「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門 オンデマンド印刷(WINGSプロジェクト 青木 淳夫)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オンデマンド印刷 >
  3. 「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門

「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門


形式:
オンデマンド印刷
ISBN:
9784798161501
価格:
本体2,800円+税
仕様:
B5正寸・184ページ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍「実践ドメイン駆動設計」と併せて読んですぐ使える! 普段の開発においてDDDで実装を始める方法を、分かりやすく解説

CodeZineの人気連載を書籍化。

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計(DDD)の考え方を、実際に導入するためには、それぞれの開発現場に合わせて、さらに具体的に噛み砕く必要があります。
そこで本書は、このDDDの考え方を実践に落とし込んだ書籍「実践ドメイン駆動設計」の構成に沿って、現代の開発現場において重要な部分にフォーカスし、DDD実装のノウハウを解説しました。図版を多く用い、DDD初心者にも分かりやすく解説しています。

「DDDという言葉を知っているものの、全容を理解できていない」「DDDを自分たちの現場に導入したいが、何から始めたらよいか分からない」といった悩みを抱えた開発者は必見の入門書です。

【対象読者】
・ドメイン駆動設計に関心を持っている開発者
・ドメイン駆動設計で開発したい開発者

第1章 「DDDへの誘い」~ドメイン駆動設計のメリットと始め方~
第2章 「ドメイン」「サブドメイン」「境界づけられたコンテキスト」~DDDで取り組む領域~
第3章 「コンテキストマップ」~境界づけられたコンテキスト間のチーム関係~
第4章 「アーキテクチャ」~レイヤからヘキサゴナルへ~
第5章 「エンティティ」~一意な識別子で同一性を識別~
第6章 「値オブジェクト」~振る舞いを持つ不変オブジェクト~
第7章 「ドメインサービス」~複数の物を扱うビジネスルール~
第8章 「ドメインイベント」~出来事を記録して活用~
第9章 「モジュール」~高凝集で疎結合にまとめる~
第10章 「集約」~トランザクション整合性を保つ境界~
第11章 「ファクトリ」~複雑な生成をユビキタス言語でシンプルに~
第12章 「リポジトリ」~集約の永続化管理を担当~
第13章 「境界づけられたコンテキストの統合」~分散システム設計~
第14章 「アプリケーション」~ドメインモデルを利用するクライアント~

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。