いまさら聞けないデジタル広告のトリセツ(MarkeZine Digital First) 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. いまさら聞けないデジタル広告のトリセツ(MarkeZine Digital First)

いまさら聞けないデジタル広告のトリセツ(MarkeZine Digital First)

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798156972
価格:
本体700円+税
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル広告業務をこれから初める方向けの入門書登場!
デジタル広告と上手く付き合うためのスキルを8つの視点から解説!

デジタル広告とうまくつき合っていくためには、
デジタル広告の各手法や最新のアドテクノロジーへの理解よりも先に、
施策全体の中で生活者とどのようにコミュニケーションを図るのか、
まず全体像をつかむことが大切です。

デジタル広告の運用はついついサイロ化しがちですが、
全体的な視点を持ちつつ業務を進めることはスキルアップに不可欠です。

これからデジタル広告の運用業務に関わる方はもちろん、
一つ上の視点を持って運用に携わりたいという方にオススメの内容です!

●目次
●第1章「コミュニケーション」と 「調査分析・戦略立案」
●第2章「広告目標の設定」と 「広告戦略の策定」
●第3章「データ種別の違い」と 「ツール導入目的の明確化」
●第4章「生活者行動の把握」と 「ツール活用・調査分析」
●第5章「顧客接点の違い」と 「広告手法の違い」
●第6章「広告配信設計」と 「タグ実装・パラメーター設計」
●第7章「広告効果・広告指標の違い」と 「データ把握・要因分析」
●第8章「レポート作成の効率化」と 「広告効果の可視化」

●著者紹介
奥野 辰広(おくの たつひろ)
ITソリューション企業にWebディレクターとして入社後、ヤフーへ出向。
中堅・中小企業クライアントを中心に約2500社のマーケティング支援。
ECコンサルティング、SEMコンサルティング、メディアリレーション業務を経験。

2011年より、トランスコスモスにて大手企業クライアントを中心に
アドネットワーク・DSPを中心にデジタル広告運用、広告クリエイティブサービスの企画開発、
マーケティングテクノロジーを活用した統合マーケティング支援やDMP構築・分析に関する
コンサルティングに従事。宣伝会議、専修大学ほか社内外の人材育成支援に取り組む。

現在は、事業開発マネージャーとして新規事業の企画立案、事業計画策定、サービス開発、
渉外・アライアンスを推進。主な著書に『サイトの改善と目標達成のためのWeb分析の教科書』
(マイナビ)『WACA初級ウェブ解析士認定試験公式テキスト』(一般社団法人ウェブ解析士協会)など。

●第1章「コミュニケーション」と 「調査分析・戦略立案」

生活者の行動を知り、インサイトを把握すること
 生活者との関わり方と3つのコミュニケーション
 垂直統合で、一貫性を保ったメッセージを顧客ターゲットに届ける
 施策の検証と調査分析から課題抽出し、戦略を考える
 自社の関係を整理し、目標KPIに必要な戦略を立てる

●第2章「広告目標の設定」と 「広告戦略の策定」

KGIとKPIの違いを知り目標設定を具体化する
 目標値を設定し事業の収支構造を事前に分析する
 広告運用前に押さえておきたい3つのポイント
 収支構造を深堀し、予算/スケジュールを具体化
 生活者のインサイトからコミュニケーションを設計
 顧客ターゲットの行動導線をイメージし広告設計を具体化

●第3章「データ種別の違い」と 「ツール導入目的の明確化」

ユーザーを識別するために目的が異なる2つのCookieが存在
 課題整理と仮説設計から施策とデータ連携を逆算する
 マーケターが事前に理解しておくべきデータ連携方法の違い
 利用目的と役割分担を明確にしてからツールを導入

●第4章「生活者行動の把握」と 「ツール活用・調査分析」

生活者行動を把握するための3つの分析アプローチ
 ツール活用や調査分析の手法を検討する
 1.「Fact」視点でのツール活用と調査分析の手法
 2.「Asking」視点でのツール活用と調査分析の手法
 3.「Listening」視点でのツール活用と調査分析の手法
 ツール導入や分析ありきでなく目的を明らかにする

●第5章「顧客接点の違い」と 「広告手法の違い」

ファネル構造で顧客行動と全体像を明らかにする
 顧客接点とユーザー層の違いを理解する
 デジタル広告の対応範囲/広告フォーマットの違いと役割
 メッセージの届け方の違いで広告掲載面と課金形態が異なる

●第6章「広告配信設計」と 「タグ実装・パラメーター設計」

ターゲティングの全体像を理解する
 セグメント条件の抽出
 ターゲティング条件と広告配信設計の詳細
 広告品質に関わる問題とリスク対策
 広告掲載後の基本運用とチューニング
 タグの一括管理と施策連携、URLパラメーター設計

●第7章「広告効果・広告指標の違い」と 「データ把握・要因分析」

広告効果・広告指標の違い~3つの広告効果を把握する
 広告指標の違い
 広告データの把握と要因分析~マクロとミクロ双方の視点で結果を見る
 マクロの視点(広告の全体最適)の要因分析
 ミクロの視点(各広告の個別最適)の要因分析

●第8章「レポート作成の効率化」と 「広告効果の可視化」

レポート作成は工数削減とデータ共有を意識しBIで可視化
 CVパスから生活者行動の把握と広告効果を可視化する
 アトリビューションモデル5つのパターン
 アトリビューション分析と貢献度の可視化

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。