.com Master教科書 .com Master ADVANCE 第3版(NTTラーニングシステムズ株式会社 )|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. .com Master教科書 .com Master ADVANCE 第3版

.com Master教科書 .com Master ADVANCE 第3版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798161389
定価:
本体3,400円+税
仕様:
A5・608ページ
分類:
ベンダー資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
.com Master教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.com Master教科書が新カリキュラムに完全対応した改訂第3版

本書は「.com Master ADVANCE ★(シングルスター)」と「.com Master ADVANCE ★★(ダブルスター)」試験対策用のテキスト&問題集です。

各節・項ごとの難易度/重要度の明示、章末の練習問題、練習問題の解説から本文の解説へのリンクなど、公式ガイドにはないさまざまな工夫を施しています。
また、読者特典として、PDF形式の模擬試験問題など、充実の読者特典コンテンツを提供しています。

◎難易度と重要度などをアイコンで表示
カテゴリごとの難易度と重要度をアイコンでわかりやすく表示しています。
自分に合った難易度のものから、また、時間がないときは重要度が高いものから学習することで効率良く学ぶことができます。

◎検定の出題傾向を加味した章末問題
章末問題は、検定問題の出題傾向を徹底分析し、出題傾向に基づいた問題内容と出題数となっています。

◎「腕試しチェック」と「ココを復習」
各章の章の扉には「腕試しチェック」があり、自分の実力を最初に確認することができます。
章末問題の解説部分に設けた「ココを復習」と連携して効率的に学習を進められるよう工夫しています。

*****試験情報*****
【.com Master ADVANCE ★シングルスター】
適切にICTを利用でき、他社への利用指導もできる。
◎採点対象:50問(700点満点)
〈内訳〉シングルスターレベル:50問(700点)
◎総合得点:460点以上
※各出題分野別に必須得点あり

【.com Master ADVANCE ★★ダブルスター】
組織やグループでICTを利用する仕組みを作り、管理できる。
◎採点対象:70問(1000点満点)
〈内訳〉シングルスターレベル:50問(700点満点)、ダブルスターレベル:20問(300点満点)
◎総合得点:700点以上
※各出題分野別に必須得点あり
※ドットコムマスターアドバンスシングルスターの基準を満たすこと。ただし、問題レベルに関わらず総合得点で判定する


第1章 インターネットの仕組みと関連技術
 1.1 インターネットの基礎知識
 1.2 インターネット通信関連技術
 1.3 アプリケーション関連技術
 練習問題

第2章 インターネット接続の設定とトラブル対処
 2.1 ネットワーク接続機器・機材
 2.2 インターネット接続の技術と設定
 2.3 インターネットサービスプロバイダ
 2.4 インターネット利用に関するトラブル事例と対策
 練習問題

第3章 ICTの設定と使いこなし
 3.1 World Wide Web
 3.2 電子メール
 3.3 人工知能
 3.4 クラウドコンピューティング
 3.5 IoT
 練習問題

第4章 セキュリティ
 4.1 セキュリティの基礎知識
 4.2 端末利用時の脅威とその対策
 4.3 LAN利用時の脅威とその対策
 4.4 インターネット利用時の脅威とその対策
 練習問題

第5章 ICTの活用と法律
 5.1 インターネット上のサービス
 5.2 主要技術のビジネス活用
 5.3 インターネット利用に関する法律
 練習問題

参考資料

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2020年05月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 111
1.3アプリケーション関連技術
2刷
今後、W3CはHTML Living StandardをHTML5の標準規格として取り込みながら、HTML 5.1、HTML 5.2とマイナーバーションアップを継続していく予定です。
このような2つの仕様が存在している状況の中、W3CとWHATWGは2019年5月に合意し、以後のHTML5の標準仕様の策定についてはWHATWGが行い、WHATWGの標準仕様をW3Cの勧告とすることになりました。

文章を差し替えます。
2020.02.10
1刷 139
POPでのメール受信の⑧と⑩
2刷
2020.02.10
1刷 177
問題33の問題文
2刷
HTML5に機能を盛り込む形でWHATWGが策定を進めており、今後Webブラウザの実装が進んだものから順次HTML5の標準規格として取り込むことにしている規格がある。これは何か1つ選びなさい。
HTML5に機能を盛り込む形でWHATWGが策定を進めている規格がある。これは何か1つ選びなさい。
2020.02.10
1刷 206
問題61の選択肢aの解説文
2刷
リクエストヘッダは「GET /post.cgi HTTP/1.1」となります。
リクエストヘッダは「POST /post.cgi HTTP/1.1」となります。
2020.02.10
1刷 395
腕試しチェックの3列目、下から4行目、3行目
MAM/MCM セキュアブラウザ方式
※※本文に記述がないため不要でした※※
2020.05.29