オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE11(試験番号1Z0-816)(山本 道子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE11(試験番号1Z0-816)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE11(試験番号1Z0-816)


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798162027
定価:
4,730(本体4,300円+税10%)
仕様:
A5・624ページ
分類:
ベンダー資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
オラクル認定資格教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼の超定番「テキスト+問題集」
これ1冊でJavaプログラマの最上位資格を完全攻略!

日本オラクルが主催する「Javaプログラマ試験」の中で最上位資格として人気の
「Gold」の最新試験に対応したテキスト&問題集。
大人気講師によるわかりやすい解説と、豊富な練習問題(模擬試験含む)が
収録された決定版!

●本書の特長
【Java試験対策の第一人者による書き下ろし】
数多くのJava試験本を執筆し、絶大な支持を得ている著者による詳しい解説。

【豊富な練習問題】
各章末に分野ごとの練習問題+Web提供で「本番形式の模擬試験」を収録。

【わかりやすく丁寧な解説】
SE11になって広がった試験範囲もしっかりカバー。

【手を動かしながら学習できる】
本書で出てくるサンプルコードはすべてダウンロード可能!
自分の手で動かしながら学習を進められる。

【要点をまとめたチェックシート】
試験直前まで確認できる要点チェックシート付!

●Javaプログラマ試験とは
オラクル社が主催・認定する、Javaの知識とスキルを測る試験です。
Javaプログラマ試験には、下記の3つのレベルがあります。
・Bronze(言語を初めて学ぶプログラマ向け)
・Silver(初級プログラマ向け)
・Gold(中上級プログラマ向け)

試験はJavaのバージョンに合わせていくつかあり、
「Java SE 11」は2019年から始まった新しい試験です。
Gold SE11はSilver SE11・Bronze SEの上位資格として2020年2月にリリースされました。
(SE 11より前はSE8で、SE9、SE10は存在しません)。

●Gold試験(Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 11)について
「設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向け資格」です。
「Javaアプリケーション開発に必要とされる汎用的なプログラミング知識を有し、
設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える能力評価することを目的」としています。
Silver以上は世界共通資格となっており、Java関連資格の中で一番の人気になっています。
試験の詳細については、日本オラクルの資格のページを参照してください。


Chapter 1 Java クラスの基礎
final修飾子とstatic修飾子
列挙型
Objectクラス
インタフェース
ネストクラス
練習問題/解答・解説

Chapter 2 アノテーション
アノテーションの使用目的
よく使用されるJavaアノテーション
カスタムアノテーションの実装
アノテーションのアノテート(アノテーションに注釈をつける)
練習問題/解答・解説

Chapter 3 例外処理
例外と例外処理
例外クラス
try-catch-finally
throwsとthrow
オーバーライド時の注意点
try-with-resources
アサーション
練習問題/解答・解説

Chapter 4 コレクションとジェネリックス
ラッパークラスとBoxing/Unboxing
コレクション
List、Set、Queue、Mapの利用
従来型とジェネリックス型
ジェネリックスを用いた独自クラスの定義
オブジェクトの順序づけ
コレクションが提供する便利なメソッド
練習問題/解答・解説

Chapter 5 関数型インタフェースとラムダ式
関数型インタフェース
ローカル変数の型推論
ラムダ式
メソッド参照
基本データ型を扱う関数型インタフェース
関数型インタフェースの合成
練習問題/解答・解説

Chapter 6 JavaストリームAPI
ストリームAPI
終端操作
中間操作
collect()メソッドとCollectorsクラス
練習問題/解答・解説

Chapter 7 モジュール・システム
モジュール・システムの概要
モジュール定義ファイル
名前付きモジュールとその他のモジュール
カスタムランタイム・イメージの作成(jlinkコマンド)
ServiceLoaderとモジュール・システム
ボトムアップ移行とトップダウン移行
モジュール定義ファイルとモジュールに関するコマンドのまとめ
練習問題/解答・解説

Chapter 8 並列処理
スレッド
スレッドの制御
排他制御と同期制御
Concurrencyユーティリティーズ
並列コレクション
Executorフレームワーク
アトミック変数
パラレルストリーム
練習問題/解答・解説

Chapter 9 入出力(基本とNIO.2)
入出力用のパッケージ
ストリーム
シリアライズ
コンソール
ストリームの書式化および解析
ファイル操作
ディレクトリ操作
練習問題/解答・解説

Chapter 10 JDBC
JDBCを使用したデータベース接続
SQLステートメントの実行
ResultSetの拡張
DataSourceを使用したデータベース接続
練習問題/解答・解説

Chapter 11 ローカライズとフォーマット
ロケール
リソースバンドル
フォーマット
練習問題/解答・解説

Chapter 12 セキュアコーディング
Javaアプリケーションで機密情報を保護
00.入力値検査とデータの無害化(IDS)
12.入出力(FIO)
13.シリアライズ(SER)
14.プラットフォームのセキュリティ(SEC)
49.雑則(MSC)
練習問題/解答・解説

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年07月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 062
1つ目のコード例の下の文 2行目
1、2行目により、i_list変数とi_listは同じ
1、2行目により、i_list変数とs_listは同じ
2021.04.09
1刷 062
2つ目のコード例 2行目
2. List i_list = i_list;
2. List s_list = i_list;
2021.04.09
1刷 235
サンプルコード 12\Main.javaの15行目
Stream stream3 = Stream.of("ami", "naoki", "akko", 10. "ami");
「10.」を削除
2021.03.03
1刷 265
問題6-15 問題文
5~8行目と同等のコードは~
5~7行目と同等のコードは~
2021.07.06
1刷 344
下から1行目
次のコード例において、
次のコード例と同様の処理を、
2021.04.19
1刷 348
図8-6 セット囲み内の実装クラス名
ConcurrentSkipListMap TreeMap
ConcurrentSkipListSet TreeSet
2021.03.03
1刷 384
問題8-16の12行目
12. service.exec(() -> i)));
12. service.execute(() -> i)));
2021.04.09
1刷 389
問題8-16 解説文の1行目
12行目でExecutorServiceのexec()を使用していますが、
12行目でExecutorServiceのexecute()を使用していますが、
2021.04.09
1刷 432
20\Main.java(抜粋):Filesクラスの使用例
15行目として以下を追加 15. System.out.format("isExecutable : %s%n", Files.isExecutable(p1));

書籍へのコード取り込み時に抜粋範囲を誤りました。
本書Pxに掲載のある「読者特典提供サイト」からダウンロード可能な
サンプルコードは、正しいコードとなっております。
2021.05.24
1刷 469
表10-3:主なクラスとインターフェースのjava.sql.ResultSetの説明
データベースの結果セットを表すブジェクト
データベースの結果セットを表すオブジェクト
2021.04.26
1刷 510
問題10-13 選択肢D
②registOutParameter
②registerOutParameter
2021.03.03
1刷 特典PDF 63
問題54
正解:C
正解:A ※解説文に誤りはございません。
2021.03.03