コンピュータアーキテクチャのエッセンス[第2版](DouglasE.Comer 吉川邦夫)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. コンピュータアーキテクチャのエッセンス[第2版]

コンピュータアーキテクチャのエッセンス[第2版] 発売予定



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798167930
価格:
本体4,200円+税
仕様:
B5変・440ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識こそ開発者にとっての
“銀の弾丸”だ!

【本書の内容】

本書は
Douglas E. Comer, "Essentials of Computer Architecture, 2nd Edition",
Taylor & Francis Group, LLC. 2017
の邦訳版です。

「コンピュータアーキテクチャ」という学術分野は、コンピュータ科学とコンピュータ工学を抱合しているだけに、深く広大です。
この膨大な知識をすべて習得するのは、専門家ならいざしらず、いわゆるIT系技術者あるいは、そのトバクチに立っている初学者にとっては、無理筋というものです。
とはいえ、これらの知見があれば、より強固な知識の土台を形成し、開発者として一歩も二歩も先に進むことができます。

本書はその膨大な知見の中から「プロセッサ」「メモリ」「入出力(I/O)」の三分野に焦点を当て、プログラマやデベロッパー、それらの初学者にとって、有効な知識の武器となるパートを平易に解説し、より深い知識への踏み台を提供してくれます。

一般教養的なコンピュータの動作原理を、よりプログラミングに近いところで理解するには、本書を入り口に歩を進めるのが近道となるはずです。

【本書のポイント】
・コンピュータアーキテクチャのマップが手に入る
・開発者として一回り大きくなれる
・原理がわかるので緊急時にも慌てないココロをもてる


  第0章 コンピュータアーキテクチャのエッセンス
  第1章 序論と概要
第1部「基礎」-ディジタル論理回路とデータ表現:コンピュータを組み立てる基本
  第2章 ディジタル論理回路の基礎
  第3章 データとプログラムの表現
第2部「プロセッサ」
  第4章 プロセッサ
  第5章 プロセッサの種類と命令セット
  第6章 データパスと命令実行
  第7章 オペランドのアドレッシングと命令表現
  第8章 CPU
  第9章 アセンブリ言語とプログラミングパラダイム
第3部「メモリ」-プログラムとデータを保存するテクノロジ
  第10章 メモリとストレージ
  第11章 物理メモリとアドレッシング
  第12章 キャッシュとキャッシング
  第13章 仮想メモリ技術と仮想アドレッシング
第4部「入出力」-外部接続とデータの動き
  第14章 入出力の概念と用語
  第15章 バスとバスアーキテクチャ
  第16章 プログラム駆動と割り込み駆動の入出力
  第17章 デバイスと入出力とバッファのプログラミング
第5部「高度な話題」-並列処理とパイプライン
  第18章 並列処理
  第19章 パイプライン
  第20章 電力とエネルギー
  第21章 性能評価
  第22章 アーキテクチャのサンプルと階層構造
  第23章 ハードウェアのモジュール化

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。