HLSL シェーダーの魔導書 シェーディングの基礎からレイトレーシングまで(清原 隆行)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. HLSL シェーダーの魔導書 シェーディングの基礎からレイトレーシングまで

HLSL シェーダーの魔導書 シェーディングの基礎からレイトレーシングまで 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798164281
定価:
5,060(本体4,600円+税10%)
仕様:
B5変・584ページ
分類:
プログラミング・開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光を自在に操るための
基本の技術を手に入れろ。

DirectXだけでなくUnityでも使われているシェーダー言語HLSL。
本書は、グラフィックスプログラマやテクニカルアーティストをめざす人が、
ハンズオン形式の豊富なサンプルを使って、3Dグラフィックを演出するシェーディング技術を
学ぶための教科書です。

本書では、サンプルプログラムとして、DirectX 12のコーディングをほとんど意識せず、
HLSLプログラミングに集中できるようなミニエンジンが提供されます。

シェーダーの基礎であるレンダリングパイプラインから、最新技術であるレイトレーシングまで、
本書を読めば、あなたもグラフィックスプログラマの仲間入りです!

~本書の内容~
・Chapter 1:レンダリングパイプライン入門
・Chapter 2:シェーダー入門(1)
・Chapter 3:シェーダー入門(2)
・Chapter 4:ライティング基礎
・Chapter 5:ライティング発展
・Chapter 6:さまざまなテクスチャの利用
・Chapter 7:PBR(物理ベースレンダリング)
・Chapter 8:2D描画 基礎
・Chapter 9:2D描画 発展
・Chapter 10:ポストエフェクト
・Chapter 11:シャドウイング
・Chapter 12:ディファードレンダリング
・Chapter 13:ディファードレンダリングとフォワードレンダリングの融合
・Chapter 14:応用的な3Dシェーダー
・Chapter 15:コンピュートシェーダー
・Chapter 16:TBR
・Chapter 17:レイトレーシング


Chapter 1:レンダリングパイプライン入門
Chapter 2:シェーダー入門(1)
Chapter 3:シェーダー入門(2)
Chapter 4:ライティング基礎
Chapter 5:ライティング発展
Chapter 6:さまざまなテクスチャの利用
Chapter 7:PBR(物理ベースレンダリング)
Chapter 8:2D描画 基礎
Chapter 9:2D描画 発展
Chapter 10:ポストエフェクト
Chapter 11:シャドウイング
Chapter 12:ディファードレンダリング
Chapter 13:ディファードレンダリングとフォワードレンダリングの融合
Chapter 14:応用的な3Dシェーダー
Chapter 15:コンピュートシェーダー
Chapter 16:TBR
Chapter 17:レイトレーシング

付属データは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。