1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. PHPの絵本 第2版 Webアプリ作りが楽しくなる新しい9つの扉

PHPの絵本 第2版 Webアプリ作りが楽しくなる新しい9つの扉


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798151649
価格:
本体1,680円+税
仕様:
B5変・264ページ
分類:
プログラミング(Web系)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラム初心者のためのPHP入門書がリニューアル!

10年以上にわたって親しまれてきたWeb開発言語PHPの解説書『PHPの絵本』は、
プログラム経験のない人でも勉強が始められるように考えられた、とてもやさしい
入門書です。新版では、従来の分かりやすい部分はそのままに、内容を全体的に
見直してお届けします。

「PHPは初めて」「アプリケーションって難しそう」という方にも、そもそも
プログラムとはどんなものなのかというところから学んでもらえるように
配慮されています。機能的にも充実したPHPの最新事情もフォローし、
充実したアプリケーション作りの第一歩をここから踏み出すことができます。

本書を読むのにプログラム言語の知識は一切不要です。もっとも親しみやすい
PHP言語の入門書として、現代の環境に合わせてアップデートされた、安心して
勉強を始められる一冊です。

【翔泳社の「絵本」シリーズのラインナップをアップデート】
翔泳社の「絵本シリーズ」は名前のとおり、絵本のように豊富なイラストと要点を
押えた簡潔な解説でコンピュータ技術に入門できる初心者向けのシリーズです。
すべての単元を2ページ単位で読みやすくまとめ、基礎に徹した内容で、言語/技術の
初心者や手軽に習得したい方のお役にたてるようになっています。

このたび、翔泳社は「絵本シリーズ」を全面的に改訂し、内容を現在の技術に
合わせて見直しました。シリーズラインナップ全体をリニューアルし、新パッケージで
お届けします。

新しい「絵本シリーズ」では、旧来の分かりやすさ、親しみやすさ、基礎に
徹した内容というコンセプトはそのままに、Web/ネットが全盛となった現在の
コンピュータ技術の潮流に合わせた解説を心掛けます。『Cの絵本』『Javaの絵本』を
皮切りにラインナップを順次刷新、さらに新しい仲間を増やしてラインナップを
充実していきます。


PHPをはじめる前に
第1章 基本的なプログラム
第2章 変数と配列
第3章 演算子
第4章 制御文
第5章 関数
第6章 文字列操作
第7章 インターネットとの連携
第8章 データの管理
付録
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数
電子書籍 最終更新日:2018年06月19日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 030
ページ下の表
書式キャスト後の型
(int) (integer)整数
(float) (double)浮動小数点型
(real)論理型
(bool) (boolean)文字列
(string)配列
(array)オブジェクト
書式キャスト後の型
(int) (integer)整数
(float) (double) (real)浮動小数点型
(bool) (boolean)論理型
(string)文字列
(array)配列
(object)オブジェクト
2017.06.02
1刷 031
strval関数のサンプルコード
$a = 1; ←論理型 $a = true; ←整数型 $b = 1234; $str1 = strval($a); ←| $str2 = strval($b); ←|-文字列に変換します
$a = true; ←論理型 $b = 1234; ←整数型
$str1 = strval($a); ←| $str2 = strval($b); ←|-文字列に変換します
2017.09.22
1刷 032
一番下、キャラクターの吹き出し部
変数の値がnullであるときは、「nullという値が入っている」のでtrueになります。
変数の値がnullのときは、isset()の結果はfalseになります。
2017.10.03
1刷 060
中ほどの表
演算子働き使い方意味
&&、andかつ($a >= 10) && ($a < 50)$aは10以上かつ50未満
||、orまたは($a == 1) || ($a == 100)$aは1または100
!、not~ではない!($a == 100)$aは100ではない
演算子働き使い方意味
&&、andかつ($a >= 10) && ($a < 50)$aは10以上かつ50未満
||、orまたは($a == 1) || ($a == 100)$aは1または100
!~ではない!($a == 100)$aは100ではない
2017.09.22
1刷 060
右下の図中文字列
!A(またはnot A)
!A
2017.09.22
1刷 066
優先順位演算子同順位のときの計算の流れ
1new clone
2[
3**
4++ -- ~ (int) (float) (string) (array) (object) (bool) @
5instanceof
6!
7* / %
8+ - .
9<< >>
10< <= > >=
11== != === !== <> <=>
12&
13^
14|
15&&
16||
17??
18?:
19= += -= *= **= /= .= %= &= |= ^= <<= >>=
20and
21xor
22or
優先順位演算子同順位のときの計算の流れ
1new clone
2[
3**
4++ -- ~ (int) (float) (string) (array) (object) (bool) @
5instanceof
6!
7* / %
8+ - .
9<< >>
10< <= > >=
11== != === !== <> <=>
12&
13^
14|
15&&
16||
17??
18?:
19= += -= *= **= /= .= %= &= |= ^= <<= >>=
20and
21xor
22or
2017.09.22
1刷 152
「エラーハンドリング」のプログラム中テキスト
例外が起こりそうな部分
エラーが起こりそうな部分
2018.06.19
1刷 166
「①ファイルを開く」のコード
$fp = @fopen("file1.txt", "r") or die "File Open Error!\n";
$fp = @fopen("file1.txt", "r") or die("File Open Error!\n");
2017.10.03
1刷 166
「②データを読み込む」
●本文2行目:ファイルから指定したバイト数分のデータを読み込むこともできます。 ●コード:$line = fgets($fp, 5); ●キャラクターの吹き出し部:「改行は1バイトとして数えます。」
●本文2行目:ファイルから指定したバイト数-1分のデータを読み込むこともできます。 ●コード:$line = fgets($fp, 6); ●キャラクターの吹き出し部:「改行は1バイトとして数えます。(Windowsで作成したテキストファイルは2バイト)
2017.10.03
1刷 168
下のイラスト中、キャラクターの吹き出し部
改行は1バイトとして数えます。
改行は1バイトとして数えます。(Windowsで作成したテキストファイルは2バイト)
2017.10.03
1刷 179
上から2つ目のプログラム、「$result」の説明テキスト
クエリの実行結果exec()の 戻り値を指定します。
クエリの実行結果query()の 戻り値を指定します。
2018.06.19
1刷 192
下から3行目
ファイルロックはロックが解除されるか、fclose()関数でファイルが閉じられるまで有効
ファイルロックは、fclose()関数でファイルが閉じられるまで有効
2017.10.03
1刷 197
中ほどのサンプルコード
$r = mb_internal_encoding($s);
$r = mb_encode_mimeheader($s);
2017.09.22
1刷 234
>>データベース利用のための設定
2)「;extension=php_pdo_sqlite.dll」の一行を探します。
2)「;extension=php_sqlite.dll」の一行を探します。
2018.06.19