奪われし未来 増補改訂版 オーディオブック|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オーディオブック >
  3. 奪われし未来 増補改訂版

奪われし未来 増補改訂版



翻訳
原著

形式:
オーディオブック
発売日:
ISBN:
9784798156217
価格:
1,540(本体1,400円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『環境ホルモン』すべてはこの1冊から始まった。
合成化学物質とその安全性にまつわる驚くべき最新情報を描き、
発刊と同時に論争を巻き起こした、21世紀への警告の書をオーディオブック化!

原著者による3章分の書き下ろしと日本の現状に関する解説を追加した、97年刊の増補改訂版。
人間の活動がいかにして環境に、そして人間自身に影響を与えてきたかを明らかにする、衝撃の一冊です。

膨大な科学データをもとに、人間の活動によって生み出された合成化学物質が
地球の動植物の生態を変化させ、多くの野生動物を死滅させたうえ、
人間の生殖機能にも影響を与える、という本書の報告は、発刊直後に一大センセーションを巻き起こしました。

外因性内分泌撹乱物質(環境ホルモン)と呼ばれるこの物質の存在を世に知らしめた本書の指摘は、
様々な科学研究により、新たな事実が提示され20年以上を経た今日でも、
人間活動が環境に与える影響の大きさとその恐ろしさを伝えています。

私たちの生活と、自然環境の変化とは、どのように結びついているのか。
私たち一人一人は、どのように考え、行動すればよいのか。

科学者による警告という形で人間活動の本質を暴いた本書は、あなたにとって決して無関係ではありません。
あなた自身が自然環境について考え、行動するきっかけを与えてくれることでしょう。

(出典:audiobook.jp)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年03月24日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 085
右から1行目
結局、サイドマイドが市場と医療関連施設から全面撤廃されるまでに
結局、サリドマイドが市場と医療関連施設から全面撤廃されるまでに
2021.03.24
1刷 265
左から5行目
精巣下降の見られない男性は精巣がんになる確立が高く、
精巣下降の見られない男性は精巣がんになる確率が高く、
2021.03.24
1刷 327
左から2行目
これほど大量に環境内に広がってしまった原因は、農業、
これほど大量に環境内に広がってしまった原因は、農薬、
2021.03.24

感想・レビュー

ひろき@巨人の肩 さん

2019-08-14

Audiobook。奪われし未来の正体、それは内分泌撹乱による生殖異常。所謂、環境ホルモンの人体への巧妙な侵食機構と生物兵器並みの毒性に絶句する。性ホルモンとは体内の情報伝播物質であり、胎児期の一次性徴での性形成を制御する。生殖異常を誘発するホルモン濃度は極微量。環境ホルモンとは難分解性の性ホルモン代替物質であり、母体の蓄積物が胎児に影響する。また一次性徴はセントラルドグマ同様、生物普遍の機構であるため、人のみならず生態系全体に環境ホルモンの蓄積と胎児期の濃度異常による生殖異常をもたらす。

佐島楓 さん

2018-10-15

環境ホルモンやダイオキシンという言葉をほとんど聞かなくなったが、それらの危険性を指摘したのがこの本であった。男女共に戦慄する内容であり、現在の研究の進捗状況を知りたいと思う。最近でもプラスチックのペレットに関する報道はあったが、あくまで動物が飲み込んで死んでいるという文脈だった。こういった内容が忘れ去られることがあってはならない。

そんれい さん

2020-02-11

レイチェル・カーソンが『#沈黙の春』で合成殺虫剤が人体を汚染する経緯を詳細に記した。この本は、カーソンの志をつぎ、合成化学物質がホルモン分泌系の作用をどのように撹乱しているかを、コルボーンが解明していくように語られる。便利な化学製品や食べ物に対する問題意識をしっかりと持って、商品として販売していても安易に購入して使用したり食したりしないようにしなければ。