社長、会社を継がせますか?廃業しますか? 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意(奥村 聡)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 社長、会社を継がせますか?廃業しますか? 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意

社長、会社を継がせますか?廃業しますか? 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798167398
定価:
本体1,600円+税
仕様:
四六・256ページ
分類:
経営・マーケティング

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今こそ決断の時です!

いま、日本は大廃業時代にあります。
「会社の今後をどうするか」は
社長の最大の悩みと言えるでしょう。
NHKスペシャル『大廃業時代』に出演した
人気コンサルタントが会社のおわりとの
向き合い方を徹底解説します!

【こうすれば承継・廃業はうまくいく!】
・「もし廃業したら?」から考える
・現実を直視して、会社の本当の価値を知る
・自分の中で撤退のルールを決める
・いずれ来るおわりのために準備をしておく

【こんな人におすすめ】
以下に1つでも当てはまる社長さんは、
ぜひ本書をお読みください。

□会社で利益がしっかり出ていない
□社長の年齢が65歳を超えている
□会社を譲る後継者が決まっていない
□ともに出口へと歩んでくれる専門家のパートナーがいない
□銀行の借金を10年以内に返済できる目途が立っていない

【目次】
第1章 廃業視点のススメ
第2章 廃業視点で事業承継に取り組むメリット
第3章 最後に残るのは、お金か、それとも借金か?
第4章 資産超過×黒字は「決断あるのみ」
第5章 債務超過×黒字は「時間を味方に」
第6章 資産超過×赤字は「逃げの一手」
第7章 債務超過×赤字は「負ける勇気」
終章 やりきった爽快感と充実感があなたを待っている

【著者紹介】
奥村聡
事業承継デザイナー/司法書士

平成21年、自らが立ち上げた地域最大の
司法書士事務所を他者へ事業譲渡。
コンサルタントに転身し、
社長業のおわりに寄り添い800社以上を支援。
会社分割などの法的手法を武器に事業承継や廃業、
過大借金、経営陣の不仲、伸び悩みなどの場面で
出口を切り拓く作戦を立案してきた。
著書に『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円』(光文社)や
『今ある会社をリノベーションして起業する』(ソシム)がある。
NHKスペシャル「大廃業時代」では、
おわりに寄り添う“会社のおくりびと”として出演。


第1章 廃業視点のススメ
・会社をどう着地させるかを考え抜く
・大廃業時代の真の問題点
・会社の承継と社長死亡問題の不都合

第2章 廃業視点で事業承継に取り組むメリット
・おわることは悪いことではない
・もし何もしなかったらどうなるか?
・廃業を知るからケジメがつけられる
・廃業シミュレーションで見える現実
・おわることは悪いことではない
・もし何もしなかったらどうなるか?
・廃業を知るからケジメがつけられる
・廃業シミュレーションで見える現実

第3章 最後に残るのは、お金か、それとも借金か?
・決算書で廃業後を見定める
・あなたの会社の本当の価値を知る
・利益の有無で会社の着地が180度変わる

第4章 資産超過×黒字は「決断あるのみ」
・決断という最初のハードル
・会社を内部で引き継ぐ方法
・会社を上手に売るコツ~M&A~
・会社を廃業する準備

第5章 債務超過×黒字は「時間を味方に」
・利益があるから事業を続けられる
・内部で承継する
・M&Aを目指す
・廃業を考える

第6章 資産超過×赤字は「逃げの一手」
・社長、すぐに撤退を検討しましょう!
・自社のM&Aは本当に実現可能か?
・計画に沿って廃業を実行する

第7章 債務超過×赤字は「負ける勇気」
・結果に差が出る会社のおわり
・倒産が近くなった会社がするべきこと

終章 やりきった爽快感と充実感があなたを待っている
・おわりの場面に次はない
・よいおわりを迎えるために

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。