台湾の美味しい調味料 台湾醤(種籽設計 光瀬 憲子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 台湾の美味しい調味料 台湾醤

台湾の美味しい調味料 台湾醤 新刊


翻訳

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798165165
価格:
本体1,600円+税
仕様:
B5変・192ページ
分類:
家事、料理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眺めて楽しい台湾醤(ジャン)の本

「眺めて楽しい台湾食文化の本」第二弾です。
テーマは中華系料理に欠かせない
ペースト状の調味料である「醤(ジャン)」。
30個の食材をもとに、醤を手作りする方法や
醤を使ったレシピをグラフィカルに解説。
台湾食文化のエッセンスを暮らしに取り入れれば、
おうち時間が少しだけ充実するはず。

台湾の食べ物に興味があるすべての方に!
台湾発「種籽設計」によるイラストを多様した紙面をお楽しみください。

★著者プロフィール
イラスト/種籽設計
台湾のデザイン事務所。
グラフィックデザイン、WEBデザイン、
プロダクトデザインなどを手掛けるほか、
体験をデザインする「ストーリーテリングデザイン」を提供。

2012年「Seed節氣食飲研究」を立ち上げ、
土地や歴史に根付いた食、農業や伝統的レシピ、
自然の中の動植物などについて研究・発信している。
二十四節気や食に関する書籍を多数刊行しているほか、
イベント企画や食品・料理の提供など、
風土や食に関わる体験を総合サービスとして提供している。
日本で刊行されている書籍に
『台湾漬 二十四節気の保存食』(翔泳社刊)がある。

★翻訳者プロフィール
光瀬憲子
1972年、横浜市生まれ。紀行作家、英中日翻訳家、通訳者。
米国ウエスタン・ワシントン大学卒業後、台北の英字新聞社チャイナニュース勤務。
台湾人と結婚し、台北で7年、上海で2年生活。現在は台湾と日本を往復している。
著書に『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』『台湾一周! 安旨食堂の旅』
『台湾縦断! 人情食堂と美景のの旅』『台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅』
『美味しい台湾 食べ歩きの達人』『台湾で暮らしてわかった律儀で勤勉な「本当の日本」』 『ビジネス指さし会話帳 台湾華語』など。
『タビリスタ』『ウレぴあ総研』や朝日新聞社のwebサイトでコラム連載中。
カルチャーセンターで台湾旅行講座の講師も務める。株式会社キーワード所属。


台湾の味ってどんな味?
台湾の魅力を伝える食材
本書の見方

[瓶に詰まった美味しさ]
干し大根/金柑と干し大根の醤
豆鼓/豆鼓と茄子の醤
破布子/トマトと破布子の醤
芥子葉の塩漬け/梅干菜とオリーブの醤
豆板醤/旨辛豆板醤
腐乳/腐乳とパクチーの醤

[太陽と風の恵み]
干し海老/タロイモと干し海老の醤
塩漬け魚/塩漬け魚と鶏肉の醤
干し野菜/干し筍と海老の醤
塩漬け豚肉/塩漬け肉とセロリの醤
干し椎茸/椎茸とセロリのピリ辛醤
からすみ/からすみと葉にんにくの醤

[米は米でも千差万別]
米酒/酒と薬味の醤
甘酒/菊花と甘酒の醤
塩漬け卵/塩漬け卵と冬菜の醤
緑豆/アーモンドと緑豆の醤
ピーナッツ/ピーナッツと胡麻の醤
タロイモとサツマイモ/サツマイモと麦芽の醤

[海のものと山のもの]
葱・にんにく・ニラ/葱とおからの醤
生姜/生姜と冬瓜の醤
生薬/鬚人参と枸杞の料理酒
パイナップル/パイナップルと豆麹の醤
葡萄/葡萄と紅茶のジャム
乾燥龍眼/龍眼と棗の醤

[今日のご馳走を天地に感謝]
フライドエシャロット/ラードとエシャロットの醤
胡麻油/胡麻油と生姜の醤
黒酢/黒酢のピリ辛醤
醤油/馬告のさっぱり醤油
黒糖/香る黒糖

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。