日本のイノベーションのジレンマ 第2版 破壊的イノベーターになるための7つのステップ 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 日本のイノベーションのジレンマ 第2版 破壊的イノベーターになるための7つのステップ

日本のイノベーションのジレンマ 第2版 破壊的イノベーターになるための7つのステップ


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798166919
価格:
2,200(本体2,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業再生の道がここにある。
いちばん実践的な「破壊的イノベーション」の本

『イノベーションのジレンマ』著者、
クレイトン・クリステンセン教授が強力推薦した
「日本企業のための」イノベーション解説書の決定版が
新たな事例と理論を加えて待望の改訂!

【本書のポイント】
・イノベーション理論を明快に整理
・国内・海外事例を交えた解説で理解しやすい
・アイディア発想や組織づくりなど、実践できる理論も多数

【本書の解説内容(一部)】
・破壊的イノベーションとは何か?
・事例から学ぶ破壊のプロセス
・顧客の「ジョブ」と「制約」を探す
・「正しい」ブレインストーミング法
・イノベーションタイプに応じた組織 など

【概要】
「失われた20年」と呼ばれていた時代が
「失われた30年」と言われるようになり、
現在もなお進行形で語られています。

本書では、日本企業が破壊的イノベーションを起こすために
イノベーションの各理論を整理し、実践にまで落とし込みます。

国内・海外を問わず事例やケーススタディも満載。
改訂にあたり事例を追加し、「デザイン思考」や
「両利きの経営」の理論についても加筆しました。

【目次】
●1部 破壊的イノベーションとは何か
1章 破壊的イノベーターだった日本企業
2章 イノベーションとはそもそも何か
3章 破壊的イノベーションとは何か
4章 優良企業がジレンマに陥るメカニズム

●2部 なぜ、日本の優良企業が破壊されてしまうのか
5章 状況に応じたイノベーション・マネジメント――テレビにおけるイノベーションの状況変化
6章 発明とイノベーションの決定的な違い――エコシステムづくりの巧拙がスマホ成功の鍵
7章 自らを破壊することで生き残る――デジタルカメラの変遷

●3部 破壊的イノベーターになるための7つのステップ
8章 破壊的イノベーションを起こすための基本戦略
9章 アイディアを生み出す「苗床」とは
10章 「ジョブ」と「制約」を探すニーズ・ファインディング
11章 破壊的アイディアを生み出すブレインストーミング
12章 破壊度と実現可能性による破壊的アイディアの選定
13章 破壊的イノベーションを起こす組織とは
14章 破壊的買収 4つのハードル

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年07月05日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 186
左から1行目
奈良時代
古墳時代
2021.07.05