エンジニアを説明上手にする本 相手に応じた技術情報や知識の伝え方 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. エンジニアを説明上手にする本 相手に応じた技術情報や知識の伝え方

エンジニアを説明上手にする本 相手に応じた技術情報や知識の伝え方


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798150673
価格:
本体2,200円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

説明下手なエンジニアを変える、わかりやすい説明の技術・パターン・プロセスを伝授!

IT技術者は、顧客向けの使用方法解説、経営者向けのシステム提案、新人向けの技術教育など、
自分の持つ技術情報や知識を他者に伝えなければならない場面にしばしば遭遇します。

そういった場面では、わかりやすく相手の立場に応じた的確な説明をする「説明力」が必要ですが、
専門的なスキルを持つ技術者がそれらを身に付ける機会は残念ながらなかなか多くありません。

そこで本書では、わかりやすい説明をするために重要な3つのフェーズ
・プランニング(材料出しと情報の整理)
・ライティング(情報のつなぎ・整形)
・デリバリー(口頭説明)
に分けて、技術者が説明力をアップするための多数のテクニックを例とともに紹介します。

IT技術者に向け、複雑な情報をわかりやすく表現するための研修を多数行う著者による、
「説明が苦手なエンジニア」必読の一冊です。

まえがき

第1章 「説明する」場面によって押さえるべきポイントはこんなに違うもの
1.1 まずは「説明」する仕事の全体像を俯瞰してみよう
1.2 説明力向上のための超基本の大原則「分類してラベルを付ける」
1.3 1日3分・3行ラベリングのススメ
1.4 上級ビジネスパーソンに話をするための10箇条
1.5 場面に応じて「ターゲット」を分析する習慣を持とう

第2章 プレゼンテーションの種類と段取り
2.1 「説明上手」になるために必要な「知識」はごく少ない
2.2 「プレゼンテーション」の定義とは?
2.3 プレゼンテーションは大まかに2種類あると考える
2.4 「説明」のプロセスを考える

第3章 プランニングとライティングの基本とは
3.1 プランニングのコツ
3.2 ライティングのコツ

第4章 デリバリー:口頭説明の技術を知っておこう
4.1 口頭説明の技術とは?
4.2 ボイスコントロール
4.3 ジェスチャー
4.4 インタラクション
4.5 プレゼンス

第5章 情報を構造化するパターンを知っておこう
5.1 なぜ構造化が必要なのか?
5.2 因果関係を表すパターンのバリエーション
5.3 フロー&コメントのパターン
5.4 「仕組み」が見えるように構造化する

あとがき
索引

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。