IoTシステムのプロジェクトがわかる本 企画・開発から運用・保守まで(西村泰洋)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. IoTシステムのプロジェクトがわかる本 企画・開発から運用・保守まで

IoTシステムのプロジェクトがわかる本 企画・開発から運用・保守まで 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798163710
価格:
本体2,800円+税
仕様:
A5・328ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後ますます増えていくIoTシステム。
従来の業務システムとの違いなど、
基本的なポイントを押さえれば、
決して難しくはない!

- IoTシステムの基本構造とは?
- 利用するデバイスとその使い方は?
- ネットワークはどう構築する?
- 多様で膨大なデータをどう扱う?
- 開発スケジュールの立て方は?
- システム企画書はどう作る?
- データフロー図の描き方は?
- AIの効果的な活用とは?

◆すぐに使えるテンプレート集のダウンロード特典あり!
- システム企画書
- システム構成図
- データフロー図
- デバイス仕様表
- 接続シーケンス図
- チェックリスト

◆対象読者
- IoTシステムのプロジェクトの企画者やプロジェクトマネージャー
- 既存の業務システムのIoT化を担当する方
- これからIoTシステムの開発に携わるエンジニア

◆著者略歴
西村泰洋(にしむら・やすひろ)
富士通株式会社 フィールド・イノベーション本部 ヘルスケアFI統括部長
IoTシステムを中心にさまざまなシステムと関連するビジネスに携わる。
情報通信技術の面白さや革新的な能力を多くの人に伝えたいと考えている。
著書に『図解まるわかり サーバーのしくみ』『絵で見てわかるRPAの仕組み』(以上、翔泳社)
『デジタル化の教科書』『図解入門 最新 RPAがよ~くわかる本』(以上、秀和システム)などがある。


Chapter 1 IoTシステムの基本
 1.1 IoTシステムとは何か?
 1.2 IoTシステムの構造
 1.3 従来型の業務システムとの違い
 1.4 IoTシステムの実装
 1.5 急拡大する国内IoT市場
 1.6 クラウドが変えたユビキタスからIoTへの移行
 1.7 AIとIoTの関係

Chapter 2 業務システムとIoTシステムのプロジェクトの違い
 2.1 プロジェクト推進上の特徴
 2.2 プロジェクト計画の特徴
 2.3 プロジェクト立ち上げの特徴(1)システム構成の多様性
 2.4 プロジェクト立ち上げの特徴(2)新たなサービスか否か
 2.5 システム開発工程の違い
 2.6 PoCの必要性
 2.7 チーム体制の違い
 2.8 データを「捨てる」という発想
 2.9 IoTによる新たなビジネスの企画
 2.10 企画者やプロマネの心構え

Chapter 3 IoTシステムを構成するデバイス
 3.1 IoTシステムの構成要素
 3.2 デバイスとセンサーの概略
 3.3 単体駆動のデバイス「加速度センサー」と「ジャイロセンサー」
 3.4 複数構成のデバイス「GPSセンサー」
 3.5 複数構成のデバイス「ビーコン」
 3.6 電波強度とは何か?
 3.7 複数構成のデバイス「RFID」
 3.8 複数構成のデバイス「Zigbee」
 3.9 画像の認識
 3.10 音声の認識
 3.11 環境の状況の数値化
 3.12 人体の状況の数値化

Chapter 4 IoTシステムを構成するネットワークとサーバー
 4.1 業務システムにおけるネットワーク
 4.2 IoTシステムにおけるネットワーク
 4.3 デバイスとゲートウェイ間の通信
 4.4 ゲートウェイとエッジ
 4.5 データ形式と変換
 4.6 エッジとサーバー間の通信
 4.7 LPWAの規格とサービス
 4.8 Sigfoxの特徴

Chapter 5 企画の留意点(1)デバイス
 5.1 システム企画の作成
 5.2 システム化の目的とシステム概要
 5.3 デバイスを対象から考える
 5.4 デバイスを空間と利用シーンから考える
 5.5 デバイスで確認すべき仕様
 5.6 デバイスの電源、動作温度、無線局申請の要否
 5.7 チェックリスト作成のすすめ

Chapter 6 企画の留意点(2)ネットワークとサーバー
 6.1 サーバーで実行する処理
 6.2 データフローを描く
 6.3 クラウドの活用
 6.4 サーバーの性能見積もり
 6.5 新規のネットワークを構成する
 6.6 開発方針の検討(1)IT戦略との整合性
 6.7 開発方針の検討(2)自社開発部分の明確化

Chapter 7 開発の留意点(1)デバイス
 7.1 基準点を設定する
 7.2 レスポンスタイムの確認
 7.3 デバイスのデータ送受信の接続シーケンス
 7.4 無線デバイスの最適化
 7.5 ハードウェア最適化
 7.6 ソフトウェア最適化
 7.7 データの整形

Chapter 8 開発の留意点(2)ネットワークとサーバー
 8.1 処理方式の検討
 8.2 データベースの選定
 8.3 データ分析をどこまでするか?
 8.4 時刻の同期
 8.5 システムとしてのシーケンスとレイテンシー
 8.6 AIとの関係
 8.7 外部システムやオープンデータの活用
 8.8 開発工程でのリスク管理

Chapter 9 PoCの留意点
 9.1 PoCで押さえること
 9.2 PoCのポイントとスケジュール
 9.3 素の性能と現場の性能の差
 9.4 PoCはテスト工程に続く
 9.5 他社と共同でPoCを行う際の留意点

Chapter 10 IoTシステム事例
 10.1 Raspberry Piでの開発の例
 10.2 農業におけるIoTシステムの例

Chapter 11 運用管理とセキュリティ
 11.1 稼働後の管理
 11.2 運用管理
 11.3 障害対応の方向性
 11.4 IoTシステムを最速で立ち上げる
 11.5 日本のセキュリティ対応
 11.6 セキュリティ対策の前提
 11.7 セキュリティ対策

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。