データで再構築するテレビマーケティング(MarkeZine Digital First) 電子書籍(郡谷 康士 石川 香苗子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. データで再構築するテレビマーケティング(MarkeZine Digital First)

データで再構築するテレビマーケティング(MarkeZine Digital First)


編集

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798167138
価格:
本体700円+税
レーベル:
Shoeisha Digital First
シリーズ:
MarkeZine Digital First
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビマーケティングはこの1冊から!

今、テレビ市場は変革期にあります。

Netflix、Hulu、Abema TVなどを始めとしたOTTプレーヤーが急成長し、また日本テレビ、テレビ東京、フジテレビ、TBSが共同で、CMを15秒単位で1枠から購入できる「SAS(Smart Ad Sales)」という新しいテレビCM商品を開発するなど、「テレビ離れ」が嘘のように新旧プレーヤー勃興し、さながら成長産業のような様相を呈しています。

もはや「テレビ」という概念は、マス・マーケティングの一部でも、デジタル・マーケティングと対立する概念でもなくなりつつあるのです。

本書では、国内外のテレビ周辺プレーヤーや業界の全体像を示し、日本市場における「テレビマーケティング」の可能性について紐解きます。

【目次】
●1章 テレビマーケティングが現実に。データの多様化が牽引する、背景と実態とは?
●2章 続々と登場するテレビデータを活用し、投資効果の高いCM施策を実施する秘訣
●3章 CMのクリエイティブをデータで科学する/アテンションを集めやすいCMのポイントは?
●4章 「6秒CM」の衝撃 トヨタやウェンディーズ等、先進企業の短尺CMの活用法から実用性を説く
●5章 2019年は「Advanced TV元年」になるか 地上波テレビに押し寄せるデータドリブンの波
●6章 データドリブンなテレビマーケティングの先駆け 日本テレビの「ASS」が仕掛ける挑戦

【著者紹介】
郡谷 康士(グンヤ ヤスシ)
TVISION INSIGHTS株式会社 共同創業者/代表取締役社長
東京大学法学部卒。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、事業戦略・マーケティング戦略案件を数多く担当。リクルート中国の戦略担当を経て、上海にてデジタル広告代理店游仁堂(Yoren)創業。2015年よりTVISION INSIGHTSを創業し、代表取締役社長に就任。

●1章 テレビマーケティングが現実に。データの多様化が牽引する、背景と実態とは?
●2章 続々と登場するテレビデータを活用し、投資効果の高いCM施策を実施する秘訣
●3章 CMのクリエイティブをデータで科学する/アテンションを集めやすいCMのポイントは?
●4章 「6秒CM」の衝撃 トヨタやウェンディーズ等、先進企業の短尺CMの活用法から実用性を説く
●5章 2019年は「Advanced TV元年」になるか 地上波テレビに押し寄せるデータドリブンの波
●6章 データドリブンなテレビマーケティングの先駆け 日本テレビの「ASS」が仕掛ける挑戦

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。