なっとく!ディープラーニング(AndrewW.Trask 株式会社クイープ 株式会社クイープ)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. なっとく!ディープラーニング

なっとく!ディープラーニング 発売予定


監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798155012
価格:
本体2,600円+税
仕様:
B5変・336ページ
分類:
人工知能・機械学習

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機械に学習させる調教師への道

【本書の内容】
本書は
Andrew W. Trask, "Grokking Deep Learning",
Manning Publications 2019
の邦訳版です。

業種を問わず、すべての局面において自動化が強烈に推進されている昨今、
機械学習/深層学習(ディープラーニング)の重要性は増すばかりです。

本書は「機械が学習する」というテーマのもと、
その根幹を成す「ディープラーニング」という手法を平易に解説した書籍です。

一般に「ディープラーニング」というと、その背景となる数学的厳密性を全面に押し出し、
微に入り細に入る解説が仇となって、面白くなるとばぐちでリタイアすることになりがちです。
本書は数学的厳密性はそこそこに、むしろディープラーニングの全体像を俯瞰し、
ディープラーニングがカバーする範囲とその構築方法、
そしてそのための基礎知識をイメージしてもらえるように工夫しています。

Webアプリケーションを開発する際に、フレームワークによってインフラを意識することなく
サービスを構築できるようなスタイル、と言えばいいでしょうか。

なにはともあれ、最初に提示されるPythonコードを「暗記」してみてください。
それを拡張することで、機械に学習させる「調教師」になれることが分かるはずです。

【本書のポイント】
・数式を使った基礎理論ではなく「扱える」ディープラーニングを学べる
・線形代数、微積分、凸最適化はもちろん、機械学習の知識も前提としない
・ニューラルネットワークの基礎から上位層やアーキテクチャを学べる
・Python 3.x系で実際に試せる

【読者が得られること】
・ディープラーニングの全体像
・ニューラルネットワークの基礎
・学習精度の上げ方
・各種フレームワークによる実装法


目次
第 1章:ディープラーニング入門
第 2章:基本概念
第 3章:ニューラル予測
第 4章:ニューラル学習
第 5章:一度に勾配の重みを学習する
第 6章:初めてのディープニューラルネットワークの構築
第 7章:ニューラルネットワークの描き方
第 8章:シグナルを学習し、ノイズを取り除く
第 9章:確率と非線形性のモデル化
第10章:エッジとコーナーに関するニューラル学習
第11章:言語を理解するニューラルネットワーク
第12章:シェイクスピアのような文章を書くニューラルネットワーク
第13章:自動最適化
第14章:シェイクスピアのような文章を書くための学習
第15章:未知のデータでのディープラーニング
第16章:次のステップ

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。