1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 独習C# 新版

独習C# 新版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798153827
価格:
本体3,600円+税
仕様:
B5変・624ページ
分類:
プログラミング(その他)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“標準教科書”が完全書き下ろしで7年ぶり新登場!
C#プログラミングに必要な知識・概念・機能を
体系的かつ網羅的に習得!

C#言語の独学に最適な標準教科書として、
長年にわたって読まれてきた『独習C#』。
プログラミング言語入門書の執筆で定評のある
山田祥寛氏による完全書き下ろしにて新登場です!

本書では、C#でオブジェクト指向プログラミングを
行う際に必要となる基本的な知識・概念・機能、
C#の文法・プログラムの書き方を、さまざまな
サンプルプログラムを例示しながら詳細かつ丁寧に
解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、
解説→例題(サンプル)→理解度チェックという
3つのステップで、C#の文法を完全習得できます。

[ポイント]
●C#言語の独学に最適な教科書として好評の『独習C#』最新版。
初心者がC#言語を学ぶにふさわしい一冊

●C#でプログラミングを行う際に必要となる
基本的な知識・概念・機能、文法・書き方を、
網羅的かつ体系的に習得できる

C#言語の入門者、これからC#言語で開発を始めたい
初学者から、再入門者、学生・ホビープログラマまで、
「一からC#言語を学びたい」「C#プログラミングの基本を
しっかり身につけたい」という方におすすめの一冊です。


第1章 イントロダクション
第2章 C#の基本
第3章 演算子
第4章 制御構文
第5章 標準ライブラリ
第6章 コレクション
第7章 オブジェクト指向構文(基本)
第8章 オブジェクト指向構文(カプセル化/継承/ポリモーフィズム)
第9章 オブジェクト指向構文(名前空間/例外処理/ジェネリックなど)
第10章 ラムダ式/ LINQ
第11章 高度なプログラミング
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2018年05月08日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 029
本文7行目
2刷
 [2]を優先して利用することをお勧めします。
 [1]を優先して利用することをお勧めします。
2018.05.08
1刷 042
表2.3 組み込み型 整数型(符号なし)の.NET型 3項目
2刷
Unit16 Unit32 Unit64
UInt16 UInt32 UInt64
2018.05.08
1刷 042
表2.3 doubleの範囲
2刷
-1.79769313486232×10308 ~1.79769313486232×10308
-1.79769313486232×10^308 ~1.79769313486232×10^308
2018.05.08
1刷 058
図2.9 吹き出しの中
2刷
= 128(10)
= 127(10)
2018.05.08
1刷 075
ジャグ配列の場合のコード例末尾 (本文12行目)
2刷
Console.Writeline(data.Length);
Console.Writeline(jagged.Length);
2018.05.08
1刷 075
本文 14行目
2刷
変数dataはint[]型の要素を3個持っています。
変数jaggedはint[]型の要素を3個持っています。
2018.05.08
1刷 091
3.3.4 項 リスト3.9上の本文
2刷
変数scoreが70以上であれば「合格」
変数scoreが70以上であれば「合格!」
2018.05.08
1刷 097
本文7行目
2刷
つまり、ここでは「0111」(10進数では10)
つまり、ここでは「1010」(10進数では10)
2018.05.08
1刷 097
図3.11 10進数の値
2刷
5
10
2018.05.08
1刷 157
[構文]書式指定子
2刷
{index, [,align] [:format[prec]]
{index [,align] [:format[prec]]
2018.05.08
1刷 162
本文 最終行
2刷
大文字/小文字を区別する方法については
大文字/小文字を区別しない方法については
2018.05.08
1刷 178
[2]指定された年月日、時分秒から生成する 本文
2刷
分であれば0~60です。
分であれば0~59です。
2018.05.08
1刷 199
リスト5.45 DirectoryProcess.cs 最終行
2刷
dir2.Delete(ture);
dir2.Delete(true);
2018.05.08
1刷 226
表6.7 Queueクラスの主なメンバー
2刷
void Enqueue(T item) キュー先頭に要素itemを追加 T Dequeue() キューの末尾から要素を取得&削除 T Peek() キューの末尾から要素を取得(削除はしない)
void Enqueue(T item) キューの末尾に要素itemを追加 T Dequeue() キューの先頭から要素を取得&削除 T Peek() キューの先頭から要素を取得(削除はしない)
2018.05.08
1刷 290
本文 6行目
2刷
「こんばんは、山田太郎さん!」となります。
「はじめまして、山田太郎さん!」となります。
2018.05.08
1刷 353
リスト8.16 ConstArgs.cs 10行目
2刷
class MConstArgs
class ConstArgs

Mを削除
2018.05.08
1刷 430
本文 4行目
2刷
「フィールド'Coodinates.Latitude'は、
「フィールド'Coodinates.Longitude'は、
2018.05.08
1刷 572
リスト11.B Practice2.cs 下から2行目
2刷
return [ (6) ] Task.[ (7) ]() => {
return [ (6) ] Task.[ (7) ](() => {
2018.05.08