Pythonの絵本 Pythonを楽しく学ぶ9つの扉(株式会社アンク)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Pythonの絵本 Pythonを楽しく学ぶ9つの扉

Pythonの絵本 Pythonを楽しく学ぶ9つの扉


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798155135
定価:
1,958(本体1,780円+税10%)
仕様:
B5変・216ページ
分類:
プログラミング・開発
シリーズ:
絵本

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽に学びたい人の味方!人気の絵本シリーズにPython登場!

Pythonはコンパイラを使わずに実行できるインタープリタ型の言語でありながら、データ分析など最新のコンピューティングの現場でひろく活用されています。

本書では「プログラミングについて何も知らないこと」を前提に、基本からPythonを解説し、さらにリストや関数といった特徴ある機能を紹介していきます。また、章末でプログラミングサンプルを紹介するなど、実戦的な内容も含まれています。
本書には次のような特長があります。

・絵を多用し、短い解説で絵本のようにビジュアルに理解することができます
・2ページを単位とした説明、基礎に絞り込んだ内容でスピーディに学習できます
・予備知識は不要。「プログラミングとはなにか」から入門できます
・Pythonの特徴などや実行の仕組みなど、知識として知っておきたい事柄もフォロー
・クラス/オブジェクトの基本も解説。オブジェクト指向の基礎にも入門できます

【翔泳社の「絵本」シリーズのラインナップをアップデート】
翔泳社の「絵本シリーズ」は、豊富なイラストと簡潔な解説でコンピュータ技術に入門できる初心者向けのシリーズです。言語/技術の超初心者や手軽に習得したい方に最適な入門書です。

新しい「絵本シリーズ」では、旧来の分かりやすさ、親しみやすさ、基礎に徹した内容というコンセプトはそのままに、Web/ネットが全盛となった現在のコンピュータ技術の潮流に合わせた解説を心掛けます。『Cの絵本』『Javaの絵本』を皮切りにラインナップを順次刷新、さらに新しい仲間を増やしてラインナップを充実させていきます。


Pythonの勉強をはじめる前に
第1章 基本的なプログラム
第2章 計算の演算子
第3章 リスト
第4章 制御文
第5章 関数
第6章 文字列
第7章 ファイルと例外処理
第8章 クラスとオブジェクト
付録

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年07月30日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 027
本文1行目、本文3行目
2刷
本文1行目 条件式や代入式は 本文3行目 代入式では、代入した値がその代入式全体の値になります。
本文1行目 条件式は 本文3行目 (文章を削除します)

本文3行目の文章の削除に伴い、文章の下の代入式と図も削除します。
2018.12.03
1刷 054
「辞書のキーのリストを作る」の緑の四角内
3刷
a = {'PS3 : 30, 'PS4 : 3, 'PS2 : 50}
a = {'PS3' : 30, 'PS4' : 3, 'PS2' : 50}
2020.09.30
1刷 071
「for文を使って辞書の内容を取り出す」の例の説明 上から4行目
3刷
value() メソッドを使って辞書の値の
values() メソッドを使って辞書の値の
2020.09.30
1刷 076
「繰り返しを中断する」の本文 上から2行目
3刷
一番近いブロックの終わりにジャンプします。
一番近い繰り返しのブロックの終わりにジャンプします。

上記の文の下にある「break」の図の中の文章も同様に訂正します。
より適切な表記に修正いたしました。
2020.09.03
1刷 077
例の枠内
3刷

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)
2021.07.30
1刷 082
ソースコード内の説明 上から1行目
ランダムに数値を決めるrandict ( )を
ランダムに数値を決めるrandint ( )を
2020.09.30
1刷 082
ソースコード 上から1行目の説明、上から13行目
3刷
上から1行目の説明 ランダムに数値を決めるrandict() を 上から13行目 if 0 > a or a > 10:
上から1行目の説明 ランダムに数値を決めるrandint() を 上から13行目 if 1 > a or a > 10:
2020.09.30
1刷 102
「●カレンダーを表示する」のソースコード 下から6行目
3刷

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

訂正前のコードでも動作はしますが、より適切な表記に修正いたしました。
2020.08.27