安全衛生教科書 超スピード合格!衛生管理者 第1種+第2種 テキスト&問題集 第3版(立石 周志)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 安全衛生教科書 超スピード合格!衛生管理者 第1種+第2種 テキスト&問題集 第3版

安全衛生教科書 超スピード合格!衛生管理者 第1種+第2種 テキスト&問題集 第3版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798168821
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
A5・312ページ
分類:
ビジネス資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
安全衛生教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暗記も問題演習も、この一冊で完結!
合格への最短パスポート!!

衛生管理者試験の出題範囲は膨大ですが、
出題パターンがある程度、限られているという特徴があります。

そのため、100点をめざすのではなく、よく出る箇所に絞って勉強することで、
最短距離で合格を手にすることが可能な試験なのです。

本書では、暗記箇所は合格に必要な最小限に絞りつつ、
よく出る出題パターンを理解できるように、掲載問題を厳選しています。
また、模擬試験問題は、安心の2回分を準備しました。

本書で一緒に、超スピード合格をめざしましょう!

■徹底した試験分析で導き出された最小限の解説で、らくらく暗記!
■よく出る出題パターンが把握できる厳選 過去問題・章末問題。
■模擬試験は安心の2回分。本番前の総仕上げも十分!
■巻末の「重要キーワード集」で試験直前の知識確認もバッチリ!

本書は、第1種、第2種どちらも最短で合格できるよう、
試験に出るところをガッチリ押さえたテキスト&問題集です。
試験には一定の出題パターンがありますが、このパターン分析をしっかり行って
合格に必要な要点をまとめています。
また、項目ごとに過去問題を、章末には練習問題を掲載しており、
繰り返し問題を解くことで、頻出パターンに自然と慣れることができます。

巻末には重要キーワード集も掲載。
赤シート付きで、本書を穴埋め問題集としても使えます!


第1章 関係法令(有害業務以外)
01 健康診断1
02 健康診断2
03 衛生管理体制1
04 衛生管理体制2
05 産業医・衛生委員会
06 安全衛生教育
07 一般作業環境、衛生基準
08 労働基準法1
09 労働基準法2
10 労働基準法3
第1章の章末問題

第2章 労働衛生(有害業務以外)
11 換気
12 温度感覚、温熱条件
13 食中毒
14 労働衛生管理統計
15 心肺蘇生(一次救命措置)
16 火傷・骨折
17 止血法
18 THP(トータルヘルスプロモーション)
19 厚生労働省の指針やガイドラインによる職場の健康管理
20 虚血性心疾患・脳血管障害・腰痛予防対策
21 その他の項目
第2章の章末問題

第3章 労働生理
22 神経
23 血液
24 心臓の働きと血液循環
25 呼吸器
26 内分泌系
27 消化器官
28 腎臓
29 代謝・体温・BMI・睡眠
30 感覚
31 筋肉
32 ストレス
第3章の章末問題

第4章 関係法令(有害業務)
33 安全衛生管理体制(有害業務)
34 酸素欠乏症等防止規則
35 有機溶剤
36 特定化学物質
37 作業環境測定
38 特殊健康診断
39 健康管理手帳
40 作業主任者
41 労働基準法・労働基準規則
42 定期自主検査
43 特別教育
44 譲渡制限機械
45 立入禁止
46 労働安全衛生法の目的と定義
第4章の章末問題

第5章 労働衛生(有害業務)
47 職業性疾病1(有害化学物質)
48 職業性疾病2(有害エネルギー)
49 職業性疾病3(有害光線)
50 保護具
51 作業環境管理
52 物質の性状
53 排気装置、換気装置
第5章の章末問題

模擬試験(2回分)

重要キーワード集

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年06月16日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 037
問5の(5)上から3行目
坑内労働または一定の有害な業務(30ページ参照)に常時30人以上の労働者を従事させるものです。
坑内労働または一定の有害な業務(28ページ参照)に常時30人以上の労働者を従事させるものです。
2021.06.16