Amazon Alexa開発ガイド Alexa対応スキル&AVS対応アプリの作り方 (加藤勝也 木村尭海 小林慎治)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Amazon Alexa開発ガイド Alexa対応スキル&AVS対応アプリの作り方

Amazon Alexa開発ガイド Alexa対応スキル&AVS対応アプリの作り方




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798156590
価格:
本体2,800円+税
仕様:
B5変・296ページ
分類:
人工知能・機械学習

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本書の概要】
2017年後半から国内でもAIスピーカーが続々と登場してきました。
その中でも注目されているのが「Amazon Echo」シリーズです。
同シリーズは、Alexa(アレクサ)というAIを搭載しています。

本書は今後様々なWebサービスやデバイスが増えてくると予想される
Amazon Alexaを利用したWebサービスおよびデバイス開発の入門書です。
Part1では、Amazon Alexaの開発環境の準備からはじまり
Amazon Alexaのコア技術であるスキル開発の基本やWebサービスの開発手法を解説します。
Part2では、AVS(Alexa Voice Service)やRaspberry Piを利用したアプケーションの開発手法を解説します。
Appendixでは、SSML(Speech Synthesis Markup Language)、
Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェースについて解説します。

【ターゲット層】
AIスピーカーと連携したWebサービスやデバイス開発を考えている方
(Webサービス開発者、組込みエンジニア、Iotデバイス開発者)

【著者】
加藤勝也
新卒で入った某家電メーカーでカメラなどの組込みソフトウェア開発に従事する傍ら、
個人でiOS/Androidの黎明期からアプリ開発を行う。気がついたら組込み屋からモバイルエンジニアに転身。

木村尭海
家電と連携するAndroidアプリやAndroid端末のプリインアプリ開発に従事。
著書に『プロの力が身につく Androidプログラミングの教科書』(ソフトバンククリエイティブ)がある。

小林 慎治
一児の父。Android黎明期からアプリ開発、Android Frameworkの開発に従事する。
現在はWebサービス開発に携わり、LinuxKernelからWebアプリ開発まで幅広くこなす。


会員特典

用語集

本書で登場する用語の一部を掲載しました。本書を読む上で活用してください。

Amazon Alexa開発ガイド 会員特典

Chapter 1 Amazon AlexaとAmazon Echo
Chapter 2 Amazon AlexaとAWSの準備
Chapter 3 スキル開発入門
Chapter 4 スキルのデバッグから公開
Chapter 5 Webサービス連携アプリの開発
Chapter 6 スマートホームスキルの開発
Chapter 7 AVSを利用したアプリケーションの構築方法
Appendix SSML/CLI

付属データはこちら

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年08月09日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 239
本文最後のコマンドの末尾に「 DEBUG9」(空欄は半角スペース)を追加してください。
sudo ./SampleApp/src/SampleApp ./Integration/AlexaClientSDKConfig.json ../third-party/snowboy/resources
sudo ./SampleApp/src/SampleApp ./Integration/AlexaClientSDKConfig.json ../third-party/snowboy/resources DEBUG9
2018.08.09