KEYS TO RPA SUCCESS 日立ソリューションズのRPA成功法則 オンデマンド印刷(日立ソリューションズ 松本匡孝)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. オンデマンド印刷 >
  3. KEYS TO RPA SUCCESS 日立ソリューションズのRPA成功法則

KEYS TO RPA SUCCESS 日立ソリューションズのRPA成功法則


形式:
オンデマンド印刷
ISBN:
9784798162256
価格:
本体2,000円+税
仕様:
A5正寸・150ページ

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務の自動化ができるRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)の導入方法、プロジェクトの進め方、課題の克服法を日立ソリューションズ実践例によって詳細解説。

社内導入のステップ、プロジェクトの進め方、具体的な製品比較などを、導入者の立場から解説、企業の業務改革担当やIT部門、現場マネージャ向けにおすすめ。

野良ロボットの横行、セキュリティの心配、投資対効果のみえづらさなどの課題を超えて、RPA導入を実現し、働き方改革に効果をもたらした日立ソリューションズ社内のノウハウ・知見を公開!

【目次(一部)】
●RPAの持つ可能性
●全体的な運用での課題ポイント
●日立ソリューションズの全社的な導入の背景(人事労務施策と業務改善の内容)
●ケーススタディ(製品選定ポイント、進め方、運用ガイドライン、業務分析と適用)

Chapter1 RPAの持つ可能性

1-1 RPA(Robotic Process Automatic)とは
1-2 デスクワークへの展開
1-3 粒度の小さい業務へ…
1-4 RPAの進化の段階
1-5 システム間の連携を容易に実現
1-6 RPAが自動化する主な業務
1-7 RPAが使える代表的な業務

Chapter2 全体的な運用での課題ポイント

2-2 プロセス別での導入・運用の難しさ

2-3 導入時の8つの課題とは
 (1)「野良ロボット/闇ロボットが発生する」
 (2)「ロボットの開発は難しい」
 (3)「期待したほど活性化しない」
 (4)「自動化できない業務が多い」
 (5)「ROIを算出できない」
 (6)「全社で管理・運用するには?」
 (7)「IT部門のロボット開発の負荷が大きい」
 (8)「セキュリティは大丈夫?」

Chapter3 日立ソリューションズのRPA導入の背景

3-1 全社で取り組む働き方改革

3-2 改革に向けた具体的施策
 (1)柔軟な働き方で育児・介護退職者ゼロ!
 (2)総実労働時間を100時間削減
 (3)メンタル疾患罹病率をIT業界最低水準に!
 
3-3 RPAを必要とする複合的な理由

Chapter4 日立ソリューションズのRPAのケーススタディ

4-1 最適な製品を選
 (1)RPA導入に向けて
 (2)製品を選ぶチェックポイントを設ける
 (3)チェックポイントを確認する
 (4)製品を選び出す決め手
 (5)8つの課題はどうなったか
 
4-2 全社展開の進め方
 (1)全社展開を阻む山積した課題…
 (2)はじめに準備すること
 (3)全社展開のステップ…
 (4)RPAセンターでのロボット開発
 (5)部品・ナレッジを共有して、全社展開を進める
 (6)全社展開に役立った必須のコンテンツ

4-3 業務での実例をみる
 (1)RPAに適している社内業務を抽出する
 (2)現場の活用事例をみる

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。