子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし(太田 差惠子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし

子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798166612
定価:
本体1,400円+税
仕様:
A5・200ページ
分類:
介護・福祉

本書籍の他の形式を確認する

購入はこちら

各ストアの電子書籍は準備中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入院・介護・老後資金・住まう場・
配偶者亡き後・相続・葬儀・お墓……
「いざという時」のために備えておきたいこと

入院や介護、相続などで「子どもに迷惑をかけたくない」というシニアは多いですが、
そのためには、元気なうちからの準備が必要です。

人生100年時代の「長い老後」を安心して暮らすために、
シニア世代が知っておくべき・やっておくべきことを、
具体的な事例を交えながらわかりやすく解説します。

「子どもに迷惑をかけられたくない」というシニアの本音にも応える1冊です。

■目次(抜粋)

第1章●入院
・ある日突然、道で倒れたら?
・「身元保証」を子に頼れない、頼りたくない…
・配偶者の緊急入院!家事は?付き添いは?
・完治していないのに退院、どうしよう!?
・退院後の世話を巡って子どもたちが喧嘩!

第2章●お金
・今後の暮らしにかけられるお金は?
・自宅を貸して老人ホームの月々費用にあてたい
・子と同居したら医療費や介護費用が高額に?
・子から「孫の教育資金援助」を頼まれた
・子どもが離婚して、養育費の保証人を頼まれた

第3章●介護
・子どもには「世話にならない」と言ってたけど…
・ヘルパーさんに「ついで」を頼んだら断られた…
・「仲の良い子」と「折り合いの悪い子」がいる
・子が介護のために「仕事を辞める」と言っている
・トイレ介助、入浴介助が必要になったら誰に頼む?

第4章●配偶者の死
・配偶者が亡くなり「一人暮らし」を実感
・配偶者の遺品整理で子どもと喧嘩に…
・「心配だから」と無職の子が住み着いた
・夫の死後は、夫の親族とかかわりたくない!
・再婚を考えているけど、子の反応が心配…

第5章●住まう場
・老後の田舎移住、海外移住はアリ?
・事故も心配だけど、免許の返納はまだ…
・子からの同居の申し出を断ったけれど…
・子どもが施設入居を強硬にすすめてくる
・入居した高齢者施設が倒産してしまった!?
・年金額が少なくても入れる施設はある?

第6章●最期の準備
・「延命措置」について家族で意見が対立
・死後の手続きに必要な書類が見つからない!
・家族に見せたくないものを整理したい
・子どもがやたらと「断捨離して」と言ってくる…
・管理が大変なお墓、自分たちの代でどうにかしたい


第1章●入院
・ある日突然、道で倒れたら、家族への連絡は?
・「病状の説明にお子さんも同席を」と言われたけど…
・本人は「大丈夫」と言うけど、救急車を呼ぶべき?
・いろいろと飲んでいる薬、実はよくわからない…
・入院中の洗濯って誰がやるの?
・6人部屋での入院は落ち着かない…
・「身元保証」を子に頼れない、頼りたくない…
・配偶者の緊急入院! 家事は? 付き添いは?
・完治していないのに退院、どうしよう!?
・一時的に施設を利用して在宅復帰?
・退院後の世話を巡って子どもたちが喧嘩!

第2章●お金
・入院保証金の10万円、誰が払ってくれた?
・遠くから来てくれる子に交通費を渡したい
・配偶者の口座から出金できる?
・今後の暮らしにかけられるお金は?
・自宅に住み続けたいけど、老後の生活費が心配…
・自宅を貸して老人ホームの月々費用にあてたい
・老後は2000万円必要!? 民間介護保険には入ったほうがいい?
・認知症で配偶者と子に賠償責任?
・子どもからの仕送りは、期待できる?
・「子の扶養」にしてもらうと得なの?
・子と同居したら医療費や介護費用が高額に!
・口座振替の金融機関がいくつもある…
・年金機構の書類を確認せず、税金を払いすぎた
・月をまたいで入院したら自己負担額が増えてしまった
・自己負担が高いから、家族で介護しようか…
・孫の教育資金を援助してほしいと言われた
・子どもが離婚して、養育費の保証人を頼まれた
・振り込め詐欺に遭ってしまった…

第3章●介護
・子どもに「世話にならない」と言っていたけど…
・心身の不調で、暮らしにも影響が出てきたら?
・認知症かも? でも本人は受診を嫌がる…
・認定調査で頑張りすぎて要介護度が低く…
・介護サービスなんて自分とは無縁だ
・困った! ケアマネジャーが頼りにならない…
・ヘルパーさんに「ついで」を頼んだら断られた…
・「仲の良い子」と「折り合いの悪い子」がいる
・子が介護のために「仕事を辞める」と言っている
・トイレ介助、入浴介助が必要になったら誰に頼む?
・介護が必要な状態なのに、子はまるで他人事…

第4章●配偶者の死
・配偶者が亡くなり「一人暮らし」を実感
・配偶者の遺品整理で子どもと喧嘩に…
・一人ぼっちは寂しくて孤独…
・深夜に苦しくなったり、転倒したら?
・「孤独死」だけはしたくない…
・娘に文句を言ったら叩かれた!
・配偶者が亡くなっても、経済的に大丈夫?
・「心配だから」と無職の子が住み着いた
・夫の死後は、夫の親族とかかわりたくない!
・再婚を考えているけど、子の反応が心配…

第5章●住まう場
・高齢者施設・在宅サービス選定フローチャート
・心身の不調が増えても住み慣れた家で暮らしたい
・老後の田舎移住、海外移住はアリ?
・事故も心配だけど、免許の返納はまだ…
・一人になったら子と同居したい!
・子からの同居の申し出を断ったけれど…
・子が強硬に施設入居をすすめてくる
・施設に入居一時金を払ったので退去しづらい
・施設の場所は我が家の近く? 子の家の近く?
・自分は元気だから、配偶者だけ施設に入ってほしい
・入居した高齢者施設が倒産してしまった!?
・末期がんと診断、終末期をどこで暮らす?
・年金額が少なくても入れる施設はある?
・施設なのに「終の住処」とならないの!?

第6章●最期の準備
・自分の死後、病気がちな妻のことが心配…
・「そのとき」には自宅を売却し施設へ入りたい
・「延命措置」について家族で意見が対立
・死後の手続きに必要な書類が見つからない!
・データで整理しても、パスワード不明で開けない!
・家族に見せたくないものを整理したい
・子どもがやたらと「断捨離して」と言ってくる…
・「〇〇家の墓」には入りたくない!
・管理が大変なお墓、自分たちの代でどうにかしたい
・親名義のままになっている土地があった
・介護で世話になった長男の妻に財産を残したい

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。