先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務(橋本和則)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務

先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798161402
価格:
本体1,680円+税
仕様:
A5・240ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社のセキュリティを万全にしよう!

本書のポイント
●セキュリティの基本知識と対策が身につく!
●業務のしやすさを考えたセキュリティの考え方や設定がわかる
●コストをかけない安全なセキュリティの考え方や設定が身につく
●先輩と後輩の会話形式だからわかりやすい!
●IT著書80冊以上に及ぶ、マイクロソフトMVP保持者がバッチリ解説!

小さな会社では人手不足からそもそもセキュリティの部署はなく、
経営者や新人が予備知識のないまま、
業務と兼任してPCセキュリティを管理しているケースや、
とりあえずセキュリティソフトを入れているだけのケースもあるようです。

また、近年では「働き方改革」に伴う在宅ワークやリモートワークの増加から、
セキュリティ意識を身につけることが求められています。
セキュリティ担当者はもちろん、個々人でも対策を講じる必要性があるのです。

そこで本書では、小さな会社のセキュリティ担当者や個々人が
最低限知っておかなければいけないマルウェア、ネットワーク、
ハードウェア、OSなどの基礎知識と、
情報漏えいを防ぐために行うべきセキュリティ設定や留意点を、
第1部と第2部に分けて解説しました。

注意したいのは、担当者が多くの事柄を禁止するような環境設定をすれば
セキュリティは高まりますが、
一方、現場での業務はしづらくなるということです。
本書では、業務のしやすさを考えたセキュリティ設定や方法を紹介しています。
情報漏洩を防ぎつつ、かつ業務をスムーズに行いましょう。
小さな会社でも取り組めるようにコストを抑えた方法を紹介しています。

多くの会社では、職場にセキュリティに詳しい先輩がいる環境ではありません。
本書では「やさしい先輩が手取り足取り教える」という会話形式で
読みやすく解説していますので、
予備知識のない方でも、無理なく学習することができます。

第1部 基礎知識編
Chapter 1 そもそもセキュリティとは?
Chapter 2 セキュリティ担当者として知っておくべきこと

第2部 実務編
Chapter 3 PCの設定と管理
Chapter 4 日常操作と業務運用
Chapter 5 Webブラウザの設定と管理
Chapter 6 社内ネットワーク
Chapter 7 ファイルサーバーによるデータファイル管理

索引


第1部 基礎知識編

Chapter 1 そもそもセキュリティとは?
 01 セキュリティは「人の生活」に置き換えて考えてみよう
 02 ビジネス環境に即したセキュリティ対策がある
 03 マルウェアなどのセキュリティ用語について確認しよう
 04 世の中で言われているセキュリティ対策は必ずしも正しくない
 05 PCがマルウェアに侵されると、何が起こるのか?
 06 PCはどのようにマルウェアに侵されるのか?
 07 トラブル時こそ、悪意が実行される最適なタイミング!
 08 セキュリティ対策に必要な基本の6項目
 09 全方位対策が求められるビジネス環境のセキュリティ
 [Column]目的の設定にスムーズにアクセスする

Chapter 2 セキュリティ担当者として知っておくべきこと
 01 ネットワーク上にも住所がある
 02 PCやネットワーク機器に欠かせないIPアドレス
 03 インターネット回線を複数PCで利用可能にするルーター
 04 OSはPC全体の制御を担う
 05 OSやアプリ、デバイスにもサポート期間がある
 06 Windows 10はバージョン更新で永続的なサポートが受けられる
 07 PC本体の基本構造とハードウェアの正常性の確認
 08 新しいPCのほうがセキュリティに強い
 09 OSにあらかじめ標準搭載されているセキュリティ機能
 10 マルウェア対策機能の役割と基本動作
 11 ファイアウォールの役割と通信アプリ利用時の注意点
 12 ITの世界はクラウドサービスが大きな収入源になっている
 [Column]Windows 10のバージョンやエディションを確認する

第2部 実務編

Chapter 3 PCの設定と管理
 01 PCのセキュリティ状態を確認しよう
 02 PCのセキュリティソフトを確認しよう
 03 OSのアップデートで脆弱性対策をしよう
 04 更新プログラムにはいくつかの種類がある
 05 OSアップデートにはリスクがある
 06 アプリ・プログラムの導入が最大のリスクになる
 07 アプリ・プログラム導入時に気をつけるべきこと
 08 アプリ・プログラム導入時に警告を表示しよう
 09 アプリが最新版かどうか確認しよう
 10 アプリはなるべく安全なストアで入手しよう
 11 従業員が設定できる範囲を制限しよう
 12 ユーザーアカウントを使い分けて管理しよう
 13 ローカルアカウントを基本とした管理をしよう
 14 「PCのリセット」で正常なPCの状態に復元しよう
 15 システムをバックアップ・リカバリできる環境にしよう
 16 従業員のデータファイルをファイルサーバーで管理しよう
 17 安全性の不明なアプリはテストしてから安全に実行しよう

Chapter 4 日常操作と業務運用
 01 PCから離れる際には他人が操作できないようにしよう
 02 自動ロックで従業員のうっかりミスを防ぐ
 03 人前ではパスワード入力せずにサインインしよう
 04 送られてきたメッセージが偽装メールかどうか確認しよう
 05 メールアドレスをうまく管理して偽装・スパムメールを防ごう
 06 クイックスキャンでマルウェアがないかチェックしよう
 07 マルウェア対策機能は必要に応じて手動で更新する
 08 PCの電源は毎日落とさない
 09 ファイルを開く前に拡張子を確認しよう
 10 データファイルを安全に開く方法
 11 取引先とのデータの受け渡し方法を見直そう
 12 社外に持ち出すUSBメモリを安全に使うには?
 13 マルウェアへの具体的な対処方法を確認しておこう
 14 様々なウィルススキャンを駆使しよう
 15 動作しているアプリなどの安全性を確認しよう
 [Column]PCが以前に比べて不安定になった場合はどうする?

Chapter 5 Webブラウザの管理と設定
 01 インターネット利用時の注意事項を全従業員で共有しよう
 02 SSLサーバー証明書によるWebサイトの安全性
 03 Webサイトの閲覧時にこちらから送信している情報とは?
 04 「ウィルスに感染した」などの誘導を信じてはいけない
 05 巧妙な偽装サイトにだまされないための方法
 06 Webブラウザの管理はOS同様に気を配ろう
 07 Internet Explorerは可能な限り使わない
 08 プライバシー情報を残さずにWebサイトを閲覧するには?
 09 Webブラウザの便利機能は取捨選択しよう
 10 Webブラウザの同期機能の利用は控えよう
 11 Webサービスのアカウントを 安全に管理しよう
 12 安全なパスワード設定と管理の仕方を知っておこう
 [Column]自社でWebサイト運営している場合に注意すべきこと

Chapter 6 社内ネットワーク
 01 ルーターの役割を再確認して対策しよう
 02 ルーター設定にログインしよう
 03 管理者のみがルーターにログインできる設定にしよう
 04 ルーターのファームウェアをアップデートしよう
 05 ルーター設定を見直して不要な設定がないか確認しよう
 06 無線LANの通信を安全に行う方法とは?
 07 スムーズに通信するために通信規格を選択しよう
 08 無線LANのアクセスポイント設定を見直そう
 09 従業員のPCのWi-Fi接続設定を行おう
 10 Wi-Fi接続できるPCや便利機能はなるべく減らそう
 11 自社への訪問者にWi-Fi接続を安全に開放しよう
 12 外出先で安全に無線LANを利用するには?
 13 ネットワーク接続の安全性確保と通信量軽減設定
 14 スマートフォンも必ずセキュリティ対策をしよう
 15 iPhoneとiPadで紛失対策を設定しよう
 16 Android端末でセキュリティ対策と紛失対策を設定しよう
 17 「ネットワークに接続できなくなった」場合はどうする?
 [Column]PCの買い替えや中古PCの購入には万全の注意を払おう

Chapter 7 ファイルサーバーによるデータファイル管理
 01 データファイルを一元管理しよう
 02 ファイルサーバーのメリットを確認しよう
 03 ファイルサーバーとして利用できるPCの条件
 04 NASをファイルサーバーに適用しよう
 05 ファイルサーバーの基本設定を行おう
 06 共有フォルダーへのアクセス許可を行おう
 07 共有フォルダー設定の準備を行おう
 08 共有フォルダーへのアクセスを許可するユーザー名を選ぼう
 09 共有許可したユーザー名のアクセスレベルを設定しよう
 10 PCからファイルサーバーのデータにアクセスしよう
 11 サーバーへのアクセス情報を管理しよう
 12 停電時にデータを失わないように対策しよう
 13 バックアップはセキュリティ対策であることを知ろう

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。