データでもっと儲ける方法 経営とマーケティングのためのアナリティクスデザイン(西内啓)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. データでもっと儲ける方法 経営とマーケティングのためのアナリティクスデザイン

データでもっと儲ける方法 経営とマーケティングのためのアナリティクスデザイン 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798160511
価格:
本体1,600円+税
仕様:
A5・200ページ
分類:
経営・マーケティング

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

統計学の第一人者、西内啓が
企業のマーケターやマネジメント、データに関わるすべてビジネスパーソンのために
初めて書き下ろしたデータ分析・活用の実践書

ビッグデータの活用やデータサイエンスの重要性が語られてきましたが、実際に企業の現場の実務者がどのような方針でデータを収集し、整理して活用するかについてはまだまだ難しいのが現状です。

一方、AIやデータ分析ツールの発達によりデータ分析の専門家ではなくても、基本的な理解があれば分析や活用が可能になる「市民データサイエンス」の時代とも言われます。

この本は、企業のマーケターをはじめとするビジネスリーダーの方々が、「何から始めるか」「どのようにデータを集めるか」という段階からはじめ、「リサーチデザイン」など、調査データの設計や方針の策定や、外部からのデータの調達について解説するとともに、著者の会社「データビークル」のツールを通じて、データの前処理、分析方法、効果測定やROIの最大化について紹介する内容です。

【対象読者】
企業のマーケター、プランナー、経営層

【目次】
序章:データを活かせる組織を作るために
1章:業務のためのデータを活用可能なデータへ
2章:価値ある分析のためのリサーチデザイン
3章:リソース配分の予測問題―統計学と機械学習の使い分け
4章:ターゲティングの因果推論
5章:データサイエンスを「プロダクト」にするために
終章:社内政治を乗り越えろ


はじめに なぜあなたはデータを活かせないのか

第1章 業務のためのデータを活用可能なデータへ
 1 「活用できる状態のデータ」とは
 2 データ活用のための結合と集計
 3 数値化と再分類でデータをもっとリッチに
 4 抜け漏れ・異常値・表記の揺れにどう対処するか
 5 継続的なデータ活用プロセスにおけるデータ整備の位置づけ
 コラム(1)data Ferryを使ったデータプレパレーション

第2章 データ活用のための「リサーチデザイン」の考え方
 6 リサーチデザインの2つの要素
 7 アウトカムを設定するコツ
 8 解析単位を決めるための4つのルール
 9 何がその違いと関係しているのか~基本的なデータ分析の読み方
 コラム(2)data Diverを使った洞察を探す分析

第3章 機械学習による予測と最適化
 10 洞察・予測・最適化~AI開発で同様のところと違うところ
 11 予測モデルとAIの使い分け
 12 何をデータで予測させるべきか
 13 AI開発における適切な課題設定とは
 14 ズルのできない予測精度の検証方法
 コラム(3)data Diverを使った予測とその精度検証

終章 社内政治を乗り越えろ
 コラム(4)data Sniperを使ったターゲティングと施策の評価

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。