ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手にお金と付き合うための本(村上由美)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手にお金と付き合うための本

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手にお金と付き合うための本 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798161730
価格:
本体1,600円+税
仕様:
B5変・192ページ
分類:
健康

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今さら聞けないお金に関するあれこれができるようになる!

大人になってから発達障害の症状に悩む人が増加しています。
ここ10年で「発達障害」の知名度が飛躍的に上がったことで、
「もしかして自分も…」と成人になってから気づく人が増えたのが
最大の要因と思われます。

計画的に物事を行うことが苦手な人が多いことから、
発達障害を持つ人はお金との付き合い方が苦手な人が多いです。
給与をもらったその日にすべて使ってしまう人、逆に必要なときにもまったく使わず貯め込んでしまう人など、
極端な付き合い方の人が目立ちます。
近年はクレジットカードや電子マネーなど目に見えない形でお金を使うことができるため、
お金を使っているという実感を得られず、使いすぎてしまう人も多いです。

本書では、そうしたお金の付き合い方に悩んでいる発達障害の人向けに、
「お金の使い方」「増やし方」「稼ぎ方」「備え方」などを解説します。
本書で紹介する解決法は、デジタルを使ったやり方や、
100円ショップのアイテムで実践できる内容など、
ちょっとした工夫で実践できるアイデアばかりです。

【本書の特長】
・発達障害の特徴に苦しむ社会人のためのお金と付き合うためのアイデアを紹介する本
・発達障害の特徴をカバーするアイデアが満載で、お金との付き合いづらさが解消できる
・発達障害あるあるの悩み→その原因→具体的な解決アイデアの手順で解説
・PCスキルやちょっとした工夫など、解決方法に多くのページを割いている

【本書の構成】
第1章 発達障害と金銭の関係
第2章 「稼ぐとき」の困ったを解決したい
第3章 「使うとき」の困ったを解決したい
第4章 「貯めるとき」の困ったを解決したい
第5章 「もしものとき」の困ったを解決したい
第6章 「増やすとき」の困ったを解決したい


第1章 発達障害と金銭の関係
お金の特徴とは
生活とお金の関係
発達障害の人は金銭管理で悩む理由
お金の付き合い方を考える

第2章 「稼ぐとき」の困ったを解決したい
どんな仕事が自分に向いているかわからない
経費精算レポートを出すのが遅くなる
親睦会の集金で計算ミスが多い
本来もらえる金額よりも給料が少ない気がする
職場で「確定申告するの?」と聞かれたが、よくわからない
収入増のためにも、スキルをもっと身につけたい

第3章 「使うとき」の困ったを解決したい
引き落としや払い込みを忘れる
生活費が赤字になってしまう
ついつい衝動買いをしてしまう
家計簿が続かない
節約のポイントがわからない

第4章 「貯めるとき」の困ったを解決したい
銀行の選び方がわからない
積立貯金が続かない
新生活にかかる費用の目安がわからない
住宅や自動車ローンを組むときの注意点がわからない
借金やローンを早く返済したい

第5章 「もしものとき」の困ったを解決したい
年金や健康保険の支払いが負担
病気になったときのことが不安になる
緊急時いくらぐらいあればいいかわからない
災害の備えがよくわからない
家族の介護や相続のことをどうすればいいかわからない

第6章 「増やすとき」の困ったを解決したい
株価や長期金利のことがよくわからない
投資資金ってどう準備するの?
投資で年金を増やせると聞いたけど?
投資話で騙されないか不安になる

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。