デバイスごとにわかるIoTスターターのための電子工作チャレンジブック オンデマンド印刷(dotstudio)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オンデマンド印刷 >
  3. デバイスごとにわかるIoTスターターのための電子工作チャレンジブック

デバイスごとにわかるIoTスターターのための電子工作チャレンジブック


形式:
オンデマンド印刷
ISBN:
9784798160788
価格:
本体2,000円+税
仕様:
B5正寸・152ページ
レーベル:
Shoeisha Digital First
シリーズ:
CodeZine Digital First

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTって楽しい!ハッカブルなデバイスの魅力が大集合

CodeZineの人気連載を書籍化。

IoTや電子工作に触れてみたいけれど、始め方が分からないという人に向けて、
ハッカブルなIoTデバイスとその楽しみ方を紹介した一冊です。
micro:bitやLilyPad Arduino、obnizなど多様なデバイスが登場。
デバイスの特徴や簡単な試し方から解説しているため、
初心者にも分かりやすくなっています。

著者は、「モノづくりを楽しめる人を増やしたい」という想いで
IoTプロトタイピングなどの教育・研修事業を展開するdotstudio。
個性あふれるメンバーたちがリレー形式で解説します。

「IoTや電子工作に興味があるけど、なかなか一歩踏み出せない」
「普段ソフトウェアしか触っていなくて、ハードウェアはちょっと難しそう」
などとハードルの高さを感じている人に読んでもらい、
初めの一歩を踏み出すきっかけになればと思っています。
これを読んで、みなさんもモノづくりの世界を楽しみましょう。(はじめにより)

第1章 配線なしでセンサーを使ってみよう
1.1 スマホアプリから操作できて、Groveセンサーとつなげられる小型IoTデバイス「Wio Node」
1.2 USBケーブル1本で組み込みLinuxにトライ!「BeagleBone Green」でセンシングしてみよう

第2章 通信に挑戦してみよう
2.1 最新のWi-Fi&Bluetooth搭載! FRISKサイズのIoTデバイス「Nefry BT」を始めてみよう
2.2 話題のIoTプラットフォーム連携デバイスが日本上陸!「Electric Imp」開発キットを試そう
2.3 IoTプロトタイプの無線化にオススメ! 無線通信規格ZigBeeに対応した小型モジュール「XBee」を使ってみよう
2.4 Wi-FiとBLEを搭載! ディスプレイと拡張が容易なオプションパーツが新感覚の「M5Stack」を使ってみよう!

第3章 Webプログラミング言語で楽しくIoTしよう
3.1 Wi-Fi拡張も簡単! Rubyが使えるGR-CITRUSで電子工作を始めよう
3.2 Wi-Fi経由のみで制御できる開発ボードが日本から発売!「obniz」で気軽にIoTハックしてみよう

第4章 子どもでも使えるマイコンボードでプログラミングを学ぼう
4.1 イギリスBBC発の教育向けデバイス! 新感覚のマイコンボード「micro:bit」でプログラミングの世界へ飛び込もう
4.2 かわいい見た目で機能も充実! Scratchで動かせる「nekoboard2」で電子工作を楽しもう

第5章 ウェアラブルなプロダクトを作ってみよう
5.1 洋服に縫い付けられるArduino!「LilyPad Arduino 328」を試してみよう
5.2 半田付け不要?!縫い付けて使うArduinoで激iLLな音で光るニット帽作ってみた!

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。