SCRUM BOOT CAMP THE BOOK【増補改訂版】 スクラムチームではじめるアジャイル開発(西村直人 永瀬美穂 吉羽龍太郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. SCRUM BOOT CAMP THE BOOK【増補改訂版】 スクラムチームではじめるアジャイル開発

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK【増補改訂版】 スクラムチームではじめるアジャイル開発 発売予定




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798163680
価格:
本体2,400円+税
仕様:
A5・280ページ
分類:
開発管理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“はじめて「スクラム」をやることになったら読む本”が7年ぶりに増補改訂!

近年、より複雑化しているプロダクト開発をチームでうまく進めていく手法として、
世界中で注目されている「スクラム」。実際の開発現場にどう適用すればよいのかを、
とにかくわかりやすく解説しています。

・理論だけで終わらない“実践”の手引き
・架空の開発現場を題材に、実際のプラクティスを詳しく解説!

増補改訂では、初版以降のスクラムのルールの変更を踏まえて、用語や説明の変更、
最近の開発現場に向けた追補など、全面的な見直しを行っています。

・スクラムガイド2017年版に対応
・スクラムを実践しているチームの実情にあわせて更新
・開発現場の風景を更新
・プロダクトをより意識できるように修正
・コラムを全面刷新

これからスクラムをはじめたい人はもちろん、スクラムを導入してみたけどなんだか
上手くいかないなぁ……と思っている方にぜひ手にとっていただきたい一冊です。

【本書の概要】
はじめまして‼
今回、ひょんなことからスクラムマスターをまかされた「ボク」です。
スクラムの開発を進めることになったんだけど、僕も組織もはじめてで心細いな……。
スクラムについてまだ何もわかっていないので、この本を参考にしようと思っています。
おおまかな内容は、次のようになっているんだって。

●基礎編
スクラムの全体像と決められているルールについて説明する。

●実践編
架空の開発現場を題材に、開発が始まるときから時系列に
スクラムではどう進めていくのかを説明する。

なるほど。
それでは、ボクと一緒にこの本でスクラムとはどういったものなのかを学んでいこう!


■基礎編 スクラム ってなに?
はじめに
アジャイル開発とは?
スクラムってなんだろう?
機能や要求を並べ替える
プロダクトの責任者は誰?
動作するプロダクトを開発する
短く区切って繰り返す
頻繁に計画する
スプリントごとに完成させていく
毎日状況を確認する
もっとうまくできるはず

■実践編 どうやればうまくいくの?
Scene No.00 開発したいものの概要と人物紹介  よし、始めようか!!
Scene No.01 ロールを現場に当てはめる  プロダクトオーナーは誰だ!?
Scene No.02 どこを目指すのかを理解する  どこに進んでいくの?
Scene No.03 プロダクトバックログを作る  いつ頃終わるんだい!?
Scene No.04 見積もりをしていく  正確に見積もれません!?
Scene No.05 見積もりをより確実にする  僕なんかでいいですか?
Scene No.06 この先の計画を立てる  いつ何が手に入るのか?
Scene No.07 詳細な計画を立てる  ちゃんと計画できたかな?
Scene No.08 素早くリスクに対処する  スプリントは順調かな!?
Scene No.09 何が終わったかを明確にする  だいたい終わってまーす!!
Scene No.10 状況をうまく把握する  これって間に合うのかな?
Scene No.11 先を予測しやすくしておく  あともう1日あれば……
Scene No.12 次にやることを明確にする  少し早く終わったぞ!!
Scene No.13 みんなの自律を促していく  全員揃っていないけど……
Scene No.14 ベロシティを上げていく  もっと早くできないの!?
Scene No.15 問題を見つけやすくする  え? POがいないの!?
Scene No.16 意図を明確にしておく  うまく伝わってるのかな?
Scene No.17 スクラムチームを支援していく  何かがおかしいぞ!?
Scene No.18 より良い状態にしていく  すぐに解決できないよ……
Scene No.19 先のことをいつも明確にする  今後のことがわからない!?
Scene No.20 手戻りをなくしていく  本当に着手していいのかな?
Scene No.21 ゴールに近づいていく  あれ!? 間に合わない……
Scene No.22 さまざまな状況に対応する  この作業は苦手です……
Scene No.23 より確実な判断をしていく  それぐらいはできるよね!?
Scene No.24 リリースに必要なことをする  やり残したことはないかい?
Scene No.25 実践編で伝えたかったこと  ここからが始まりさ!?

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。