Chapter 1 Xamarinについて学ぼう

Part 2 Xamarinでアプリを作る
-- Chapter 2 Visual StudioでAndroidキッチンタイマーを作ろう
-- Chapter 3 Visual StudioでiOSキッチンタイマーを作ろう
-- Chapter 4 同一プロジェクトでAndroid/iOSアプリを作ろう

Part 3 MVVMCrossを使う
-- Chapter 5 MVVMCrossについて学ぼう
-- Chapter 6 MVVMCrossでアプリを作ろう(準備編)
-- Chapter 7 MVVMCrossでアプリを作ろう(データバインディング編)
-- Chapter 8 MVVMCrossを使いこなそう

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

  • Visual Studio 2017でプロジェクトテンプレートが変更された

     本書執筆時点からVisual Studioがアップデートされ、
    172ページ「4-2 プロジェクトを新規作成する」で紹介
    している手順は実行できなくなりました。

     そこで、著者により追加情報としてVer.15.7における
    プロジェクト作成手順がまとめられましたので、公開
    いたします。

     下のリンクからPDFがダウンロードできますので、
    本書172ページから176ページの代替資料としてご活用
    ください。

    追加資料PDF

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2018年07月11日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 000
追加情報があります
Visual Studio 2017 Ver.15.7において、プロジェクトテンプレートが変更されました。 そのため、プロジェクトの作成方法を「追加情報」のページに掲載しています。そちらも併せてご覧ください。
2018.07.11