エンジニアのためのWord再入門講座 新版 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方(佐藤竜一)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. エンジニアのためのWord再入門講座 新版 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方

エンジニアのためのWord再入門講座 新版 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798164243
価格:
本体2,200円+税
仕様:
A5・248ページ
分類:
開発管理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さよなら、Excel方眼紙。
Wordの便利な機能と効率化テクニックを使って、
ずっと使えるメンテナンス性の高いドキュメントを作る。

システムやソフトウェアの開発現場で、エンジニアたちが
日々の業務として作成する多くのドキュメント。

本書では、そんな開発ドキュメントをより美しく、
そして、よりメンテナンスしやすい形で作るための方法として
Microsoft Wordの活用を提案します。

開発用のドキュメントをExcel方眼紙や、
PowerPointのスライドで作っているという人からすると、
Wordという選択肢は、珍しく思えるかもしれません。
しかし、Wordはその使い方を正しく理解すれば、
ドキュメント作成において、抜群の生産性を発揮してくれるツールです。

エンジニアが知っておくべきWordの活用術として、
本書では以下のような内容を解説しています。

●ドキュメント作成に役立つ初期設定
●スペルチェックと文章校正の使い方
●見栄えを効率的に管理するスタイル機能
●テンプレートの作成方法
●ドキュメント上で図表を上手に扱うテクニック
●素早く快適にドキュメントを作るための工夫

開発現場におけるドキュメントは、
多くの関係者がその中身を共有するコミュニケーションツールです。
誰にとっても見やすく、メンテナンスもしやすい開発ドキュメントを、
Wordで効率的に作成しましょう。


●第1章 ドキュメント作成の意味とは?
1.1 なぜドキュメントを作成するのか
1.2 よいドキュメントの条件とは?
1.3 なぜWordなのか
1.4 ワードプロセッサ再考

●第2章 これだけはやっておきたいWordの初期設定
2.1 初期設定の勘所
2.2 オートコレクトとオートフォーマット
2.3 スペルチェックと文章校正の使い方
2.4 最大の編集領域を確保する

●第3章 スタイルを理解することから始めよう
3.1 Word文書はスタイルを使うことから始まる
3.2 スタイルを定義してみよう 
3.3 箇条書きとアウトライン
3.4 スタイルに関するその他の話題 

●第4章 DRYで行こう!
4.1 Don't Repeat Yourself!
4.2 クイックパーツで文書のメタ情報を埋め込む
4.3 フィールドの利用
4.4 図表番号を使う
4.5 相互参照を使う

●第5章 テンプレートを設計する
5.1 ドキュメント形式の設計とは?
5.2 基本的な見栄えの決定
5.3 スタイルの設計
5.4 ドキュメントとしての体裁を整える
5.5 テンプレートを作成する

●第6章 図と表の取り扱い
6.1 Wordで図を作成する
6.2 描画オブジェクトの配置方法
6.3 表の作成テクニック
6.4 表の配置にまつわる問題

●第7章 Wordでドキュメント作成効率を改善する
7.1 Wordドキュメントを素早く書き上げるために
7.2 外部の情報を差し込む
7.3 ドキュメント全体の俯瞰

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。