入門Haskellプログラミング 電子書籍(株式会社クイープ 株式会社クイープ)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 入門Haskellプログラミング

入門Haskellプログラミング 発売予定


監修

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798161280
価格:
本体3,800円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンピュータのプログラミング」から脱却し、
“学術”ではない、実用度重視のHaskell入門書

Haskellは、関数型プログラミングを研究する対象としての側面が強すぎ、一般的なアプリケーション構築を目的とした開発言語の側面が、ともすればおざなりになりがちでした。そのため、他の言語(JavaとかC/C++とかC#など)がこなす、ありふれたアプリケーションをHaskellで構築しようとすると、キーボードを叩く指が止まってしまうことがありました。本書は関数型プログラミングの基本を押さえつつ、いわゆる「開発言語」として実用的なプログラムを書けるようなレベルに誘う一冊です。
もちろん、そのためにはプログラミング言語としての基礎的な知識や、Haskellならではの技法・手法をしっかり理解しなければなりません。本書では、最終的にI/Oを使用し、乱数を生成し、データベースにアクセスするようなアプリケーションを作れるところまで道筋を示します。実用的な知識を提示したユニット7を読み終わるころには、この言語の実用性がわかることでしょう。
というか、二度とHaskellに触れないとしても、この言語(と、その思想)に触れることで、

・安全で機能的なコードを書くこと
・問題を注意深くモデル化すること

を身につけることができます。
これによって、抽象化についてより深く思考し、あらゆる言語によるコードの潜在的なバグの発見に繋がります。
また、プログラミング言語理論を理解する上での特訓にもなるはずです。というのも、Haskellの言語機能は、常に新しいプログラミング言語へ、そして既存の言語での新しい機能として発展しているからです。
この本は、

・プログラミングスキルとプログラミング言語の理解を次のレベルに引き上げたい、既存のプログラミング経験のある人

を対象としていますが、根気強く読み解いていけば、必ず視野は広がります。そして、Haskellとその機能をよく知っていれば、今後何年にもわたってプログラミングの地平線を越えて何が起きているのかを理解する上での足がかりとなります。

【本書のポイント】
・7つのユニットと42の短い章構成
・節ごとの理解度チェック
・章ごとの練習問題
・豊富な補足事項とポイント詳解

【読者が得られること】
・関数型プログラミングの基礎知識
・Haskellによる実用的なプログラミング能力
・抽象度の高い思考方法


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。