現場で使える!Watson開発入門 Watson API、Watson StudioによるAI開発手法(伊澤 諒太 井上 研一 江澤 美保 佐々木 シモン 羽山 祥樹 樋口 文恵)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 現場で使える!Watson開発入門 Watson API、Watson StudioによるAI開発手法

現場で使える!Watson開発入門 Watson API、Watson StudioによるAI開発手法







形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798158495
定価:
3,080(本体2,800円+税10%)
仕様:
A5・320ページ
分類:
人工知能・機械学習
シリーズ:
AI & TECHNOLOGY

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進化したWatsonでAIアプリを開発しよう!

AIサービスの先駆けでもある「Watson(ワトソン)」。
近年急激な進化を遂げています。
機械学習や深層学習を利用したアプリケーション開発において
利用する開発者の方も増加してきています。

本書は、そうしたWatson の主力サービスである、

・Watson Assistant
・Watson Discovery
・Watson Studio

を軸にした開発手法を紹介する書籍です。

第1部では、Watson、Watson APIとIBM Cloudを利用した
AIサービス開発の基本を紹介します。
第2部では、「Watson Assistant」「Watson Discovery」「Watson Studio」を利用した
AIサービスの開発手法を紹介。
最終章では、ハタプロ社のロボット「ZUKKU(ズック)」の事例なども紹介します。


チャボットも、画像認識モデルもWatson APIとWatson Studioで開発できる!

本書は2部構成になっています。

基礎編

Watson、Watson APIとIBM Cloudを利用したAIサービス開発の基本を紹介します。

応用編

「Watson Assistant」「Watson Discovery」「Watson Studio」を利用したAIサービスの開発手法を紹介。最終章では、ハタプロ社のロボット「ZUKKU(ズック)」の事例なども紹介します。

サンプルはダウンロード提供

本書で使用するサンプルは翔泳社のサイトでダウンロードできます。

■Part 1 基本編■

Chapter 1 Watsonとは
 1.1 Watsonをはじめよう!
 1.2 Watsonで作られたアプリケーションのデモ
 1.3 人工知能の分類とWatsonの位置付け
 1.4 まとめ

Chapter 2 IBM Cloudの「ライト・アカウント」を登録する
 2.1 IBM Cloudの「ライト・アカウント」を登録しよう
 2.2 まとめ

Chapter 3 開発環境を整えて、Watsonを動かしてみる
 3.1 Watsonを実際に動かしてみよう
 3.2 IBM Cloudの開発環境を整えよう
 3.3 開発者向けの情報源やSDKについて知ろう
 3.4 まとめ

■Part 2 応用編■

Chapter 4 Watson AssistantでWatsonと会話をする
 4.1 Watson Assistantを使って会話ロボットを作ってみよう
 4.2 Watson Assistantでアプリケーションを作ってみよう
 4.3 IBM Cloud Functionsと連携させる
 4.4 まとめ

Chapter 5 Watson Discoveryで文書検索をする
 5.1 情報検索エンジンWatson Discovery
 5.2 WatsonをカスタマイズするKnowledge Studio

Chapter 6 Watson Studioで機械学習を行う
 6.1 AIの統合環境Watson Studio
 6.2 Visual Recognitionで画像認識
 6.3 Watson Studioでモデル構築
 6.4 Watson Machine Learning

Chapter 7 Watsonをビジネスに活かす(Watson導入企業インタビュー)
 7.1 株式会社ハタプロ
 7.2 日本航空株式会社

付属データはこちら

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。