世界観の作り方 アイデア出しからデザインまで わかりやすいコンセプトアート入門(有里)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 世界観の作り方 アイデア出しからデザインまで わかりやすいコンセプトアート入門

世界観の作り方 アイデア出しからデザインまで わかりやすいコンセプトアート入門


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798166025
定価:
2,640(本体2,400円+税10%)
仕様:
B5・192ページ
分類:
イラスト

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気コンセプトアーティスト有里による、コンセプトアート入門。

有名ゲーム会社でコンセプトアーティストとして
実績を重ねた著者が、
コンセプトアートの描き方・考え方を
一から解説します。

本書では、身近な場所からファンタジー世界まで、
様々な題材を使ってデザイン工程を解説します。
ファンタジーパートでは、
「浦島太郎」を元にしたオリジナルの世界「竜宮城」を
ゼロから考え、デザインしていきます。

企画やコンセプトを具体的に
どうビジュアル化するか?
アイデア出しから世界のルール設定、
背景デザインまで、
説得力のある世界観をどう作るか?

描き下ろしアートを多数掲載し、
コンセプトアーティストを目指している方、
イラストを描く方だけでなく、
設定資料が好きな方も楽しめます。

「自分のオリジナルの世界を考えてみたい」
「世界をデザインしてみたい」
そう思わせてくれる一冊です。

〈担当編集からのメッセージ〉
膨大なリサーチとアイデア出しの積み重ねが
有里さんの描く、奥行きがあり、
生き生きした生活感のあるイラストを支えています。
プロがどうアイデアを思いつき、
デザインを考えているのか、という
なかなか知ることのできない過程を
丁寧に紹介してくれました。
収録した1枚1枚の絵は、
隅々まで眺めて妄想したくなるものばかりです。

〈著者紹介〉
有里
コンセプトアーティスト・イラストレーター。
元株式会社レベルファイブ勤務。
在籍中はコンセプトアーティストとして2Dデザインを担当。
主に、『ニノ国』や『妖怪ウォッチ』シリーズに携わる。
2018年秋に退職し、フリーランスとして活動中。
ゲームやアニメ、映画などのコンセプトアート・設定画を中心に、
作品のメインビジュアルやパッケージイラスト等も担当。
Twitter:@tenkichi1212


キャンペーン

本書オリジナルアートのバーチャル背景をプレゼント!

「巨大海底リゾート 竜宮城」の世界に入り込めるバーチャル背景をプレゼント! 画像をダウンロードして、テレワークやWebミーティング・ビデオ通話の背景としてお楽しみください。

バーチャル背景プレゼント

人気コンセプトアーティスト有里によるコンセプトアート入門

企画やコンセプトを具体的にどうビジュアル化するか?

アイデア出しから世界のルール設定、背景デザインまで、説得力のある世界観をどう作るか?

本書では、コンセプトアーティストとして実績を重ねた著者が、コンセプトアートの描き方・考え方をイチから解説します。

本書の内容
コンセプトアーティストの仕事について紹介します。

まずはコンセプトアートについて知るところから。著者の経験をもとに、コンセプトアーティストの仕事について紹介します。

小学生の部屋、料理屋を考え、描くところからスタート。

いきなりファンタジー世界をビジュアル化するのではなく、はじめは身近な世界から。小学生の部屋、料理屋を考え、描くところからスタート。

次は、ファンタジーの世界の料理屋を考え、描いてていきます。

次は、ファンタジーの世界の料理屋を考え、描いてていきます。どんな集落にあって、どんなキャラクターが営業しているのか?

いよいよ、本書オリジナルのファンタジー世界を考えます。

いよいよ、本書オリジナルのファンタジー世界を考えます。アイデア出しと温泉などのリサーチを繰り返しながら、「浦島太郎」を元にした海底温泉リゾート「竜宮城」を作っていきます。

外観や内観など、ディテールを細かく検討します。

デザインテーマや世界設定が決まったら、各エリアや施設を考え、描いていきましょう。外観や内観など、ディテールを細かく検討します。

巻末

巻末には、メインのコンセプトアートの手順を解説したメイキングや色使いのポイントなどTIPSも収録。プロの制作過程を垣間見ることができます。

総力特集!人気異世界リゾート周遊ガイド 浦島太郎が愛した理想郷 竜宮城めぐり

■PART 1 コンセプトアートとは
コンセプトアートとは
コンセプトアーティストの仕事とは
ゲーム開発現場での主な仕事
リサーチと考える時間の重要性

■PART 2 身近なところから世界をデザインする
身近なところから考える
小学生の部屋を考えてみる
現実のお店(料理屋)を考える
ファンタジー世界の料理屋を考える
おまけ 集落内の一般の家
おまけ テイスト別モチーフのデザインへの組み込みアイデア

■PART 3 ゼロからファンタジー世界をデザインする
お題は「竜宮城」
「竜宮城」をデザインする
物語からアイデア出し
抽象的なもの・印象からアイデア出し
キーワードからアイデア出し
海の生物からアイデア出し
リサーチ内容からデザインの方向性を考える
デザインテーマを考える
温泉街をリサーチ
ホテルの取材
描く必要がありそうな施設
リサーチと並行して世界設定を考える
世界の全体図
施設スケッチで色とデザインを検討
竜宮城のデザイン(1)温泉街
竜宮城のデザイン(2)ロビー
竜宮城のデザイン(3)客室
竜宮城のデザイン(4)温泉
竜宮城のデザイン(5)庭園
竜宮城のデザイン(6)宴会場
竜宮城のデザイン(7)乙姫の事務所と部屋
竜宮城のデザイン(8)厨房
竜宮城のデザイン(9)従業員の寮
竜宮城のデザイン(10)客室前の廊下
竜宮城のデザイン(11)竜宮城の正門
竜宮城のまとめ
メイキング「温泉街」

■PART 4 お役立ちTIPS集
TIPS(1)色使いのポイント
TIPS(2)アイデア出しのポイント
TIPS(3)情報量の増やし方

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。