独習PHP 第4版 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 独習PHP 第4版

独習PHP 第4版


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798168913
価格:
3,740(本体3,400円+税10%)
カテゴリ:
Webプログラミング
キーワード:
#Web・アプリ開発,#プログラミング,#ネットワーク・サーバ・セキュリティ,#開発手法
シリーズ:
独習
電子書籍

5年ぶりのメジャーバージョンアップに合わせて大幅改訂!
PHP8の基本構文から、クラス、DB連携、セキュリティ対策まで、しっかり習得。

PHPプログラミングの標準教科書『独習PHP』が、最新のPHP8に対応。

PHPでWebページ/アプリケーションを開発する際に必要な基礎的な知識、
PHPの基本構文から、クラス、データベース連携、セキュリティまで、
詳細かつ丁寧に解説します。

解説→例題→練習問題(理解度チェック)という3つのステップで、
PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックをしっかり習得できます。

実際にサンプルコードを入力し、動作を確かめながら学習することで、
いっそう理解が深まります。
「PHPを一から学びたい・しっかり基礎固めをしたい」
「PHPでWebアプリを作りたい」という方におすすめの1冊です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

PHP8を学ぶための”標準教科書”

本書の学習メソッド

わかりやすい【解説】

わかりやすい【解説】

PHP8でWebアプリケーションを開発する際に必要な基礎的な知識、PHPの基礎構文から、クラス、データ連携、セキュリティまで、詳細かつ丁寧に解説します。

理解が深まる【例題】

理解が深まる【例題】

具体的な操作例やサンプルプログラム、実行結果を示し、手を動かして確認しながら学習できます。

力試しの【練習問題】

力試しの【練習問題】

各節末にある【練習問題】、章末にある【理解度チェック】で、学習した内容を確認できます。

目次の登録はありません。

付属データはこちら

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2023年12月04日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 098
「3.2.2 分割代入」本文下から2行目
ちなみに、左辺の要素数が右辺よりも大きい場合には、
ちなみに、左辺の要素数が右辺よりも少ない場合には、

※リフローEPUBの場合、「3.2.2 分割代入」の4つ目の段落が該当箇所になります。
2022.08.16
1刷 102
リスト3.15の下 本文7行目
'13xyz'は13とみなされ、「'13xyz' == '13'」はtrueとなります。
'13xyz'は13とみなされ、「'13xyz' == 13」はtrueとなります。

リフローEPUBの場合、第3章「3.3.1文字列混在の比較」内に該当箇所があります。
2023.11.22
1刷 113
図3.14 ビットシフト演算子
2刷

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

左側の「10進数」の下の数値を修正しました。

リフローEPUBの場合、第3章「3.5.2 ビットシフト演算子」内に該当箇所があります。
2021.09.02
1刷 169
「5.2.3 部分文字列を取得する(1)mb_substr関数」 本文3行目
引数$start、$encodingに負数を指定した場合は、
引数$start、$lengthに負数を指定した場合は、

※リフローEPUBの場合、「5.2.3 部分文字列を取得する(1)mb_substr関数」の構文「mb_substr関数」のすぐ下にある段落が該当箇所になります
2022.08.15
1刷 187
note 1行目
引数$additional_paramsには
引数$additional_headersには 

リフローEPUBの場合、第5章「5.2.14 電子メールを送信する ─mb_send_mail関数」内に該当箇所があります。
2023.11.22
1刷 191
本文上から5行目
リスト5.16の太字部分をこのように書き換えると、
リスト5.18の太字部分をこのように書き換えると、

※リフローEPUBの場合、「5.3.1 配列の要素数を取得する――count関数」の「note」のすぐ上の段落が該当箇所になります。
2022.09.02
1刷 214
図5.20 比較対象の文字列の四角内
電話番号 X9-333-9999
電話番号 X93339999

リフローEPUBの場合、第5章「5.4 正規表現(PCRE)関数」内に該当箇所があります。
2022.08.15
1刷 215
表5.14 上から5行目のパターン
[X|Y|Z]
X|Y|Z

リフローEPUBの場合、第5章「5.4.1 正規表現の基本」内に該当箇所があります。
2023.11.22
1刷 237
練習問題5.3 [2] 問題文の最終行
「/[a-z0-9\.\-]+@([a-z0-9\ -]+\ -)+[a-z0-9\ -]+/i」
「/[a-z0-9\.\-]+@([a-z0-9\-]+\.)+[a-z0-9\-]+/i」

中央の式「@( )」内、2つ目のバックスラッシュの後ろを「-」から「.」に修正しました。

リフローEPUBの場合、第5章「5.4.9(例) 正規表現による検索」内に該当箇所があります。
2023.11.22
1刷 286
本文下から5行目
可変長関数は引数リストの末尾に
可変長引数は引数リストの末尾に

リフローEPUBの場合、第6章「6.3.5(例) 可変長引数と通常の引数の混在」内に該当箇所があります。
2023.11.22
1刷 306
第6章「この章の理解度チェック」[3] prac3.php の⑥の後ろ
fn($num) [ 6 ]
fn($num) [ 6 ],

[ 6 ]の後ろにカンマを入れます。
2023.11.22
1刷 377
「Note」7行目
より正しくは、header関数の引数$codeに
より正しくは、header関数の引数$response_codeに
2023.12.04
1刷 429
表9.7 SQL Server の接続文字列(例)
mssql:host=127.0.0.1; dbname=selfphp
sqlsrv:Server=127.0.0.1; dbname=selfphp

リフローEPUBの場合、第9章「9.4.1 接続と切断」内に該当箇所があります。
2023.11.24
1刷 436
リスト9.17
P.436のリスト9.17 DbManager.phpへの太字追記部分の下に以下を追加します。 $db->setAttribute(PDO::ATTR_STRINGIFY_FETCHES, true);

刊行後、PHP8.1で仕様が変更になったようですので、上記の追記をしました。
https://www.php.net/manual/ja/migration81.incompatible.php#migration81.incompatible.pdo

※リフローEPUB場合、第9章「9.4.4」の「(1)PDO::ATTR_ERRMODE」内に該当箇所があります。
2023.06.16
1刷 554
リスト10.67 except_custom2.php 下から3行目
return $this->getUserid;
return $this->userid;

リフローEPUBの場合、第10章「10.7.6. 独自の例外クラス」内に該当箇所があります。
2023.11.24
1刷 633
練習問題5.1 [1] p_substr.phpの3行目
print mb_substr($str, 3, 3);
print mb_substr($str, 4, 3);

リフローEPUBの場合、付録A「第5章の解答」内に該当箇所があります。
2023.11.22
1刷 635
この章の理解度チェック(P.305)[3]の(6)の解答
=> $num ** 2
=> $num ** 2,

コードの末尾に「,」を追加します。

※リフローEPUBの場合、付録A「第7章の解答」内に該当箇所があります。

2023.11.24:内容更新
2022.08.15