はじめてのグラフィックレコーディング 考えを図にする、会議を絵にする。(久保田 麻美)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. はじめてのグラフィックレコーディング 考えを図にする、会議を絵にする。

はじめてのグラフィックレコーディング 考えを図にする、会議を絵にする。


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798164885
定価:
2,200(本体2,000円+税10%)
仕様:
A5変・200ページ
分類:
ビジネス入門

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐに役立つ
ビジネス&クリエイティブ
スキルが身につく

本書は、どんな人でもすぐに始められる
グラフィックレコーディングのワークブックです。

グラフィックレコーディングは、
様々なビジネスシーンで役立つ
コミュニケーション技術として
注目を集めています。
思考や対話をリアルタイムに可視化し、
認識の共有や問題の発見など、
さまざまなコミュニケーションを促します。

ビジュアルシンキングの基本から、
伝わる図や絵の描き方、ことばの書き方、話の聞き方、
さらに練習や実践にも便利なiPadの活用法まで、
グラフィックレコーディングに必要な知識とスキルが
一冊で学べます。

本書の特徴
□伝わる絵の描き方がわかる!
□絵が苦手な人でもすいすい描ける!
□ビジュアルシンキングの基本からわかる!
□見えない問題が見えてくる!
□iPadの便利な活用法がわかる!

目次
1章 ビジュアルシンキングの基本
2章 伝わる絵の描き方
3章 伝わる言葉の書き方
4章 伝わる図の作り方
5章 伝わるデザイン
6章 グラフィックレコーディングの実践
7章 デジタル・グラフィックレコーディング
Appendix ビジュアルライブラリー


グラフィックレコーディングに必要な知識とテクニックをこの一冊で学べます。

グラフィックレコーディングに必要な知識とテクニックをこの一冊で学べます。

グラフィックレコーディングは、会議などで議論をリアルタイム に可視化する手法のことで、認識の共有や問題の発見など、様々なコミュニケーションを促します。多様なビジネスシーンで役立つコミュニケーション技術として、近年注目を集めています。

グラフィックレコーディングは、多様なビジネスシーンで役立つコミュニケーション技術として近年注目を集めています。

考えを手早く絵にできると、頭の中のイメージを相手に即座に伝えることができる!

考えを手早く絵にできると、頭の中のイメージを相手に即座に伝えることができる!

本書を使って、すぐに役立つ「ビジネス&クリエイティブ スキル」を身につけよう!

ビジュアルシンキングの基本から解説

ビジュアルシンキングの基本から解説

グラフィックレコーディングは、「ビジュアルシンキング」の考え方が土台となっています。本書はビジュアルシンキングの基本から学んでいきます。

伝わる絵の描き方がわかる

伝わる絵の描き方がわかる

絵が苦手な人でもすぐにできる、伝わる絵の描き方を紹介します。ペンと紙を用意して、手を動かしながら学んでいきましょう。

伝わる言葉の書き方がわかる

伝わる言葉の書き方がわかる

言葉には、絵や図と組み合わせて意味を正しく伝えるという重要な役割があります。基本となる文字の書き方、 文字の見せ方、そして言葉の選び方を解説します。

伝わる図の作り方がわかる

伝わる図の作り方がわかる

図の基本要素である点・線・面・矢印の使い方や、会議に役立つ図の型を解説します。

伝わるデザインがわかる

伝わるデザインがわかる

要素の並べ方や色の選び方など、ちょっとしたコツを学ぶだけで、見る人に情報をわかりやすく伝えることができます。誰でも身につけられる「伝わるデザイン」のコツを解説します。

iPadの便利な活用法がわかる

iPadの便利な活用法がわかる

iPadとApple Pencilがあれば、どこでも手軽にグラフィックを描き 始められます。本書ではイラスト制作アプリを使って、 表現の幅を広げる方法をご紹介します。

Chapter 1 ビジュアルシンキングの基本
1-1 ビジュアルシンキングって何だろう?
1-2 ビジュアルシンキングがもたらす3つの効果
1-3 ビジュアルシンキングの使い方
1-4 ビジュアルシンキングの活用事例集

Chapter 2 伝わる絵の描き方
2-1 頭の中のイメージを伝える絵
2-2 準備するもの
2-3 もったいない線の引き方
2-4 3つの図形で9割のものは描ける
2-5 表情を描く
2-6 人を描く
2-7 ストーリーで伝える
Column 1分で描ける似顔絵

Chapter 3 伝わる言葉の書き方
3-1 意味を広げる絵と、意味を絞る言葉
3-2 読みやすい文字を書く
3-3 魅せる文字を描く
3-4 伝わる言葉選び

Chapter 4 伝わる図の作り方
4-1 図の作り方
4-2 点・線・面・矢印
4-3 会議に役立つ6つの図の型

Chapter 5 伝わるデザイン
5-1 デザインの4原則
5-2 伝わる色の使い方

Chapter 6 グラフィックレコーディングの実践
6-1 場とプロセス
6-2 計画と準備
6-3 道具
6-4 レイアウトを考える
6-5 描く流れ
6-6 聞き方を切り替える
6-7 聞いたことをすぐに描かない
6-8 その後の共有と活用
Column 心がけること
Column 上達へのステップ

Chapter 7 デジタル・グラフィックレコーディング
7-1 iPadで広がる表現の幅
7-2 デジタル・グラフィックレコーディングの共有方法
Column デジタル・グラフィックレコーディングの準備と設定

Appendix ビジュアルライブラリー

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。