ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング 電子書籍(合同会社デジタルポケット)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798152318
価格:
本体1,800円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発陣、自らが書いた世界初のビスケット入門書
4歳でもできる!粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう

園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できる
知育・学習書です。

この本では、スマートフォンやタブレット、ブラウザでカンタンに使える、
ビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験してもらいます。
ビスケットとは、絵を描いて遊びながらプログラミングできる、
ビジュアルプログラミング言語です。

操作はカンタン!
1.ビスケットで絵を描く
2.「メガネ」で動きを作る

これだけでプログラムが作れます。

就学前や小学校低学年のお子さんは、まずはお父さん、お母さんが一緒に
プログラムを作ってみてください。直観的にプログラムを作れるので、
一度やれば、あとはどんどん自分でいろいろな動きのプログラムを考えて
創り出すことができるはずです。ビスケットでプログラムを作ることで、
子どもたち自らが考え、創造し、伝える力を育むことができます。

コンピュータは、プログラムで動いています。通常、プログラムは
難しい文字で書かれているので、文字、つまりコンピュータ用の専門の言語を
おぼえないと作れません。

しかし、ビスケットでは、まず絵を描いて、その絵の「変化(動き)」の仕方を
「メガネ」という部品を使ってコンピュータに教えてあげます。これによって、
絵を動かすプログラムを作ることができます。

一見単純な動きしか作れないように思えますが、アイデア次第でアニメーション、
ゲーム、音楽など、いろいろな動きを作ることが可能です。

難しいことをおぼえなくても、直観的にコンピュータの仕組みに触れつつ、
プログラミングの楽しさを知ることができます。ビスケットには、スマートフォン、
タブレットで動くアプリ版、ブラウザ版があります。親子でプログラミングを
楽しんでください!

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

著者

著者

原田 康徳

合同会社デジタルポケット代表/計算機科学者/ビスケット開発者/ワークショップデザイナー

北海道生まれ。粘土と電子ブロックであそぶ子どもでした。中学ではトランペットを吹いて、音楽家を夢見た時期もありました。電気の勉強をしたくて旭川高専電気工学科に入り、16歳から寮生活をしました。そこでコンピュータに出会い、もっと勉強をしたくなって北海道大学応用物理学科に編入学したあと、コンピュータの研究をして博士になりました。NTTの研究所でプログラミング言語を新しく作ったりしている中で、ビスケットを発明しました。ビスケットをよりよくするために、美術や教え方の勉強をして、いまはビスケットを作ったり普及させたりする会社を運営しています。

著者

著者

渡辺 勇士

合同会社デジタルポケット チーフファシリテーター/ワークショップデザイナー

東京都生まれ。僕は小学校低学年のときは漫画が大好きで、3年生くらいから中学校1、2年生まではファミコンばかりやってました。大学は明治大学で、商業の勉強をしました。卒業したあと、繊維の商社、Yシャツの卸問屋や、眼鏡店、非営利教育団体で働くかたわらで、文章とか演劇とか音楽とかで自分らしく表現することの大事さを知りました。その後、もっといろんなことが学びたくて青山学院大学大学院に入学し、そこでビスケットと出会いました。ビスケットは、楽しく自分を表現できるプログラミングツールです。いまはプログラミングがもっと知りたくて勉強中です。

著者

著者

井上 愉可里

合同会社デジタルポケット デザイナー・ファシリテーター/ワークショップデザイナー

熊本県生まれ。佐賀で育ち、8歳からは横浜で過ごしました。小さい頃は、絵を描いたり折り紙やあやとりなどで遊んでいました。本や映画なども好きで、特に宮崎駿さんが作る物語に憧れて、自分でも作りたいと思うようになりました。武蔵野美術大学で空間演出デザインを学び、卒業後は地域新聞の制作を経て、グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所に10年勤めました。最近は子どものための創造や表現の場作りに興味を持ち、ワークショップの勉強と子ども向けワークショップの企画実施をしています。その中でビスケットに出会いました。ビスケットを使うことで、作ることや表現することの楽しさを伝えていきたいです。

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。